« 十勝バス | トップページ | 最後のそばつゆはちょっとぬるめだったけど »

現在の体調(2016年2月)

▼肺ガン治療

昨年の抗がん剤治療&放射線治療(トモセラピー)は効果があったようで、今のところは順調に推移しています。
とはいえ、昨年も1月の時点で何でもなかったのに、3月の検査で腫瘍マーカーの値が上がったという経緯があるので、呼吸器内科については毎月血液検査&レントゲン検査をしばらく続ける予定です。

先ほど2014年11月の記事を遡及で上げたのですが、その時は肺の扁平上皮ガンを胸腔鏡で切除しました。その後抗がん剤を念のため服用しましたが、数日でやめてます。
今思い返せば、これを続けたら再発しなかった可能性もありましたが、いろいろと副作用のある抗がん剤を、せっかく手術でガンを切除した後にわざわざ飲むことにはかなり抵抗がありました。昨年の再発時には、さすがに観念しましたけど。

▼強直性脊椎炎(AS)の治療

現在、プレドニン(ステロイド剤)の服用で、比較的楽に毎日を過ごせています。
ただ、完全に緩解している状態ではなく、左手には少し腫れがありますし、相変わらず両下肢は太もも・ふくらはぎ含めて腫れはあり正座等はできない状態です。
それでも地べたに座ったりはできるようになったので、ほぼ普段通りの行動はできるようになってます。
歩くのも、毎日でなければ、多少の長距離も調子の良い時には歩けます。実際、帯広での入院中、週末の外出時にはかなりの距離を歩きました。
さすがに2年前のように、毎日自宅と職場とを歩いて往復することは、しないつもりです。特に冬道は、靴に関わらず歩く格好も不規則になり股関節に負担をかけそうなので、雪が積もっている場合には控えるつもりです。
たまぁに不規則に股関節が疼くこともありますが、いたくて歩けないほどの状態になることは滅多にありません。

プレドニンの服用ですが、効果が出たのは「朝1.5錠+夜1錠」を服用してからになります。
これで安定したので、3ヵ月ほど前から少しずつ投与量を減らしはじめています。先月までは朝1.5錠を1日おきに1錠にして、今月からは週に2日だけ朝1.5錠・他の5日間は朝1錠、という具合です。

なお、他の治療法について聞きましたが、ガンが収束したとしても、今は3年ではなく5年ほど経過を見続けなければいけないようで、つまりは昔の抗がん剤を利用する本格的な治療はその間できないとのことです。
なので、5年間はプレドニンの増減で様子を見るしかないようです。

▼その他

・右下に1本だけ残っている親知らずの歯の隣が虫歯になり、治療中。
・右手小指の第2関節あたりにある突起(昨年10月頃からできている)が、魚の目ではなくイボだとわかり、現在イボ冷凍凝固法にて治療中。

そんなところです。
見た目には、プレドニンの副作用がモロに出ていて、食欲満点。体重は70kgを超えていて、人生でのMAX体重になりそうな気配…。ムーンフェイスも発症していて顔がまんまるです。
ただ、如何にもガンを患った後には見えないので、その点は救われている気持ちです。

|

« 十勝バス | トップページ | 最後のそばつゆはちょっとぬるめだったけど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

病気:強直性脊椎炎(AS)」カテゴリの記事

病気:肺がん(肺ガン、肺癌)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/63235284

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の体調(2016年2月):

« 十勝バス | トップページ | 最後のそばつゆはちょっとぬるめだったけど »