最近の体調(2016.10.10 Ver.)

そして体調です。

ジオトリフ服用を始めて約2ヵ月。
主な副作用である、皮膚症状と下痢については、見事に現れています。
皮膚症状はまだそうでもないんですが、下痢はひどい時にはひどい。恐らく少しは食事に気をつけなければいけないんでしょうけど、フツーにいろいろ食べてます。
もしかしたら脂っこいモノがいけないのかもしれないし、ラーメンのとんこつスープがいけないのかもしれないし(笑)。
でも、食べないと食べないで不安なのです。いつも以上に食べても、下痢が続くと体重は前日より下がっているし。このガンという現状で体重が減るってことは、まだガンの資質が残ってしまっているんじゃないかという強迫観念みたいなものです。
皮膚症状は、鼻や唇の周り、背中、手足の指周りに気をつけてます。指というか爪の周りがちょっと荒れることが多いです。爪は普段、深爪ほどではないけど短めに切る方なのですが、特に足の方を整形外科の医師に診ていただいたところ、ちょっと伸ばした方がいいかなーという風にいわれたので、1ヵ月ほどがんばって伸ばしてみようかと。今は食い込んでいて痛いのですが、それがアタマをのぞかせてくれるまで粘れるかどうか。

下痢が来ると、持病の方の潰瘍性大腸炎(UC)が気になるところですが、先日の血液検査の結果ではCRP(炎症反応)がほとんどなく、あまり連動はしてないんだなーと少し安心してます。とはいえ、2~3週に1回くらいは便に出血が見られます。便が出る前に腹痛が起こることもしばしば。あまりに便が軟らかかったり、1日の便の回数が多い場合は(4回以上が目安)、下痢止め(ロペカルド)のとんぷくも服用してます。

薬の作用の所為なのか、単に自分の体調なのかわかりませんが、だるい日が多く、睡眠時間も多く取っている気がするのに日中眠いことも多いので、あまり無理はできないかなーという感じです。
とはいえ10月も色々あるので、逆に動きすぎてダメになって迷惑かけないようにしなければなーとは思ってます。
来年からは、店以外のことは丸々やめちゃって行動をセーブしないとイカンなーという感じです。

薬代もなかなかの高さなので、それも含めていろいろ考えてしまう今日この頃です。

また、「転移性脳腫瘍」の情報もなかなか少なく、詳しい病院や医師やサイトがないものかなーと思っています。情報がありましたらコメントいただけると幸いです。
自分も、自分なりの体験談を伝えていければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のそばつゆはちょっとぬるめだったけど

五稜郭駅の駅そば「みかど」が本日にて閉店とのこと。

1456541845757as

1456542654402a

立ち食いではないのだけど、気軽に立ち寄れる駅そばを最近求めてて。東京生活の懐かしさもあったのだけど。
函館駅のホームにも立ち食いそばがあったのだが、現在駅舎そのものを改装中ってのを名目に一時休業中。復活するかどうかは未知数。

先日帯広滞在中は、駅からちょっと離れてはいるものの立ち食い風のそば屋さんが1軒だけあって、2回ほど立ち寄った。濃いめの色のつゆで如何にも駅そば的な雰囲気。ググるともう1軒ありそうだったのだが、恐らくもう1軒しかない模様。
フツーに暖簾くぐって着席して食べるおそば屋さんも好きなのだけど、気軽に入れる雰囲気とお値段が足を向けさせるのよね。

その流れで、帯広から帰ってきてからも、唯一函館に残った駅そばに何度か通った。
そんなにお店の人と親しくなったわけじゃないけど、「何時までやってるんですか?」って問いかけに「閉店は午後6時だけど、その10分くらい前には(鍋の)火を落とすかな…あ、7~8分くらい前かな?」と親しげに返してくれた。その雰囲気も、好きだった。

名残を惜しむかのように、閉店がわかってから今日も含めて3回も行ってしまった。家族には内緒なので、通常の食事を少なめにして(苦笑)。

まず「閉店のお知らせ」が貼り出されてから1回目。お店の人からも「今月28日で閉店となります~」とアナウンスが。自分は常連でも何でもなかったので特に「はい」以上の言葉はかけなかったのだけど。食べたのはイカ天そば。

1455673004573s

2回目。閉店前日。土曜日だったこともあってか、あるいは閉店を知ったからなのか、お昼時という時間帯も相まって、お店の前には行列が。もちろんこのお店で行列を見たのは初めて。席が全部埋まっているのすら初めて見たのに…。
食材がだいぶ減ってしまっていたようで、品切れが多かった。ちょうど並んでいる時に在庫の確認をしている声が聞こえたので、それをメモった自分のツイートをここで再掲。

"あと、そば83食で終わり。うどんは不明。たまご品切れちう。天ぷらはあとで入荷予定とのことだが、今はイカ天品切れ、エビ天はあり、海鮮かき揚げは不明。"
https://twitter.com/akio_s21/status/703414592286765056

卵もなかったので、エビ天そばに。初めて食べたけどなかなか美味しかった。しかし後ろが行列なので、イマイチあずましく食べられず。これはしょうがないか。

3回目。最終日。10時頃行ったのでさすがに並んでいなくて席も空いていたが、その後続々とお客さんが。それでも前日よりはあずましく食べられたか。海鮮かき揚げも卵もあったので、「海鮮かき揚げそば+生卵」560円にて。
かき揚げはイカもエビも入っていたし、かき揚げ自体のボリュームもあるし、なかなかの食い応え。朝食の納豆ご飯の直後にはなかなかキツかったけど(苦笑)、せっかく卵が入ったつゆなのですべて飲み干す。
とはいえ…タイトルの通り、ちょっとつゆがぬるかった。食べやすくはあったのだけど、卵が半熟にならんなぁと、少し残念な気持ちに。かき揚げの所為ではないと思うのだが、まぁこちらもしょうがない。味は変わらず良かった。
それでも念願?の海鮮かき揚げを食べられたので、よしとする。でも店がなくなるのは、そして函館から駅そばがなくなってしまうのは、よしとできない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMいるかというか、それに関わるリクエストやメッセージ等についての、最近のもろもろ

ある特定のリクエストが不快だって思うのは、個人の自由ださ。
批判するのも自由。
でも、曲そのものに罪はないし、実はそのリクエストをしている人にも罪はなかったりする。

一つ言えるのは、ツイッターやFacebookに書き込んでしまうと、どこからかその内容が漏れてしまうし、消さない限りは「残って」しまうので、誰にでも検索される可能性があるということ。
それを理解した上で、書き込みした方がいいとは思います。

悪口・陰口は正直良くないですが、言いたい気持ちもとーってもよくわかります(笑)。
ただそれは、気の置けない仲間内で、面と向かって井戸端会議的に話をすればいいんだと思います。
録音でもされてない限り(笑)記録として「残る」こともないから。

何故「残ること」を懸念するかというと、その「残した」思いって言うのは、案外「あとで変わってしまう可能性が高い」ということ…だからです。
例えば、ある人が不快なリクエストなどを出していたとしても、直接会ってみたら「とってもいい人」で、もしかしたらそれをきっかけに、批判していたリスナーさんたちがその人のことをそれほど悪くない人だと思うようになり、更に当事者であるその人も気持ちを変えて、その人のリクエストやメッセージの内容が変わる可能性もあるのです。

で、せっかく良い方向になった時に、過去のそうした批判的な書き込みを、その人や周りのリスナーさんたちがさかのぼって読んでしまったら、その関係性も崩れてしまうのではないか…とも思うのです。

悪口・陰口を言うな…とは言いません。それは人間誰しも言いたくなるし、そんなにガマンすることではないと思います。
ただ、ネットでの書き込みは「残ります」。それだけは、念頭に置いた上で書き込むべきじゃないかと思うんです。

----------

それとはまた別に、皆方さんの番組について。

自分は皆方さんと直接話をする度に、その懐の深さに惹かれていくのです。
ここ数年はなかなかゆっくり話をすることもできなかったんですが、先日番組に出させていただいて改めてそれを思ったのです。
ほんとに、見たまま聴いたままの人、なんですよね。良くも悪くも(笑)。

なので、皆方さんの番組においては、どんなに不快なリクエストを出す人がいてそれをかけられたとしても、今は自分はそれを受け入れて聴くことにしました。
もちろんこれは、他の皆さんに押しつけるものでもなんでもありません。ただ自分の中で、今の時点で決めたことです。もちろん真似することは一向に構いませんですよ(笑)。

さてそこで。
不快なリクエストやメッセージ、ひいてはラジオネームを聞くだけでも不快になってしまう人に、一つアドバイスをするとすれば。
「そういうのが流れても、1回の放送3時間のウチの、いっときだけだから」って思うこと、かな。
さすがの皆方さんも、毎日はかけませんしね。

リクエストに関するバランスの取り方はかなり考えられてます。緻密ではないけれども(笑)。
自分も一時期毎日リクエストを送っていましたが、大体週の放送4日間のうち、2日かかることが多いです。まれにリクエストが少ない場合は3回かかりますが。
某リスナーさんのリクエスト曲も週2回くらいしかかけないよという主旨を、先日公言していた気がします。

せっかく皆方さんの番組やいるかの番組が好きなのに、たった1~2つのメッセージやリクエストだけでイヤになっちゃうのは、もったいないなーと思ったんです。
別に皆さんに、ここまで達観しろとは言いません(笑)。自分もいろいろ、直接いるかにも投げかけたことはあるし、かつては掲示板にもいろいろと書いたりしました。
しかし、多少あまのじゃくなこともあり(苦笑)、あまりにいろんな人が批判を始めてしまうと、逆に擁護したくなってしまうんです、はい。

まぁ世の中、バランスを取らなければいけないってことです。
そういう意味では自分はブレているのかもしれませんが、ただ一つブレないのは、
「FMいるかが好きだ。皆方さんや皆方さんの番組が好きだ」
ってことです。

ただ、アレですよ。別に「いい子」であるつもりは、毛頭ありませんから。
そのへんは覚悟して下さいね(笑)>いるかスタッフ様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路にネコが…という場合@函館

ウチの店の目の前でネコちゃんがお亡くなりになりまして。轢かれて。
ときたまあることです。向かい側には野良がたくさんいるし、目の前の道は案外細くて渡れそうなのにも関わらず意外に交通量も多いので、しょうがないんですけどね。

さて、そんなネコちゃんなど動物が車道上で亡くなってた場合は、どこに連絡したらいいのか。
とりあえず函館市の場合は、土木部維持課に連絡するんだそうです。

当初、周りの人たちは、保健所に連絡したみたいですが、そこだと、
「こちらでは取りに行けないので、持って来てください」
と言われるそうです。勇気のある方は、ぜひその方法でどうぞ( ̄∇ ̄;)。

で、警察でもないらしい。
それでもたまたま、店の前を通りがかった警察官に聞いたら、
「交通の障害になるから」との理由で、新聞紙を使ってくるんで段ボールに入れてくれました。

その後やってきたのは、恐らく保健所から連絡を受けたのであろう清掃会社の方々。
市の委託業者らしいのですが、そこに確認したところ、上記の市の部署に連絡してほしいとのこと。直接業者に連絡すると、有料になってしまうとのことです。
業者は、ネコちゃんを段ボールから出し、黒い袋にくるんで持っていきました。
どう処理されるのかを訊いたところ、一度冷凍して保管しておき、ある程度まとまったら焼却場に持っていくとのこと。
とはいえ、我々一般市民がゴミとして出すことは、「しないでください」とのことです。

案外身近にあることだと思いますので、ひとまずご参考までに。
その業者さんも、専門の部署なのかはわかりませんが、そうした処理のためにそれなりの頻度で市内を巡回してるそうです。

函館市土木部維持課の連絡先: 0138-46-2981

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日

絶対忘れませんよ。そりゃ。

ウチの親の結婚記念日のために、寿司買ってきた日ですもん。
あの津波の映像を生中継で見たんですもん。
團長に、店の棚しっかり押さえてもらったんですもん。

それだけで、いいですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田八幡宮例祭に行ってきました

昨日、亀八のお祭りをちょこっと覗いてきました。
函館に帰ってきてから十数年経ちますが、実はその間行ったことがなくて。
小さい頃は行ったことあるのかなーどうかなー。
さらに昔祖父の時代は、出店もしたことがあるようですが。

そんなわけで、物心ついてからは初めて…ということで、軽くワクワクしつつ。
何しろ、市内及び近郊のお祭りの中では、出店の雰囲気が全然違うもので。
ただもう夜9時過ぎだったので、ほとんどお店は閉まっていました。

そんな中、まず目に入ったのは「ワールドオートバイサーカス」。
こういう体験型というのか動的なものというのか、仕掛けの大きなモノって、もう亀八でしか見られないですからねぇ…。
料金は、大人700円、中学生500円、子供300円。
最後の公演前でちょっと興味もあったんですが、ちょっと他に開いてる店がないか確認してからまた寄ってみようと。

で、たこ焼きでも買おうかと思ったら、そこだけ行列してまして(苦笑)。
他に開いてるところを探すと、「肉巻きおにぎり」のお店が。
「まだ売れるのありますよ~」と声をかけてくれたのでこれに決定。
1個300円とお祭り価格なのかなーと思いましたが、ググってみると冷食でもほぼ同じ価格でしたね。
ほぼ最後だからなのか、マヨネーズをどっちゃりかけてくれたのはご愛敬(笑)。
どうせなら、明太子トッピングでもよかったかなーと後悔。

巻いている肉は薄切りで牛丼に使うような牛肉のような気もしたのだけど、
某Y氏が広報をしていたという「肉だわら」って肉巻きおにぎりは豚肉らしいっすね。
そことは違うようだから、やはり牛肉だったのでしょう。
自宅に帰ってからカミさんと食べましたが、なかなか美味しかったです。

他はほぼ店じまいを始めていたので、再びオートバイサーカスの元へ。
既に公演は始まっていたので、料金を払って入ろうと思ったら、
「もうそのまんま入っていいよ」とおじさんが言ってくれたので、お言葉に甘えてそのまま会場内へ。

木製のステージをグルグル回るオートバイの姿には、逆に迫力がありました。
足場にはオートバイの遠心力がモロにかかっていて結構揺れてたので、片手で写メろうとするにはちょっと慣れる時間が必要でした。
いや…そもそもあの速度のオートバイを、低スペックのケータイで撮ろうとしたのが間違いでした。動画を撮ればよかったかとまた後悔。
別の観客が差し出していたおひねりの千円札をパッと取っていったり、日の丸の旗を開きながら手放し運転したり、果てはその旗を顔にかぶせて目隠し&手放し運転…。
今更それにハラハラはしなかったけれども、なかなか面白いモノを見たなぁとは思いました。個人的には700円の価値はあったな~と思います(←タダで見たくせに)。

天気が良ければ&明るいウチだったら、きっともっと楽しいことでしょう。
またいつか見に行ってみたいな~と思ってしまいました。

----------

【写真】

・「ワールドオートバイサーカス」の外観。

F1072084s

・その中の様子。動いているオートバイも一応写ってます(^^;。

F1072086s

・唯一購入した「肉巻きおにぎり」のお店。宮崎県っぽいイラストが。

F1072085s

・その中身。なんだかよくわからなくてごめんなさいw

F1072087s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ的に「笹流ダム前庭公園」の辺りの写真

タイトルのまんまです(笑)。
あとは写真の羅列でm(_ _)m。

F1071403s
F1071402s
F1071401s
F1071400s
F1071399s
F1071398s
F1071397s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べたものやら

本日めでたく結婚5周年。
しかし土曜日で、嫁さんも自分も夜までお仕事ということで、比較的余裕のあった昨日のうちにお祝い的外食を。
ここんとこは、外食といえば専らホルモン屋さんです(笑)。しかも牛ホルモンがあるところ、更には「マルチョウ(マルホルモン)」のあるところ…。
自宅から近いとなると、「炙」か「泉味亭」か…になるのですが、基本的には交互に、あとはその時の気分や事情によって、行くお店を決めます。
今回は「炙」に決定~。

F1071388s

食べた肉・ホルモン(2人分):マルホルモン×2、牛サガリ×2、鶏モモヨーグルト、スペシャル巻(レバー+網脂)、モツ煮、自家製キムチ、ライス(小)
飲んだもの:(自分)生ビール、角ハイボール、泡盛(請福、カリー春雨、守禮51度)、(嫁さん)生ビール×2、泡盛(請福)

なんと!食べ物の写真はありません(笑)。すみません。…あ、焼く前の「スペシャル巻」だけはあるかな(爆)。
今回嫁さんに好評だったのは、このレバーでしょうか。今回はスペシャル巻でしたが、フツーのレバーでもよさげ。

F1071389s

最後に飲んだ「守禮」も美味しかったなぁ~。

F1071392s

----------

あと行ったところを遡ってみると。
炭々亭とか、まるよしとか、泉味亭とか(結局行ってる)、サムズとか、たぐ家とか、ぐわっぱとか、鯉之助とか、ご馳走亭とか、醍醐とか、だてびととか…3ヵ月の間に、結構いろいろと行ってました( ̄∇ ̄;)。

写真はちょこちょこあるんですが…見たいですか?(苦笑)

「炭々亭(たんたんてい)」は、ジンギスカンの食べ放題。リスナーさんたちで集まって。
生ラムじゃない、フツーのラム肉だったんだけど、炭火で焼くと意外に美味しいのね。

F1071372s

「海鮮料理炭火焼まるよし」は、お仕事関係で。
日本酒を結構飲んだかも。1名ほどやたらお酒に強い体育会系な方がいらしたので(笑)。

F1071345s
F1071344s
F1071346s

「泉味亭」でのトピックは、「和牛メスの赤身上カルビ」かなー。これはさすがに美味かったw

F1071335s

「サムズ」は初めて行った。基本1皿110円の回転寿司。ほとんどがセルフ。
「牛ステーキ」なんてお寿司もあったので食べてみたんだけど、これが意外に美味しかったです。
嫁さんはラーメン食べてたな(笑)。ちょっと一口…というサイズなのがかえってうれしい感じ。

F1071290s
F1071291s
F1071292s
F1071293s

「たぐ家」は、鉄板焼きやお好み焼きなどを食べられるお店。
目の前のテーブルに鉄板もあるのだけど、基本的にはお好み焼きは店員さんが焼いてから持ってきてくれる形式。
他には、鶏の唐揚げのネギソースなども食べたかな。

F1071247s
F1071248s
F1071249s

「ぐわっぱ」は、嫁さんとも行ったのだけど、お仕事関係の懇親会の会場でもあったので、1週間くらいの間に2回行きました(笑)。
嫁さんと行った時は「ホルモン鍋」目的。美味しかったのだけど、普段「焼き」で慣れてしまっているので、しばらくは焼く方向で行きそうな予感。
あ、「鉄板ネギたっぷりホルモン焼」も食べました。どんだけホルモン好きなのかという(笑)。
ちなみに懇親会の時はコース料理でした。この時もホルモン鍋は出たかな。

F1071176s
F1071177s

「鯉之助」は、お仕事関係の新年会で。
やはりウナギはトロトロで美味しかったな~。ちょっとご飯がやわらかすぎたのが残念だったけど…。
あ、白焼きも美味かった!

F1071160s
F1071161s
F1071152s

「ご馳走亭」は、軍人将棋の集まりで。3人だけだったけど(笑)。
1人前の鍋を3種類頼んだりして、これまた楽しかったですねぇ。
ちなみに、メモ帳を忘れて後で呼び出されました(笑)。

F1071026s

「醍醐」は、高校の同期の集まりの時に。
思い出話中心で、なかなか食べる方が進まなかったのだけど( ̄∇ ̄;)、どれも皆美味しいものばかり!
あとであらためてお店に行ってくれた人もいました。自分もいつか、嫁さんと一緒に行きたいと思っています。

F1070993s
F1070994s

「居酒屋 だてびと」は、元旦に友達夫婦と。
「だて焼き」は、たこ焼きならぬ「いか焼き」でしたが、美味しかったです。

F1070987s

----------

4月からは、また時々札幌にも行くので、もしかしたらまた食べ物写真が増えるかもしれません。
また気が向いたらアップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『わたし出すわ』

Img_390535_8005994_0

ゆうべ、自分もエキストラ参加した、映画『わたし出すわ』がテレビ放映されていたので、深夜眠い目をこすりながら、全編を通して観ました。
DVDは持っていたのですが、実は通して観たのは初めてでした。

森田芳光監督の映画は、この監督の映画だと意識して観たことはなく、全編通して見たことがあるのは『失楽園』だけでしょうか…これも深夜に観たのであまり覚えてないのですが…。
ほぼ前編函館ロケの映画で、自分を含めて市民エキストラも多数出演しており、DVDを手に入れてからは、まず自分の出演シーンを確認(手順としては違ってるような気もしますが…)。それからしばらく全体のストーリーを把握したことはなく、テレビ放映はそのいい機会となりました。

映画そのものも、とんと観てなかったのですが(たぶん『海炭市叙景』以来?)、映画らしい映画、映画じゃないと描けない映画、懐かしい感じの映画を、久々に観た気がする…そんな感想を持ちました。

お金にまつわるストーリーなんてのはある程度想像できるわけで、その小さなエピソードのいくつかが主人公の周りで起こっていく…という感じでしょうか。で、そのエピソードの全てに当然ながら主人公が関わっていくわけですが、その関わり方がちょっと特殊。
それは、まさにタイトルの「わたし出すわ」の通り、主人公のマヤが同級生に対してほぼ何のためらいもなく、それぞれに必要だと思われるお金を無償でポンと渡してしまうのです。それに対して、当の同級生たちやその周りの人たちがどのように反応するのか…。
そのお金の出所や、マヤのかつての仕事などは、そんなにハッキリとは最後まで示されることはありません。また、細部に関しては、いろいろとツッコミどころもないではありません。詳しくはネットでレビューを検索すればいくつか出てきます。
全体を通しても、決してテンポがよいわけではないですし、出だしの掴みも弱い感じがしないでもありません。
それでも自分は、一般の評価以上に良い感触を受けました。そして「あぁ、久々に『映画』を観たなぁ」という感覚に陥ったのです。なんでだろうなぁ。なんでかは、わからないけど。

他の森田監督の映画も、少しずつでも観ていこうかな。
それにしても、亡くなるのが早すぎです、森田監督…。あらためて、ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のど自慢の件

F1070725s

そう言えばなぜこの曲にしたかの説明をしてなくて、これはつぶやきだけでは足りないと思ったので、久々の日記形式で。

今回、曲を原田真二の「てぃーんずぶるーす」にしたのは、以下の理由。
・嫁さんがかつてファンだった。
・自分はリアルタイムで聞いてはいなかったのだが、最近ラジオでたまたま原田真二のインタビューを聞いてまだ活動している旨を耳にしたこと、あらためて曲を聴くと30年以上前の歌謡曲?にしてはクオリティが高いという話が確かだったと感じたこと(ちょっと回りくどいけど)。
・今年のクリスマスイブに、地元函館のコミュニティFM「FMいるか」の20周年記念ライブに原田真二が来るということで、それとも結びつけた。

原田真二の略歴については、ここでは省略するのでググって下さい。そしてできれば動画なども見ていただいて、その天才っぷりを感じていただきたいなと。
ところで、デビュー当時の髪型がカーリーヘアーだったということで、今回予選出場時にはそのイメージに合わせてアフロヘアーを被ろうと決めていました。また、「お仕事着」も着用して出たかったので、エプロンを…とも思ったのだけど、ちょうどよく函館少年刑務所名物「マル獄」の前掛けがあったのでそれを着用。ちなみに前掛けも「宣伝」が入ると着用が微妙になってしまうらしいが、今回はOKが出ました。

まぁそれが中途半端だったのか歌に特徴が無かったのかよくわかりませんが、歌詞も間違えずに歌ったことで妙に自信が湧いて出場者発表時にはちょっとドキドキとしてしまい。しかしながら今回も落選。選曲理由についても、今ひとつの結びつき・インパクトだったかもしれませんし。
今回こうして3回目の予選出場だったわけですが、今後も機会があれば(=近くに予選がやってくる時には)予選に応募はしたいと思ってます。やはり歌うの楽しいですし。なので、選曲理由には多少工夫は加えるとは思いますが、今後はあまり策におぼれずに好きな曲を歌いたいなと思っています。

余談ではありますが、途中お仕事があって2回も会場を抜けるハメに。
ただし、受付後はこのように抜けることは可能です。「受付時」「自分の歌う順番の時」「出場者発表時」に会場にいれば、その他の時間は会場にいなくても問題ありません。
自分の曲名が「て」で始まっていたので、順番は「150番」でした。なので午後3時目がけて戻ってきましたが、できれば現場にいる方と連絡を取れるようにしていた方が、進み具合もわかっていいかもしれません。
ちなみに、曲名の五十音順に予選は行われます。本選はこの限りではありません。応募の時点で「歌謡曲」か「民謡」かを選びますが、民謡部門の約10組は、100番までが終わった時点で組み入れられ、その後歌謡曲部門101番から再開されます。その間だけ、ちょっと休憩があります。というよりは、バックバンドさんたちの休憩時間とも思われますが。
通常の流れでの予定時間は、受付が午前11時から、予選開始が午後12時から、途中休憩が入って、午後4時過ぎにほぼ終わり、1時間弱審査があってから、午後5時過ぎに発表となります。
本選出場者は、そこからすぐに打ち合わせで、午後7時過ぎまでかかるようです。また、本選当日(つまり予選の翌日)は、朝7時過ぎには集合で、リハなどを行うとのこと。
まぁ、予選出場の時点で250組に絞られ、本選出場は20組。今回の函館の場合、500人以上の応募だったらしいので、かなりの狭き門だったことだけは、お伝えしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧