最近の体調(2017.3.17)お腹周り編

今現在のお腹の、肉というか脂というか、その感覚をとりあえずメモ。
どうにも、プリ~ンとまあるく出っ張ったお腹が、自分の身体にとってつけたような感覚なんです。今までも少しデブった感覚はあったけれども、こんな感覚は初めてかも。
顔のむくみ(ムーンフェイス)は9~10月くらいからあったんだけども。
食欲はあったりなかったり…を数日単位で繰り返していましたが、年明け1週間あたりから急にそんなお腹の感覚に陥りました。
冬場はどうしてもお腹周りが緩めのズボンを穿いてしまうので、食った分だけ太るのは自明ではあるんですが、それにしても体重の数値がそんなに劇的に増えない割にはお腹が張ってるなと。
今まで入っていたズボン・スラックスが軒並み入らなくなってしまっていたので、ちょっと油断しすぎでしたね。ブレザー&スラックスの格好をしなければいけない場面で今までのものが全滅。大きめのモノを買い出しするハメになりました。
更には、葬式用の黒のスーツ上下もアウト。全然入らない…。
その後一度整形外科に行きましたが、間食を慎むくらいしか方法が…とのこと。当初はそんなもんかなぁとも思いましたが、とりあえず間食のお菓子や脂っこいモノは、次回血液検査まで控えてみようと。
それでもここ3回の血液検査では、中性脂肪の値は減っていたんですけどね。もっと減らしてみようと。ほぼ人体実験。

あともう一つ。昨日ふと気づき、仕事中は「お腹を凹ませる」っていうのを実行してみようと。これを書いてる時点で2日目です。
以前「ロングブレスダイエット」が流行った時に気づいたのですが、実はロングブレス「だけ」が重要なのではなくて、「腹筋を意識することも」重要だったりするんですよね。
特に自分みたいに、冬場お腹周りにラクな格好をしてしまうと、それに慣れてしまうんです。
それを物理的に締めるのもいいんですが、ひとまず腹筋を意識するという意味で、できる限りお腹を引っ込めることを続けてみようと。
ロングブレスでも、「常にお腹を引っ込め続ける」のをイメージして…と言っていたのを思いだして、結局その「意識」が腹筋維持のためには必要なんだな…と気づいた次第。
以前長期入院していた時に毎日のように続けていた筋トレにもなかなか踏み切れていないので、ひとまずできることからやっていこうと。ずーっと「引っ込め続けること」だけでも意外に腹筋を使うので、それを機に筋トレする気に繋がっていけばいいなぁ…という希望的&楽観的観測で。

あ、いわゆる「ブルブル」な機械も、たまぁに使ってます。ただ体験記を聞いて、その上でまだ全力では使っていません。マイペースで使っていこうと思ってます。

----------

その他の体調。
主な副作用、下痢は落ち着いてますが、皮膚症状はいろいろなところに出てます。
とはいえやはり、右手人差し指&中指が多いかな。
未だにバンソウコウ以外の対処はしておらず、ゴム手袋の指の部分だけ切ってみるなども考えてはいるのですが踏み切れていないというか、そこまで酷くはないかなーというのが現状です。
前回の診察では薬の量は減りませんでした。しばらくこの量で続くのかどうか。
もう少しで久々の脳MRIもおこなうので、それ次第ですかね。
ダルさもちょっとありますが、寝不足も少し影響してるかも。なるべく時間を見つけて寝るようにはしてますが、このへんはカミさんの仕事のシフト次第もありますし、なかなか難しいところです。身の回りの諸々が少しずつ落ち着いていけばいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の体調(2017.2.9)

ジオトリフの副作用。
皮膚症状について対策は、まずヒルドイド。時間帯は寝る前と朝に、かかと中心に足全体・手の指先・お尻近く、その他かさついている部分中心に。日中も、手の指先は随時塗っています。ほか、キンタベートを、鼻の周りや顔の各所、手の指先などに、こちらも寝る前と朝中心に塗ってます。
それでも、右手の指先、特に親指・人差し指・中指あたりを中心に、爪の割れ(タテ・横両方にも割れるし、2枚爪にもなる)が起こりますし、ささくれも多いです。とりあえず引っかからない程度に、それでいて切りすぎないよう、爪の手入れは少し気を遣っています。

下痢については、昼過ぎに1日3~4回目以降の排便になってくると、時折出血を起こす場合があります。それが4~5日続くことがあります。
そのため、1日朝晩2回飲んでいる下痢止め「ロペカルド」を、朝&昼に集中させて飲んでいます。
また、食べるもも少し考えた方がいいかもしれません。脂っこいものはやはり直接腸にダメージが来る場合もありそうなので。とはいえ、消化器内科のほうで調べているCRP(炎症反応)の値は0近くで安定しています。

こちらも起こり得る副作用の一つらしいのですが、12月下旬に眼科に行って逆さまつげを取ってもらってから約1ヶ月半、少しずつ目が辛くなってきました。次回は6月なのでもたないかな…。取ってほしくばその間に別途予約せよ…とのことですが、特定疾患(消化器内科&整形外科)の範疇で行っているので行くとすれば同じ月に行くことになりますかね。

脳のMRIは12月以来撮っておらず、特に目立った症状もありません。
とはいえ、眠気・怠さ、全身各所の攣り、ちょっとした顔面のピクつきなどがあると、肺ガン由来の転移性脳腫瘍の他に、腫瘍が蔓延り始めてないのかな…と心配になることはあります。
ただ、8月に救急隊の人が言っていた「ミネラル不足等で引きつることはある」というあたりも耳に残っていて。
なので、いずれ今行っている病院で脳外科が復活したら、一度じっくり話を聞きたいと思っています。

----------

なるべく身体を休めようとダラダラしていたら、すっかりお腹に肉(というか脂)がついてしまい、今まで履けていたズボンが軒並み履けなくなりました(苦笑)。とりあえずブレザー用のを2~3本購入しましたが、喪服がアウトでした。そちらはまだ更新してませんが、まずはお腹の肉を減らすのに挑戦してみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の体調(2016.10.10 Ver.)

そして体調です。

ジオトリフ服用を始めて約2ヵ月。
主な副作用である、皮膚症状と下痢については、見事に現れています。
皮膚症状はまだそうでもないんですが、下痢はひどい時にはひどい。恐らく少しは食事に気をつけなければいけないんでしょうけど、フツーにいろいろ食べてます。
もしかしたら脂っこいモノがいけないのかもしれないし、ラーメンのとんこつスープがいけないのかもしれないし(笑)。
でも、食べないと食べないで不安なのです。いつも以上に食べても、下痢が続くと体重は前日より下がっているし。このガンという現状で体重が減るってことは、まだガンの資質が残ってしまっているんじゃないかという強迫観念みたいなものです。
皮膚症状は、鼻や唇の周り、背中、手足の指周りに気をつけてます。指というか爪の周りがちょっと荒れることが多いです。爪は普段、深爪ほどではないけど短めに切る方なのですが、特に足の方を整形外科の医師に診ていただいたところ、ちょっと伸ばした方がいいかなーという風にいわれたので、1ヵ月ほどがんばって伸ばしてみようかと。今は食い込んでいて痛いのですが、それがアタマをのぞかせてくれるまで粘れるかどうか。

下痢が来ると、持病の方の潰瘍性大腸炎(UC)が気になるところですが、先日の血液検査の結果ではCRP(炎症反応)がほとんどなく、あまり連動はしてないんだなーと少し安心してます。とはいえ、2~3週に1回くらいは便に出血が見られます。便が出る前に腹痛が起こることもしばしば。あまりに便が軟らかかったり、1日の便の回数が多い場合は(4回以上が目安)、下痢止め(ロペカルド)のとんぷくも服用してます。

薬の作用の所為なのか、単に自分の体調なのかわかりませんが、だるい日が多く、睡眠時間も多く取っている気がするのに日中眠いことも多いので、あまり無理はできないかなーという感じです。
とはいえ10月も色々あるので、逆に動きすぎてダメになって迷惑かけないようにしなければなーとは思ってます。
来年からは、店以外のことは丸々やめちゃって行動をセーブしないとイカンなーという感じです。

薬代もなかなかの高さなので、それも含めていろいろ考えてしまう今日この頃です。

また、「転移性脳腫瘍」の情報もなかなか少なく、詳しい病院や医師やサイトがないものかなーと思っています。情報がありましたらコメントいただけると幸いです。
自分も、自分なりの体験談を伝えていければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在の体調(2016年5月)

▼肺ガン治療
念のため毎月、採血&X線の検査は継続ちう。
ただし、トモセラピーやったお陰か、その後は抗ガン剤は投与されず、経過観察だけとなっております。この先5年は経過を見ないといけないようですが、これがないだけでもだいぶ気分が違いますね。
新年度からまたまた呼吸器内科の医師が変わってしまったのですが、今度は聴診器を毎回当ててくれてます。気分の問題かもしれませんが、ちょっとした安心感はあります。
あとX線の写真をよく見てもらえればいいかなーとは思ってます。最初の肺ガンは、放射線科の方が見つけてくれましたからね。恐らく年に1~2回くらいはCTかMRIもやるのかなーと思ってます。

▼強直性脊椎炎(AS)の治療
例によって2~3ヵ月に1回の診察ごとに、少しずつプレドニンの量は減らしていて、現在0.5mgを毎日「朝1錠+夜1錠」服用中。
そーんなに劇的に良くなってはいませんが、何とか緩解に近い状態を維持しています。
時々ドラムも叩きますが、ちょっとがんばると股関節がジワリと病んできそうな気もするので、ゲームもバンド練習もあまりガッツリやり過ぎないようにしようとは思ってます。

▼その他
・虫歯治療。1ヶ所目の下の歯の治療は終わり、2ヶ所目の上の歯は既に神経がない状態だったので少し早めに治療終了。
・皮膚科。右手小指のイボ治療は無事終了。ついでに右脇腹のダランと出ていたイボも切除してもらうことになり、診察室内での簡単なオペで終了。これで皮膚科も終わり。
・潰瘍性大腸炎(UC)も引き続き経過観察中。一度出血を見たが、その他は特に問題無し。他の科の血液検査でCRP値も見るが、だいぶ低めに推移。下痢っぽいのはたまにあるし、トイレに頻回に行くのもたまにありますが、そんなに持続していません。
・念のため眼科も受診して下さいと整形外科の医師から指示があり、初めて同じ病院の眼科へ。まぁ眼科はどこも待ち時間が長い…。それでも自分の身体の状態を見てもらえるのと、他の科と情報を共有できているという面では、安心感があります。

プレドニンの影響と言えばそれまでですが、食欲は引き続きあって、運動もあまりしてないので、ちょっと体重が増え気味。現在74~75kgあたりを推移。食事制限するのもあまり良くないと感じているので、暖かくなってきてから少しずつ何かしらの運動をしていかねばとは思ってます。

そんなわけで比較的元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)