« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

最近の体調(2017.2.9)

ジオトリフの副作用。
皮膚症状について対策は、まずヒルドイド。時間帯は寝る前と朝に、かかと中心に足全体・手の指先・お尻近く、その他かさついている部分中心に。日中も、手の指先は随時塗っています。ほか、キンタベートを、鼻の周りや顔の各所、手の指先などに、こちらも寝る前と朝中心に塗ってます。
それでも、右手の指先、特に親指・人差し指・中指あたりを中心に、爪の割れ(タテ・横両方にも割れるし、2枚爪にもなる)が起こりますし、ささくれも多いです。とりあえず引っかからない程度に、それでいて切りすぎないよう、爪の手入れは少し気を遣っています。

下痢については、昼過ぎに1日3~4回目以降の排便になってくると、時折出血を起こす場合があります。それが4~5日続くことがあります。
そのため、1日朝晩2回飲んでいる下痢止め「ロペカルド」を、朝&昼に集中させて飲んでいます。
また、食べるもも少し考えた方がいいかもしれません。脂っこいものはやはり直接腸にダメージが来る場合もありそうなので。とはいえ、消化器内科のほうで調べているCRP(炎症反応)の値は0近くで安定しています。

こちらも起こり得る副作用の一つらしいのですが、12月下旬に眼科に行って逆さまつげを取ってもらってから約1ヶ月半、少しずつ目が辛くなってきました。次回は6月なのでもたないかな…。取ってほしくばその間に別途予約せよ…とのことですが、特定疾患(消化器内科&整形外科)の範疇で行っているので行くとすれば同じ月に行くことになりますかね。

脳のMRIは12月以来撮っておらず、特に目立った症状もありません。
とはいえ、眠気・怠さ、全身各所の攣り、ちょっとした顔面のピクつきなどがあると、肺ガン由来の転移性脳腫瘍の他に、腫瘍が蔓延り始めてないのかな…と心配になることはあります。
ただ、8月に救急隊の人が言っていた「ミネラル不足等で引きつることはある」というあたりも耳に残っていて。
なので、いずれ今行っている病院で脳外科が復活したら、一度じっくり話を聞きたいと思っています。

----------

なるべく身体を休めようとダラダラしていたら、すっかりお腹に肉(というか脂)がついてしまい、今まで履けていたズボンが軒並み履けなくなりました(苦笑)。とりあえずブレザー用のを2~3本購入しましたが、喪服がアウトでした。そちらはまだ更新してませんが、まずはお腹の肉を減らすのに挑戦してみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »