« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

近況「喉頭乳頭腫」ほか(2017.11.24現在)

自宅で仕事をすることはほとんどなくなってしまったのですが。
せめて日記を書くことくらいすればいいのに、最近は自宅では基本アタマもカラダも休めております。
とりあえず呆けないようにだけは努めないと…。

さて、表題の件から。他についてもそのまま続けて書きますね。では。

・喉頭乳頭腫

まず10月の診察でG病院耳鼻咽喉科からサジを投げられ、札幌のH大学病院を紹介してもらいました。
先日その診察に行ったのですが、見立ては「…そんなに(サジ投げるほど)難しい手術ってことはないんですけどね」ってことで、「ここで手術してもいいけど予約一杯で年明けになっちゃうので、地元でやったほうがいいかも。こちらから私も駆けつけることができるので」という話になり、結局地元C病院での手術と相成りました。

具体的には、当初「ちょうど呼吸用の管が通るところに腫瘍があるので非常に取りにくい」ということだったのですが、その管に関しては細めのものを使えば解決するらしく、それはそちらの地元の病院でも可能だから…ってことのようです。
ただ、一気に全ての腫瘍を取れるわけではなく「ある程度取る」くらいにはなってしまうようです。また、再発する可能性も高いので、その度に手術で対応ということにはなりそうです。

とはいえ、3泊4日では済むので、仮に手術を繰り返すにしても、時期を見てできそうだな…と、多少安心はしています。
ひとまずそんな状況です。腫瘍を取り除くことで、少しでも声のかすれが解消すればいいなぁと思っております。

・形成外科

11月の診察では、逆さまつげが再発してるようだ…とのこと。
こちらは再手術の可能性が高いです。
どういう方法が良いかについて、ちょっと考えさせてくれとのことでした。

その診察時に多少はまつげを抜いてはもらったんですが、時間が経つとまた症状が出そうなので、なかなかこちらも解決が先になりそうです。

・呼吸器内科

G病院の呼吸器内科なんですが、ここんとこ悪い評判しか聞かないんですよね…。
それが1~2件程度だったり、その間に良い評判でも入ればまだしも、もう3~4件立て続けに。
セカンドオピニオンや転院なども考えなければイカンかな…と、ちょっと考え始めております。

・消化器内科、整形外科

ぼちぼち特定疾患医療受給者証の申請の時期でして、早めに保健所に行ったものの、「これ、あと1回病院行った後の方が、長期かつ高額の対象になりますね」と言われたので、12月に再度申請に行く予定。

体調的には、消化器方面は落ち着いてます。出血もたまにありますが、便の中に出血は見られず、薬の副作用で皮膚が弱っていることによる肛門付近からのヤーツっぽいので。
副作用と言えば下痢もあるんですが、これは時々ありますね。元々そんなに強い方でもないので、調子悪いときには急激にトイレに駆け込みたくはなりますが、それさえ乗り越えれば何とか。発熱もないし、何より毎度血液検査してもCRPの値が低いため、あまり気にしてはいません。
整形外科方面も落ち着いてはいますが、多少は症状が出ているかなーという雰囲気。左手のむくみは相変わらずですし、ここんとこ冷えてきてからは股関節も若干疼いています。

・その他

お酒は、どの科からも特に止められてはいないんですが、飲んだ後かかとがむくむ感覚があるので、あまり飲まないようにしています。自宅での晩酌は麦茶が主流。

脳はどうなっているやら。時々顔面もヒクつくんだけど、手も足も全体的に攣りやすくなってるので、それの一環であるような気がして。明らかに運動不足ですね…。
週1回でいいから「強制的に」運動する機会を設けねばイカンなーと思い始めています。保健所と同じ建物にある「健康増進センター」って、どうなんでしょうね。今度行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »