女子フィギュア結果

既にご存じかとは思いますが、まず順位。

1. キムヨナ(韓国)228.56
2. 浅田真央(日本)205.50
3. ロシェット(カナダ)202.64
4. 長洲未来(アメリカ)190.15
5. 安藤美姫(日本)188.86
6. レピスト(フィンランド)187.97
7. フラット(アメリカ)182.49
8. 鈴木明子(日本)181.44
9. アリョーナ・レオノワ(ロシア)172.46
10. マカロワ(ロシア)171.91

----------

で、自分的な整理。

・浅田真央が、女子フィギュアのショートプログラム(SP)でトリプルアクセル(3A)を跳んだのは、五輪史上初のできごと。
また、SP・フリーを通して、合計3回の3Aを跳んだのも、やはり女子フィギュアでは五輪史上初。
これらの事実は、むしろ「最高得点」よりも重要な事実として、五輪史に永久に残ることであるし、もっともっと賞賛されてもいいことであると思う。

・一方で、浅田真央はフリーにおいてパーフェクトな演技ができなかった。
本人がインタビューで涙を流したのは、それに対する悔しさのせい。
浅田真央には、これを糧にぜひ今後もがんばってほしいと思う。
できることなら、ソチ五輪で雪辱を願います。

・キムヨナは、SP・フリー通して、ほぼ「ノーミス」の演技。
素人目にも、その点だけで比べれば「1位はしょうがない、くれてやる」の心境も、ないではない。

・ただしこの順位と、キムヨナの得点が高すぎるのでは?…という疑問とは、また別の問題。
「じゃあパーフェクトだったらキムヨナに追いつけたかどうか」という話は、得点の付け方に関する疑惑が晴れない限りは、同じ土俵に上げる以前の問題だと思われる。
なお、個人的に、キムヨナの得点は、素人目に見ても「あり得ない高さ」だと感じている。

…んー、まだイマイチ整理できていないような(>_<)。
ひとまず締めます。

おまけ↓
ttp://nereidedesign.jugem.jp/?eid=203#sequel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子フィギュアSP

とりあえず速報。
60点超えたのは11人。

1.キムヨナ(韓国) 78.50
2.浅田真央(日本) 73.78
3.ロシェット(カナダ) 71.36
4.安藤美姫(日本) 64.76
5.フラット(アメリカ)64.64
6.長洲未来(アメリカ) 63.76
7.コストナー(イタリア) 63.02
8.レオノワ(ロシア) 62.14
9.ゲデバニシビリ(グルジア) 61.92
10.レピスト(フィンランド) 61.36
11.鈴木明子(日本) 61.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原田引退

原田、引退に「悔いなし」=4月からコーチに-ジャンプ(時事通信)
http://sports.nifty.com/cs/headline/details/ec-ji-20F419KIJ/1.htm

 今季限りでの現役引退が決まったノルディックスキー・ジャンプの1998年長野五輪団体金メダリスト、原田雅彦(37)=雪印=が20日、札幌市内のホテルで記者会見した。引退発表後、初めて報道陣の前に姿を見せた原田は「自分の力の限界を感じた。世界の舞台での活躍はもう無理。自分で自分を冷静に分析して決めた」と話した。
 24、25日に札幌で行われる伊藤杯ジャンプが現役最後の大会になる予定で、4月からは雪印のコーチに就任する。
 原田はノーマルヒルで失格に終わったトリノ五輪後の3月上旬、引退を決意したという。家族らに最初に伝えた際の様子を説明するときだけは涙を見せたが、それ以外はいつもの「原田スマイル」。「ぼろぼろになるまで飛び続けたいという思いは達成できた。何の悔いもない」ときっぱり語った。
 今後は、コーチから昇格する雪印の斉藤浩哉新監督とともに後進の指導に当たる。「日本のジャンプは上り調子。来年の世界選手権(札幌)、バンクーバー五輪で素晴らしい成績を出せるはず。意識改革に取り組んで、選手の自立心を生みたい」と意気込んでいた。 
[時事通信:2006/03/20 16:09]


一番の思い出に、
「初めてジャンプを飛んだ時」
…を挙げたのが、原田選手らしいところだなぁと思いましたね。
長野五輪の大ジャンプではなかったのです。
きっと原田選手の中では、長野五輪のジャンプは、リレハンメルの失速ジャンプの相殺でしかなかったんでしょう。
責任感の強い、そして、ジャンプが心底好きだったという、原田選手らしいコメントだなぁと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイアスロン男子20km~トリノ五輪

菅、健闘にも悔し涙(時事通信)
(02/12 00:14)
http://sports.nifty.com/cs/torinonews/details/jiji12F761KIJ/1.htm

 個人種目では、五輪自己最高に並ぶ14位と健闘した菅。しかし、レース後は「自分が万全ではなかった。スタッフが完ぺきに近い状態で仕上げてくれたのに、入賞できなかったのが悔しい」と悔し涙を浮かべた。
 とはいえ、3大会連続出場の36歳のベテランらしい冷静さが光った。1回目の射撃で1度ミスしても動揺することなく、残りはすべて成功させた。その辺りは、「経験のたまものかなとちょっと思った」と言う。
 3位で表彰台に立ったのは、同い年のハーネボル(ノルウェー)。「一緒の年代の選手がまだ入賞しているのだから、負けていられない」。あくなき向上心で、視線をさらに先へ向けていた。(チェザーナ・サンシカリオ時事)


アナウンサーは一生懸命「インディビジュアル(individual)」と言っていましたが、要するに意味は「個人」です。たぶん、スプリントと区別をするための表現かと思われますが、情報ある方は教えて下さいm(__)m。

ということで、種目一覧:

男子 20km
女子 15km
男子 10kmスプリント
女子 7.5kmスプリント
女子 10km追い抜き
男子 12.5km追い抜き
男子 リレー(7.5km×4)
女子 リレー(6km×4)
男子 15km(マススタート)
女子 12.5km(マススタート)

----------

今、録画のを見てましたが、なかなか熱い競技です(^^)。
社団法人 日本近代五種・バイアスロン連合」というのがあるそうでして。そこによれば、日本人も十分メダルを狙える位置にあるそうです。
確かに結果を見ても:

順位 選手名/国名/記録/ペナルティ数
1. グライス/ドイツ/54分23秒0/1
2. ビョルンダーレン/ノルウェー/54分39秒0/2
3. ハーネボル/ノルウェー/55分31秒9/2
4. チェピコフ/ロシア/55分32秒7/1
5. マティアスコ/スロバキア/55分48秒6/1
6. ロベール/フランス/55分59秒4/0
7. デロレンツィ/イタリア/56分4秒0/1
8. チェレゾフ/ロシア/56分5秒7/2
14. 菅恭司(自衛隊)/日本/56分57秒7/1
64. 井佐英徳(自衛隊)/日本/1時間2分33秒2/6
68. 笠原辰己(自衛隊)/日本/1時間2分44秒6/5
79. 斉藤慎弥(自衛隊)/日本/1時間5分29秒4/8
http://sports.nifty.com/cs/torinonews/list/BT/1.htm…からのコピペ)

射撃で的を1つ外すと1分ペナルティとして加算されます。ということは、菅選手はもし的を1つも外さなければ、6位に入れたことになります。
女子でも五輪の最高順位が4位ですが、いつかメダルを獲得してほしい競技ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上村5位、里谷15位~トリノ五輪

あー、モーグル好きなんだから、やっぱりビデオに録っておけばよかったなぁ(>_<)。

里谷はストレートなコメントだったなぁ。「滑りがよくなかった。悔しい」と。
こうして、悔しいと素直に言える里谷が好きなんです。

ほお伝った涙=里谷、「スキーが好きで頑張ってきた」(時事通信)
(02/12 07:13)
http://sports.nifty.com/cs/torinonews/details/jiji12F790KIJ/1.htm

 【サウゼドルクス(イタリア)11日時事】こらえていた涙が、ほおを伝った。トリノ五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで3大会連続のメダルを狙った里谷多英選手(フジテレビ)は15位。「この1年、いろいろあったから頑張ったわけじゃない。スキーが好きで、ただ自分の滑りがしたかったから頑張ってきた」と思いを語った。
 昨年3月に発覚した、泥酔した上での暴行事件。世間の中傷に心は傷ついた。追い打ちを掛けるように、次から次へ襲う故障。結果が出ないまま、五輪の切符だけは何とか手にした。
 長野五輪金、ソルトレークシティー五輪銅。2大会連続でメダルを獲得した「勝負強さ」を、本人は否定する。
 「五輪でメダルを取ったから、みんなはそう思ってしまう。でも、あの結果は一つひとつの積み重ねがあったから。その自信があったから、メダルがあった」
 「一つひとつの積み重ね」をできないまま迎えた4度目の五輪は、過去最低の15位。「これが自分の100パーセント。結果が今の実力」。潔く敗戦を受け入れる姿が、痛々しかった。(了)


これらのコメントに全てが凝縮されていますね。勝負強さというキーワード以外は、きっと正確に里谷の気持ちを伝えている記事だと思います。
事件がうんぬんじゃない。やるべきことがケガの影響などもあってできなくて、W杯にも出られなかったり出てもなかなか結果が出なくて、ただその自信の積み重ねの不足が、この結果に表れてしまったのかもしれないです。

----------

どんな競技・コンクール・作品展等においても、順位を付けないことや特選・入選を付けないことほど、つまらないものはないと思う。そうした「集合」において、そこは果たしてガマンするべき部分なのだろうか。
とある書道展では「みんながんばっているのだから差は付けたくない」などとして「みんな入選」という風にしたそうだ。佳作の人はまぁそれでいいとして、本当に上手い人が「認められない」…引いては「てめーもっと遠慮しろよ」という姿勢は、本当に間抜けな考えの下に存在すると自分は思う。
「人間の能力には差がある、それが個性」ということを、そうした作品が集合する場で確認しないで、どうするのだろう。自分の能力、立ち位置、雰囲気、その他諸々について気付くことをせずに、仮に天才的能力があるかもしれない人は、その能力を開花させることができずに終わってしまうかもしれないというのに。
そうは言っても、映画『アマデウス』のように、天才に気付いてしまう秀才というシチュエーションもある。天才は何もしなくても天才ではある。欧州の貴族は単にまだ天才を見つけるために秀才を寄せ集めにかかっているだけかもしれない。しかも、欧州以外の「隠れた才能」などには目もくれずに。それはまた別の問題なのだが。
話を戻すと、ものによっては争うことも必要だということ。あるいは、その集団がどういう考えの下に募集をしているのかを示すために、あるいはここはどういう世界なのかを示すために…それはその世界を「(その世界において)正しく維持」するために必要なことなのであって、「能力の劣っている個人を公の場にさらけ出す」ためのことではないということだ。この部分においては能力が劣っているということを把握すれば、その人は別のことに目を向けられるというメリットだってある。もしその世界が好きなら、もっと努力する必要があるのだという立ち位置も確認できるだろう。その「集合」の「存在意義」を、まずもう少し考える必要はあると思う。

さて、上村。高校生の頃から五輪に参加。五輪に出るだけでも至難の業である。競技そのものも盛り上げないと、出られる人数は減ってしまうし、参加人数が膨らみすぎた今、「大陸」のためにもがんばらないといけない。その上での出場。
並大抵の努力ではなかった。でも、それが五輪でのメダルのための努力とはちょっとズレていただけ。努力している姿は、母と友は全て知っていたということだろう。
このような金メダルは、そうした人たちだけが与える資格があるのだと思う。

◎母と友から大きな贈り物 涙ぐむ上村選手(共同通信)
http://sports.nifty.com/cs/torinonews/details/kyodo20060212-302/1.htm
(02/12 09:40)

友人や母の圭子さんから手作りの「金メダル」を手渡され、涙ぐむ上村愛子選手=11日、サウゼドルクス(共同)


上村のTVでのコメント:
「オリンピックでどのようにしたらメダルが獲れるのか、未だに謎です。1つずつ順位は上がっているけれども、このまま上がっていけるのか…」

その後は比較的当たり障りない言葉だったんだけど、何があと自分に足りないのかが、終わった直後では把握できなかったような雰囲気。
上村は、自分の立ち位置が少しだけ上がっていったことを確認した。しかし、案外「これ以上上がれないのかも」という不安にも駆られてしまったのかもしれない。
あとは、どこまで自分を客観的に把握できるかだろう。
素人目には、きっともうちょっとスピードが足りなかったのだと思う。里谷の金の時はまずタイムが良かった。あとこれもあくまで見た目だけど、メダリストはターンの切れがいい。里谷には今思い返してみてもそれがあった。
上村2回目のエアは確かに最高だったけど、それ以外にも必要だったということなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日はモーグル~トリノ五輪

生放送では見られないかも(>_<)。
とりあえずモーグルに対する思いをば。

情報収集不足により、ふつーに注目されている里谷と上村の分しか語れないのだけど。
しかしやはり、メダルの可能性というのは、この2人にしかないのかね?<女子

メダル云々について論じるのはどうかとか、参加することに意義があるんだとか、いろいろご意見はありますが、まぁここはこういう人もいるんだなという程度の認識で、目くじら立てないで見ていただきたいというか。とはいっても、大したこと書きませんけど(^^ゞ。

里谷に関しては、まぁ酒飲んで暴れましたけど(笑)、やはりターンは速いようだし、欧州の包囲網もあまりないようでルール改正なんてのもなさそうなので(^^ゞ、調整が上手くいってエアがそれなりに飛べれば、そこそこいけるでしょう。メダルがもらえるか、全くダメか、どっちかなのかも。オレ的にはもう1コメダルを取って、見返してほしいものだけど…って誰を?(^^;
個人的好みですが、クールな感じがかなり好きでして。がんばってほしいですo(^-^)o。

上村ももちろん好みなのですが、マスコミに露出すればするほどパワーが吸い取られている気がして。本人の言う気持ちの問題だけなのだろうか。もちろん見た目の話で行けば、どんどん露出はしてほしいけど、オリンピックでメダルでも取らないとなぁっていうのが個人的感想。もちろん今回こそは…という期待はしてます。でも今までのことがどうしても頭から離れず、つい里谷の方に期待のウエイトを置いてしまいます。どうかこれもまた、見返してもらいたい。上村に関しては、過去の自分を見返してほしいな。

----------

メダル予想…小倉さんは厳しい見方をしてるみたい。ほんとは過度な期待をかけたいくらい応援したい体質だろうに(同じB型だからわかる!(笑))、マスコミ挙って、取れるかどうか微妙な分についても取れる取れるって言うから、軽くあまのじゃくな小倉さんはあまり呑気なコメントを出せなかったのかなぁと分析。
今までの傾向として、過度な期待をかけられてもそれ以上に自分にストイックな人(清水など)、あるいは全くと言っていいほど注目されてなかった人(長野の里谷など)が、メダルを取っています。取れるかどうかは微妙な位置にいるのに、注目だけはされている…という人たちやチームには、少し厳しいというか正確な目を向けたいなと思っています。例えば、カーリングは世界的位置はどうなのか。ようやく世界と戦える状態にまで戻ってきたジャンプは?そしてスノボは?
女子フィギュアに関しても、団体戦でもあれば間違いなく最強でしょうが、全員が揃って表彰台ということはよほど上位が失敗しない限りあり得ないし、その場合でも条件としては「外国勢が失敗して日本勢が失敗しない」ことが挙げられるわけですから。
安藤は一発を狙って大技を出すのか?…そして荒川が採点に関係しない演技を入れてそれだけリラックスできるのか?…そのへんが注目かな。

何しろ、長野の後のソルトレークシティーが、メダルの数的に奮わなかったから、つい期待してしまうんだけど、今回の団長(安田大サーカスのじゃないよ(^^;)もイマイチ歯切れが悪かった。
とはいえ、勝つことを望まずに行く人なんて誰もいないんだから、ぜひその予想を裏切る活躍を期待しています!(*^_^*)

今日はこのへんでm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メダル予想も含めて、女子フィギュアの話

あと1ヵ月ちょっとで行われる「鳥のオリンピック」。
…もとい、「トリノ五輪」ですな(^^ゞ。
# ラジオやテレビの音だけ聞いてると、たまにそう聞こえます。え、ネタくさい?(^^;;;
さて、各競技だんだんと盛り上がってきていますが、トリノ五輪に限って言えば、やはり女子フィギュアスケートが最も注目されていると言ってもいいでしょう。
代表選出までの各試合から、かなり注目を浴びていましたからね。まぁ選考の裏事情等はいろいろあるようですけど、そのへんの内容は他のサイトに任せることにしてと。

そうそう、浅田真央の問題もありましたね。
結局は彼女を出したいか出したくないかで、意見が分かれるんだと思います。そして、その思いを自分なりに強調できる意見を付与して、反対の側への主張とするのだろうと思います。例えば、規則改正などの働きかけをしたのか?という人は、「今までの試合を見る限り現在の採点方法ならどう考えても浅田が一番金メダルに近い」という現状をもってして「是非日本に金メダルを!」という希望を満たそうとするわけです。逆に、規則だからしょうがないという人は、その規則があるという現状をもってして「別に他のメンバーで十分ぢゃん」という自分の思いの根幹を表現していると思うのです。
自分の思いは、上記の両方(カギカッコの中)なんですが、それでも「出なくてもいい」という意見です。あとで予想として書きますけど、実際今回の3人のメンバーで金メダルは難しいと思います。浅田ならきっと獲れるでしょう。金メダルを獲る確率は間違いなく増えます。もちろん、金メダルをはじめ、他のメダルを獲ることが、目的の一つでもあると言えます。参加することに意義があるってのも一つの側面ですが、参加するからにはメダルを狙いに行ってナンボです。もちろん自分の実力がどの辺かと把握することも必要ですが、試合では何があるかわからない。だから一つでも上を目指して参加するのは、選手としては必要な心構えであると自分は思っています。
そう、浅田なら確実にメダルを獲れるでしょうけど、他の3人にだって可能性はあるということです。そしてその3人だって、金メダルが無理だなんて思って出場するわけではないということです。だから自分はこれでいいと思っています。
あとこれはあくまでも個人的な意見ですが、そして浅田ファンにはかなり怒られる意見かもしれませんが(^^;;;、やはり浅田は全体的に「幼く」見えてしまうのです。高度な技を繰り出して得点を上げていくのは勝つためには必要なこと。でも、もう少しフィギュアの演技って、それなりの年齢相応の色っぽさみたいなものが必要ではないかと感じています。もちろん14~15歳くらいでも色っぽさは表現できる選手がいるかもしれませんが、浅田には自分はそうした面はあまり感じないという意見です。

ということで、最後にメダル予想です。別に当たったところで誰に褒められるわけでもないし、実際にはこれよりも上の結果であってほしいというのは言うまでもありません…それなら予想する意味があるのかという意見もありますが(笑)。
だから言うんですよ、「予想をするのはよそう」って。<ぉぃ
えーと、さっさと予想ですね。
まず、6位以内に日本人選手3人は全員入ると思います。
しかし、金メダルは難しいかな?…2位に1人、あるいは良くて1・3位か2・3位かな?…つまりメダルは1~2個と予想します。やはりスルツカヤをはじめ、外国人選手の強い選手はやはり強いと思うんです。五輪に向けては、かなり完璧に仕上げてくるでしょう。浅田が出ないという心理的余裕もあると思いますし。
かといって、日本人選手にその牙城が崩せないかというと、そうでもないと思うんです。やはり12月に向けての連戦は、特に安藤にとってはかなり辛かったと思います。そのへん時間が少し空きますので、あとは練習中のケガさえなければ、ほぼみんなが同じスタートラインに立てるのではないかと考えます。

もちろん希望は表彰台独占!…ですが(^^;;;、とりあえず現実的な予想はこんな感じでm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)