« その後の経過(2015.6.23現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.7.10現在) »

強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.6.24現在)

この項では、強直性脊椎炎(AS)に絞った内容にします。

前の記事にも追記しましたが、手足の関節の痛みやむくみなどは、強直性脊椎炎(AS)に由来するもので、同じ系統の病気とは言え関節リウマチの症状ではないことを医師に言われましたので、ここにも記しておきます。
持病として潰瘍性大腸炎(UC)もあるのですが、これに由来する合併症のひとつです。逆にAS→UCという経過を辿る方もいるようです。
今では使用する薬がほぼ共通していることから、UCの方の特定疾患の範囲で、ASの方も治療させてもらっています。

さて、時折ツイートはしておりますが、関節腔注射をして以来、身体全体の各関節が比較的楽に動かせています。
ちなみに注射の内容は、以下の通りです。
・ケナコルト-A筋注用関節腔内用水懸注40mg/1ml 1瓶
・カルボカインアンプル注1% 5ml 1A

1回目は6月16日(火)に右手首1ヶ所にのみ。
2回目は6月22日(月)に両足首2ヶ所に。
一度にできるのは2ヶ所までとのこと。
効き目に関して医師に尋ねたところ、効いてくるのは1~2日以内、持続期間は、効く人は1~2ヵ月持つが、効かない人は5~6日で効かなくなるとのこと(苦笑)。

1回目の注射の後もそれなりに全身に効いていた気がしたのですが、翌日にちょっと無理に動かしすぎたせいか右手以外の関節は3~4日後に痛くなってきました。
特に両足の痛みがひどく、階段を下りるのが非常に辛かったです。
そんな中、6月21日(日)に屋外での仕事があったのですが、そのままの状態では何も手伝えないくらいの状態だったので、まず朝の時点でロキソニン(ロキソプロフェン)60mg1錠を、あくまで痛み止めの頓服として服用してみました。
夜の発熱時などにも、この薬は今の自分には良く効いているのですが、運良くこの日も良く効いてくれて、家を出る頃にはだいぶ楽に動けるようになりました。
持続時間は恐らく5~6時間だろうと見ていたんですが、外での仕事の間に再度服用することはありませんでした。
帰宅後、前の服用から約8時間後に、再度ロキソニンを服用しました。その後特に大きな仕事はなかったんですが、寝るまでの間もある程度快適には過ごしたかったので、敢えて飲みました。
日付が変わる頃少し身体が重かったので、体温を測ってみると37.5℃あったのですが、あとは寝るだけだったので、ロキソニンではなくカロナール200mg2錠を服用して就寝しました。そんなに熱が下がった気はしませんでしたが、とりあえず問題なく寝ることはできました。

そして翌日22日に、両足首に注射し、現在に至ります。
先週より2倍打っているせいか今のところは非常に関節の状態が良いのですが、どれくらい持続するのか少し楽しみでもあります。

とはいえ、明日は2クール目の抗がん剤治療になるので、しばらくはその影響も重なってきて、注射の効き具合を正しく検証することはできなくなります。
というのも、抗がん剤が関節痛にも良い方向に作用することがあるらしいのですが、自分が1回目に抗がん剤を打った時にも実は関節が楽になっていたので。
1~2週間後の経過も、注意深く見ていきたいと思っています。

|

« その後の経過(2015.6.23現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.7.10現在) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

病気:強直性脊椎炎(AS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/61787658

この記事へのトラックバック一覧です: 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.6.24現在):

« その後の経過(2015.6.23現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.7.10現在) »