« 現在の状態(2015.6.17 現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.6.24現在) »

その後の経過(2015.6.23現在)

(1)セカンドオピニオン(帯広・北斗病院)
・放射線科の先生が対応したが、結果としては行って良かったというのが家族共通の感想。
・トモセラピーが有効な症例だが、もっとガンの部分を小さくしてからの方が「お得」とのこと。
・現在の抗がん剤治療が効いているので、それを一通り終えてから、こちらに来てもらえれば…との意見。
・トモセラピーの詳細や、他の治療方法について、比較的わかりやすく聞くことができた。
・ただ、全編関西弁100%で早口だったので、アタマがついていくのが大変でした…。

(2)整形外科系

・2015/6/22(月)に受診、先日右手首に打った関節腔注射を両足首に適用。
(ケナコルト-A、カルボカインアンプル)
・当日夜から効き始め、翌日からは他の手足関節にもそこそこ効いていて、比較的快適に過ごしている。
・ステロイドの内服は離脱に時間がかかるので、しばらくは注射で様子を見る。
・なお注射に関しては、医師にも脅かされるのだが、ほとんど痛みを感じない…。

(3)呼吸器内科系

・(2)と同日に受診、肝臓の数値とCRP以外には問題ないので、第2クール以降も同様の抗がん剤治療を外来にて継続予定。
(CBDCA(カルボプラチン)+アリムタ+アバスチン療法)

(4)まとめ
・(2)の注射により、比較的良好な状態を保っております。前回かなりいろいろ困難と書きましたが、今のところは無事に動けております。ご心配をおかけしました。
・在宅での抗がん剤治療は初めてとなりますので、副作用の出方も変わるかと思いますが、そのへんも随時報告します。

----------

追記:
一部メール等で「関節リウマチの疑い」と書いたこともありましたが、その症状はありませんでした。失礼しました。
手足の関節の痛み・むくみ等については、あくまでも「強直性脊椎炎」の症状だということです。

|

« 現在の状態(2015.6.17 現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.6.24現在) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/61784414

この記事へのトラックバック一覧です: その後の経過(2015.6.23現在):

« 現在の状態(2015.6.17 現在) | トップページ | 強直性脊椎炎(AS)に関する経過(2015.6.24現在) »