サウンドがおかしくなった場合(Windows7、デスクトップ機)

忘れないように簡潔に。

サウンドがおかしくなった場合。
音が出なくなった、画面上で出ている音を録音できない、などの現象の解決方法。

例えば、「コントロールパネル」-「ハードウェアとサウンド」-「オーディオデバイスの管理」の画面を見ても「録音」はいいが「再生」タブに有効なデバイスがない。

その場合、以下のドライバをインストールする。
"0006-32bit_Win7_Win8_Win81_Win10_R279.exe"
(自分のマシンでは、"myapl" 内にある。)
ない場合は、"Realtek" のサイトで "High Definition Audio Codecs" をダウンロードする。

"Realtek" サイトのDLページ:
http://152.104.125.41/downloads/downloadsCheck.aspx?Langid=4&PNid=14&PFid=24&Level=4&Conn=3&DownTypeID=3&GetDown=false

----------

Windows7 デスクトップ機の特徴なのかしら?
買った当初、および、"shutdown" コマンドを使用した後など、こうした現象が見られた。

<参考サイト>
ぬふふ.com:
https://nufufu.com/pc/windows7/method-solution-of-a-sound-setting-stereo-mixer-setup/

「ぬふふ.com TOP PC Windows7 Windows7のサウンド設定ステレオミキサー設定の方法解決したと思ったら 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みの過ごし方を考えてみた

そういやこの前「もし休みがあったら何をするの?」という話になり。
ちょっと考えてみました。

室内編。部屋にこもって(昔の)ゲームをするか。初代ファミコンかプレステでナムコのゲームを。
他室内でしたいことはたくさんあり。ビデオ→DVD変換もしたいし。iTunesの整理もしたいし。
バンドの練習もしたい。電子ドラムがあるので。ほんとはキーボードも弾きたい。

室外編。一人ならゲーセンに行くかも。ゲーセンの雰囲気も好きだし、音ゲーやクイズもできるし、オールドゲームがあるところならなお良し。
仲間がいればカラオケに行きたい。ひとりカラオケはしない主義です。

あとは、旅ですかね~。車でも汽車でもバスでも何でも、どこでも行きたい。
ただ景色を見るだけでも、下手すればバスや汽車の路線の端っこにさえ行ければいいような、目的なしで全然OK。
カミさんと仕入がてら札幌に行くことは度々あります。その際は安い宿に泊まって、晩飯はホルモン食いながら飲んだくれ。
お金が貯まったら、国内でいいからいろいろなところに行きたいです。海外なら食べ物美味しいところがいいなー。台湾イタリアスペインあたりでしょうか。
でも本当は、懐かしいゲームのあるゲーセン巡りをしたいです(笑)

そんなところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Facebookのタイムライン - 「いいね!」を外さずにフォローだけ外す方法

一時期、Facebook(Fb)の「友達」を一生懸命増やしたのですが。
更に、様々な「公式アカウント」をフォローしたりしたのですが。

それ故に、大事な方々の情報を得にくくなってきてまして。

そうした「大事な方々」は「親しい友達」として別途タイムラインを参照すればいいのですが、それが意外にめんどい。
それに辿り着くまでに1段階増えるだけなのだけど、スマホのアプリからだとその「1段階」に辿り着くまでに意外に時間がかかる。

やはり、手軽にタイムライン(TL)を確認するには、整理した方がいいだろうと。
また、投稿するのも最近はTwitterメインになりつつ(戻りつつ?)あるので、仮に公式アカウントをフォローするにしてもTwitter中心にしようと。

以下は、そんな自分の考えと同じ方々のために、その方法を示しておこうと。
恐らく同じ考えの方は、もう既に気づいているかと思いますがね(苦笑)。

----------

【公式アカウントのフォローを「Fbは切り、Twitterでフォロー」する手順】

仰々しく書いてますが、大したことはありません。

手順としては。
① Fbの「いいね!」を外さないまま、フォローだけ外す。
② 公式サイトに飛び、そこからTwitterのフォローをする。

まず①。これ意外にわかりにくいです。

20160512_fb01a

「いいね!しています」のボタン上にマウスを合わせると、「いいね!を取り消す」「ニュースフィード~トップに表示/デフォルト」…などが表示されます。
本当は「ニュースフィード」の欄に「フォローをやめる」の選択肢が欲しいのですが、ここでは表示されません。
その設定をするには、「ニュースフィード」の文字の右側にある「鉛筆マーク」をクリックします。
すると、以下のような画面に切り替わります。

20160512_fb02a

選択肢が3つ出てくるので、その一番下の「フォローをやめる」を選択して、「終了」ボタンを押します。
これで、「いいね!をしたままフォローを外す」設定が完了します。

次の②については、まず公式アカウントのページの左側を探してみて下さい。
大体の公式アカウントであれば、公式サイトのURLが表示されています。もちろん「元々ない」場合は、その限りではありませんし、公式サイトがあるのに記述していないアカウントもあるかもしれません。
URLがある場合は、そのURLをクリックし、公式サイトに飛びます。
その後、Twitterのマークを探し、Twitterの公式アカウントのページに飛び、フォローするなりリストに追加するなりの作業をします(大ざっぱですが)。

----------

蛇足。
Fbのフォローについては、個人のアカウントでもたまに「友達にならずにフォローだけする」人もいるのですが、その方が「自分のアカウントをフォローだけできる」ような設定にしてくれないと、こちら側からできないのですよね。
そうした設定を促すような設定があればいいのに…とも思ってますが、さすがに難しいでしょうね(「・ω・)「

----------

記事内容には直接関係ないですけど、先ほど使った①②…などのいわゆる「丸数字」って、大体どんなサイトでもフツーに表示されるようになりましたよね。便利この上ない。
(1)(2)…だとそれだけで3文字消費しますしね。特にTwitterでは文字数を稼げるので便利だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ(Android)における、共有設定の解除方法

Androidのスマートフォン(自分はF-01F)に、アプリ「Yahoo!ファイルマネージャー」を入れてそこそこ便利に使っていたんですが。
何が便利かというと、例えば画像の一覧を表示し、その画像をTwitterやFacebookに投稿したり、Gmailで友達に送信したり、パソコンに送信するのにBluetoothに送ったり…という、複数種類の作業をそこで「その都度」選択してから先に進めることができるということですね。
更に、画像縮小のアプリなどを入れておけば、そうしたアプリを経由してから、投稿や送信もできます。
このへんの作業の呼称は、(恐らく)Android上では「共有」と呼ばれ、他のアプリでもほぼ共通でして、マークとしてはこのようなネットワークっぽい記号になってます。

Screenshot_20160315183839_a

ところで、この共有機能を使う場合は、通常「常時/1回のみ」という選択ボタンが一番下に表示されます。
この「1回のみ」を選択し続けていれば、先ほど書いたように「その都度」作業を選択できるため、例えば同じ画像をまずTwitterなどに投稿してから、その後メールしたりパソコンに送信したり…ということも可能なわけです。

Screenshot_20160315185802_a

この「常時/1回のみ」のボタンは、ファイルマネージャーからギャラリーのアプリに飛ぶ時にも表示されますが、この時は普段使うギャラリーのアプリを選択して「常時」ボタンを押しても特に問題はありません。

しかし、何かの拍子に「常時」をクリックしてしまうと、その時選択したアプリの作業が記憶されてしまい、「共有」選択後にアプリの一覧が表示されなくなってしまいます。

この解除の方法についてググると、「Yahoo!ファイルマネージャーのアプリの設定で『デフォルトでの起動』の『設定を消去』する」という方法がいくつか知恵袋系のサイトで見つかります。
しかしこれで解除しても、ファイルマネージャーからギャラリーに進む際の設定が解除されるだけで、ギャラリー上からの「共有」設定が解除されるわけではありません。

実は、「『常時』を押した時に選択していたアプリの設定のほう」を解除しないと、共有設定が解除されない…ということでした。例えば、Twitterアプリであればそのアプリの設定を解除する、ということですね。
ただ、Bluetoothなど、アプリ一覧で見えにくいものは、ちょっと手こずるかもしれません。

アプリの解除の方法です。
(参考画面は「F-01F」での表示画面となります)

ホーム画面から「本体設定」→「アプリケーション」と進みます。

Screenshot_20160301171111_a

Screenshot_20160301171119_a

デフォルトだと「ダウンロード済み」の一覧が表示されますが、画面を横にスライドすると「実行中」「すべて」「無効」の一覧も見ることができます。
「ダウンロード済み」「実行中」で見つからない場合は、「すべて」の中から探さなければなりません。
Bluetoothなどは、この「すべて」の一覧から探さないと恐らく見つかりません。

Screenshot_20160301171143_a

一覧から解除したいアプリを見つけたら、そのアプリの名称部分をタップします。
「アプリ情報」画面の真ん中から下の方あたりに「デフォルトでの起動」の欄があると思いますが、ファイルマネージャーのアプリなどで「常時」を押してしまった場合、ここが「特定の操作で使用するデフォルトのアプリとして設定されています」となっており、ボタンも「設定を消去」となっていると思います。(なっていない場合はボタンが押せないようになっている。)
その「設定を消去」を押すと、「常時」を押してしまった設定を消去することができます。

Screenshot_20160301171023_a

Screenshot_20160301190025_a

元のアプリ(ファイルマネージャーなど)に戻って、確認してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十勝バス

十勝バス。そういえば地方バスで全国初の増収を果たした企業としてテレビ番組でも取り上げられてたあのバスだよなぁ…と、途中で気づいた。
駅前から病院の距離は確かにそこそこあるのだが、料金だけ見ると結構高い。例えば地元の函館バスは、いわゆる市街地の範囲だと220~300円程度の範囲だったと思うが(ただしちょっと近郊路線に踏み出すと急激に高くなる)、十勝バスは帯広市内でもフツーに300円を超える。
それでも初乗りや近距離は140円や170円という設定もあるので、利用はしやすいかもしれない。実際、2~3区間だけ利用する家族も目撃している。
そして利用のしやすさといえば、何よりもバス停間の距離がとても近い。元々そういう設定だったのかはわからないが、住宅街の中を貫く裏道のような道路沿いに、普通に2~3つのバス停がある。場所によっては、次のバス停が目視できるほどだ。
この度1ヶ月以上帯広に滞在することになり、もちろん車もない状態なので、バス利用に関していろいろ調べたのだが、どうやら土日だけ出かけるなら定期券よりも回数券の方が使いやすそうだ。しかも通常の回数券は10枚分の料金で11枚なのだが、土日限定回数券だと13枚もついてくる。これは、土日祝日は終日、平日でも下車時刻が10~17時または19以降だと使えるのだ。要するに、通勤通学時刻以外は使えるということ。しかも価格設定は一覧にしてないほど細かくなっているらしい。なお一度に3枚までしか使えないので注意。

さて、既に何度か利用させてもらった中でのエピソードをいくつか。
まず、病院から駅前に出る際のこと。まだ2回目くらいの乗車の時だったが。
病院を通る路線の一つに循環線があるのだが、周り方が2通りある。駅前までならどちらに乗っても問題ないのだが、その先に行く際にはどちら周りなのかを確認した上で乗らなければいけない。
しかし、時刻表で路線図もしっかり確認したつもりだったのに、逆向きに乗ってしまったことに、駅前が近づく頃に気づいた。
駅前に着いて停車時間が少し長い間に、運転手さんに確認したところ、やはり逆向きだったらしい。
するとそこで運転手は、他のバスにすぐに無線で連絡。反対周りのバスにこの先合流するバス停があるので、そこで乗り換えさせてくれるという話をつけてくれた。
その連絡自体もスムーズだったのだが、何より無線連絡しようとするまでがまず手早く、更に路線だけでなく時刻表もアタマに入ってるような素晴らしい対応だったのだ。
そして駅前の先のバス停で、横付けされた反対周りのバスに乗り換えさせてもらい、無事目的地にたどり着くことができた。
あともう一つ。駅前からバスに乗った際、入れ替わりに降りようとした観光客らしき乗客に運転手が「この辺でジンギスカン食べられるところない?」と訊かれ、すぐに「この近くにある『平和園』ってすごく美味しいですよ!ウチらもよく行きます!場所は…」と細かく説明。その対応も素晴らしかった。
何度か乗るうちに、バス内に「平成25年度おもてなし経営企業選」なるステッカーが。それもうなずける運転手たちの対応だったように思う。

後日、十勝バスをとりあげたテレビ番組の概要が書かれたサイトを拝見。
そのバス会社がやったことは、沿線の住民に時刻表や路線図を配るという、いわゆるバス会社としての「営業活動」だったという。
確かにこの取り組みは素晴らしいのだろうけど、乗客の立場からすると、それさえあればもっと利用しやすいのに…といつも思っていること。逆に言うと、近くにバス路線がある家だというのに、時刻や路線が変わっても沿線の家々に戸別に何のアナウンスもないなんて…って、いつも思っていたことだ。
こんなこと、ごく単純なことにしか自分は思えないのだが、バス会社の立場ではわからないものなのだろうか。
地元のバス会社が全くそういうことをしてないのを見ると、これは全国のバス業界全体で取り組むべきことなんじゃないかと、思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルSuicaの作り方

【メモ】
モバイルSuicaの作り方。北海道在住でもできる。

準備:

・モバイルSuica対応の携帯を用意
・クレジットカードを用意
作業:
・アプリをダウンロード
・会員登録(Suicaの現物を持ってるなら「切り替え」になる)

他のポイントとの連携:

・Suica側でSuicaポイントの会員登録をする
・他のポイントサイトでSuicaポイントクラブの口座番号を登録
・ポイント交換すると「Suicaポケット」に入るので、そこから「受取」手続きを行う。

Suica側で、登録だけでも、
・モバイルSuicaの会員登録
・モバイルSuicaポイントクラブの会員登録

…の2段階必要なので、ちょっと面倒かもしれませんが、がんばって登録してみて下さい。
Suicaポケットについても、他の電子マネーと名称が違いますが、ポイント移行などのイメージで作業するとわかりやすいかもしれません。

これで、交通系マネー(北海道なら「Kitaca」)の使えるお店なら、どこでも使えるようになります。
コンビニならセイコーマート、ファーストフードならすき家、あとは北海道にある回転寿司「北々亭」などですね。
他に使えるお店は、こちらで確認してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「R-1ぐらんぷり2015」

# 以下、Twitterに投稿したものを再編しました。

R-1録画でダーッと見た感想。
やはり優勝者(じゅんいちダビットソン)のラストネタが一番笑ったかな。

というより、他の人たちやネタがあまり笑えなかった。

M-1並の緊張感はあるのかもしれないけど、ノンスタ石田はアガりすぎ。
あるいはネタの選択間違い?

会場の空気が冷えすぎってのも妙だったけど。

あと、現役コンビからのピン枠人数をもっと絞ってもいい気がする。
それ出すくらいなら、訳わからんシュールなのでいいから「ピンでしかできない人」をもっと出すべき!
安村はコンビ解消したからいいとしてさ、現役コンビやってる場合は出場禁止にしようよ。

最後に。
もう芸それなりに確立しててそこそこ面白いし仕事もあるって人は、別に出なくてもいいんじゃないかと。
今回友近は出なかったけど、エハラとかもうわざわざ出て枠減らさなくていいよ…。
ヒューマンもやまもとももういい。出るなら出るなりのネタを持って来てほしい。

以上。

----------

公式サイト:
http://www.r-1gp.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(メモ的に)「ノーゲームデー」への違和感

ブログにもちょっとだけまとめておきます。

----------

(1)
https://twitter.com/akio_s21/status/559175707276754946

ゲームで一家団欒できないと考えてるなら短絡的だし、体験に参加させたいだけなら単にそのまま書けばいいじゃないかと。

毎月第1,第3日曜日は「ノーゲームデー」!(どさんこアウトメディアプロジェクト)
http://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/diary/201501210005/

----------

(2)
https://twitter.com/akio_s21/status/559589949704392705

NHKでも拡散するのかよ…はぁ(;´Д`)

第1・第3日曜はゲーム禁止 - NHK 北海道 NEWS WEB
http://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20150126/4884601.html
(↑リンク切れしてます)

----------

(3)
https://twitter.com/akio_s21/status/562075199554588672

"ゲームにしてもソーシャルメディアにしても、「使うな」ではなく「正しく使え、その方法を教えるから」とするのが、正しい大人の姿勢ではないだろうか。問題視されている、学力低下に結び付くのではと懸念視されているのは「使い過ぎ」であり、「使う・使わない」の話ではない。体重が増え気味の人に対して求められるアドバイスは「食べすぎるな、適量を食せ」であり「一切食べるな、絶食の日を作れ」では無いのと同じ。 "

ウチの店にも、3DSなどを手にしながら店に入ってくる子供、いますよ。
でもそうしたゲーム機に限らず、つい「夢中になっているモノ」を、肌身離さず持って来てしまう子は、ゲーム機がない時代から居たように思います。
それを考えると、何もゲーム機だけが、あるいは最近であればスマホのアプリやゲームだけが、悪いわけじゃない。
「『今は』『ここでは』持ってくるべきじゃない」ってことを、店の立場としても言いますし、単純に大人の立場としても言います。たとえ、知らないお客さん相手でも。

しかしこの記事を読んでも、やっぱり納得できないな、「ノーゲームデー」って表記には。
「野外活動、創作活動」を促進するのに、ゲーム機をはじめとした「ノーデジタルメディアデー」を打ち出す必要は、全くないと思う。

「ノーゲームデー」の誤解と実態、そして子供が本当に必要だったもの(不破雷蔵) - Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20150128-00042606/

----------

ひとまず、続きは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMいるかというか、それに関わるリクエストやメッセージ等についての、最近のもろもろ

ある特定のリクエストが不快だって思うのは、個人の自由ださ。
批判するのも自由。
でも、曲そのものに罪はないし、実はそのリクエストをしている人にも罪はなかったりする。

一つ言えるのは、ツイッターやFacebookに書き込んでしまうと、どこからかその内容が漏れてしまうし、消さない限りは「残って」しまうので、誰にでも検索される可能性があるということ。
それを理解した上で、書き込みした方がいいとは思います。

悪口・陰口は正直良くないですが、言いたい気持ちもとーってもよくわかります(笑)。
ただそれは、気の置けない仲間内で、面と向かって井戸端会議的に話をすればいいんだと思います。
録音でもされてない限り(笑)記録として「残る」こともないから。

何故「残ること」を懸念するかというと、その「残した」思いって言うのは、案外「あとで変わってしまう可能性が高い」ということ…だからです。
例えば、ある人が不快なリクエストなどを出していたとしても、直接会ってみたら「とってもいい人」で、もしかしたらそれをきっかけに、批判していたリスナーさんたちがその人のことをそれほど悪くない人だと思うようになり、更に当事者であるその人も気持ちを変えて、その人のリクエストやメッセージの内容が変わる可能性もあるのです。

で、せっかく良い方向になった時に、過去のそうした批判的な書き込みを、その人や周りのリスナーさんたちがさかのぼって読んでしまったら、その関係性も崩れてしまうのではないか…とも思うのです。

悪口・陰口を言うな…とは言いません。それは人間誰しも言いたくなるし、そんなにガマンすることではないと思います。
ただ、ネットでの書き込みは「残ります」。それだけは、念頭に置いた上で書き込むべきじゃないかと思うんです。

----------

それとはまた別に、皆方さんの番組について。

自分は皆方さんと直接話をする度に、その懐の深さに惹かれていくのです。
ここ数年はなかなかゆっくり話をすることもできなかったんですが、先日番組に出させていただいて改めてそれを思ったのです。
ほんとに、見たまま聴いたままの人、なんですよね。良くも悪くも(笑)。

なので、皆方さんの番組においては、どんなに不快なリクエストを出す人がいてそれをかけられたとしても、今は自分はそれを受け入れて聴くことにしました。
もちろんこれは、他の皆さんに押しつけるものでもなんでもありません。ただ自分の中で、今の時点で決めたことです。もちろん真似することは一向に構いませんですよ(笑)。

さてそこで。
不快なリクエストやメッセージ、ひいてはラジオネームを聞くだけでも不快になってしまう人に、一つアドバイスをするとすれば。
「そういうのが流れても、1回の放送3時間のウチの、いっときだけだから」って思うこと、かな。
さすがの皆方さんも、毎日はかけませんしね。

リクエストに関するバランスの取り方はかなり考えられてます。緻密ではないけれども(笑)。
自分も一時期毎日リクエストを送っていましたが、大体週の放送4日間のうち、2日かかることが多いです。まれにリクエストが少ない場合は3回かかりますが。
某リスナーさんのリクエスト曲も週2回くらいしかかけないよという主旨を、先日公言していた気がします。

せっかく皆方さんの番組やいるかの番組が好きなのに、たった1~2つのメッセージやリクエストだけでイヤになっちゃうのは、もったいないなーと思ったんです。
別に皆さんに、ここまで達観しろとは言いません(笑)。自分もいろいろ、直接いるかにも投げかけたことはあるし、かつては掲示板にもいろいろと書いたりしました。
しかし、多少あまのじゃくなこともあり(苦笑)、あまりにいろんな人が批判を始めてしまうと、逆に擁護したくなってしまうんです、はい。

まぁ世の中、バランスを取らなければいけないってことです。
そういう意味では自分はブレているのかもしれませんが、ただ一つブレないのは、
「FMいるかが好きだ。皆方さんや皆方さんの番組が好きだ」
ってことです。

ただ、アレですよ。別に「いい子」であるつもりは、毛頭ありませんから。
そのへんは覚悟して下さいね(笑)>いるかスタッフ様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切手類等の交換手数料

メモ的に。

ハガキの交換手数料は1枚につき5円。

もし手元にハガキが117枚あったとした場合の金額。
・ハガキ代:50円×117枚=5,850円
・手数料:5円×117枚=585円

普通は、
「現金で585円支払って、5,850円分の切手等に交換する」
…のだが、
この現金の手数料分を、持って行った交換用のハガキの代金から差し引いてもらうことができる。

この場合の考え方。
(1)上記のように、まず持って行ったハガキ等の金額の合計と、手数料の合計とを、計算する。
(2)ハガキ代から、手数料分を差し引く。
上記例の場合、5,850円-585円=5,265円
(3)(2)で計算された金額分は、どのように組み合わせて交換しても良い。

例えば今回は以下のように交換。
(50円切手×50枚)
+(80円切手×34枚)
+(10円切手×4枚)
+(1円切手×5枚)

=2,500+2,720+40+5
=5,265円

余談として、レシートには手数料(585円)分の切手を購入したことになり、
それを郵便局に手数料として収めた形となっている。

----------

参考サイト:

切手類等の交換手数料(日本郵便サイトより):
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/charge.html

失敗したはがきは交換可能です(日本郵便サイトより):
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧