« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

最後のそばつゆはちょっとぬるめだったけど

五稜郭駅の駅そば「みかど」が本日にて閉店とのこと。

1456541845757as

1456542654402a

立ち食いではないのだけど、気軽に立ち寄れる駅そばを最近求めてて。東京生活の懐かしさもあったのだけど。
函館駅のホームにも立ち食いそばがあったのだが、現在駅舎そのものを改装中ってのを名目に一時休業中。復活するかどうかは未知数。

先日帯広滞在中は、駅からちょっと離れてはいるものの立ち食い風のそば屋さんが1軒だけあって、2回ほど立ち寄った。濃いめの色のつゆで如何にも駅そば的な雰囲気。ググるともう1軒ありそうだったのだが、恐らくもう1軒しかない模様。
フツーに暖簾くぐって着席して食べるおそば屋さんも好きなのだけど、気軽に入れる雰囲気とお値段が足を向けさせるのよね。

その流れで、帯広から帰ってきてからも、唯一函館に残った駅そばに何度か通った。
そんなにお店の人と親しくなったわけじゃないけど、「何時までやってるんですか?」って問いかけに「閉店は午後6時だけど、その10分くらい前には(鍋の)火を落とすかな…あ、7~8分くらい前かな?」と親しげに返してくれた。その雰囲気も、好きだった。

名残を惜しむかのように、閉店がわかってから今日も含めて3回も行ってしまった。家族には内緒なので、通常の食事を少なめにして(苦笑)。

まず「閉店のお知らせ」が貼り出されてから1回目。お店の人からも「今月28日で閉店となります~」とアナウンスが。自分は常連でも何でもなかったので特に「はい」以上の言葉はかけなかったのだけど。食べたのはイカ天そば。

1455673004573s

2回目。閉店前日。土曜日だったこともあってか、あるいは閉店を知ったからなのか、お昼時という時間帯も相まって、お店の前には行列が。もちろんこのお店で行列を見たのは初めて。席が全部埋まっているのすら初めて見たのに…。
食材がだいぶ減ってしまっていたようで、品切れが多かった。ちょうど並んでいる時に在庫の確認をしている声が聞こえたので、それをメモった自分のツイートをここで再掲。

"あと、そば83食で終わり。うどんは不明。たまご品切れちう。天ぷらはあとで入荷予定とのことだが、今はイカ天品切れ、エビ天はあり、海鮮かき揚げは不明。"
https://twitter.com/akio_s21/status/703414592286765056

卵もなかったので、エビ天そばに。初めて食べたけどなかなか美味しかった。しかし後ろが行列なので、イマイチあずましく食べられず。これはしょうがないか。

3回目。最終日。10時頃行ったのでさすがに並んでいなくて席も空いていたが、その後続々とお客さんが。それでも前日よりはあずましく食べられたか。海鮮かき揚げも卵もあったので、「海鮮かき揚げそば+生卵」560円にて。
かき揚げはイカもエビも入っていたし、かき揚げ自体のボリュームもあるし、なかなかの食い応え。朝食の納豆ご飯の直後にはなかなかキツかったけど(苦笑)、せっかく卵が入ったつゆなのですべて飲み干す。
とはいえ…タイトルの通り、ちょっとつゆがぬるかった。食べやすくはあったのだけど、卵が半熟にならんなぁと、少し残念な気持ちに。かき揚げの所為ではないと思うのだが、まぁこちらもしょうがない。味は変わらず良かった。
それでも念願?の海鮮かき揚げを食べられたので、よしとする。でも店がなくなるのは、そして函館から駅そばがなくなってしまうのは、よしとできない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在の体調(2016年2月)

▼肺ガン治療

昨年の抗がん剤治療&放射線治療(トモセラピー)は効果があったようで、今のところは順調に推移しています。
とはいえ、昨年も1月の時点で何でもなかったのに、3月の検査で腫瘍マーカーの値が上がったという経緯があるので、呼吸器内科については毎月血液検査&レントゲン検査をしばらく続ける予定です。

先ほど2014年11月の記事を遡及で上げたのですが、その時は肺の扁平上皮ガンを胸腔鏡で切除しました。その後抗がん剤を念のため服用しましたが、数日でやめてます。
今思い返せば、これを続けたら再発しなかった可能性もありましたが、いろいろと副作用のある抗がん剤を、せっかく手術でガンを切除した後にわざわざ飲むことにはかなり抵抗がありました。昨年の再発時には、さすがに観念しましたけど。

▼強直性脊椎炎(AS)の治療

現在、プレドニン(ステロイド剤)の服用で、比較的楽に毎日を過ごせています。
ただ、完全に緩解している状態ではなく、左手には少し腫れがありますし、相変わらず両下肢は太もも・ふくらはぎ含めて腫れはあり正座等はできない状態です。
それでも地べたに座ったりはできるようになったので、ほぼ普段通りの行動はできるようになってます。
歩くのも、毎日でなければ、多少の長距離も調子の良い時には歩けます。実際、帯広での入院中、週末の外出時にはかなりの距離を歩きました。
さすがに2年前のように、毎日自宅と職場とを歩いて往復することは、しないつもりです。特に冬道は、靴に関わらず歩く格好も不規則になり股関節に負担をかけそうなので、雪が積もっている場合には控えるつもりです。
たまぁに不規則に股関節が疼くこともありますが、いたくて歩けないほどの状態になることは滅多にありません。

プレドニンの服用ですが、効果が出たのは「朝1.5錠+夜1錠」を服用してからになります。
これで安定したので、3ヵ月ほど前から少しずつ投与量を減らしはじめています。先月までは朝1.5錠を1日おきに1錠にして、今月からは週に2日だけ朝1.5錠・他の5日間は朝1錠、という具合です。

なお、他の治療法について聞きましたが、ガンが収束したとしても、今は3年ではなく5年ほど経過を見続けなければいけないようで、つまりは昔の抗がん剤を利用する本格的な治療はその間できないとのことです。
なので、5年間はプレドニンの増減で様子を見るしかないようです。

▼その他

・右下に1本だけ残っている親知らずの歯の隣が虫歯になり、治療中。
・右手小指の第2関節あたりにある突起(昨年10月頃からできている)が、魚の目ではなくイボだとわかり、現在イボ冷凍凝固法にて治療中。

そんなところです。
見た目には、プレドニンの副作用がモロに出ていて、食欲満点。体重は70kgを超えていて、人生でのMAX体重になりそうな気配…。ムーンフェイスも発症していて顔がまんまるです。
ただ、如何にもガンを患った後には見えないので、その点は救われている気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »