« リハビリ | トップページ | 「R-1ぐらんぷり2015」 »

(メモ的に)「ノーゲームデー」への違和感

ブログにもちょっとだけまとめておきます。

----------

(1)
https://twitter.com/akio_s21/status/559175707276754946

ゲームで一家団欒できないと考えてるなら短絡的だし、体験に参加させたいだけなら単にそのまま書けばいいじゃないかと。

毎月第1,第3日曜日は「ノーゲームデー」!(どさんこアウトメディアプロジェクト)
http://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/diary/201501210005/

----------

(2)
https://twitter.com/akio_s21/status/559589949704392705

NHKでも拡散するのかよ…はぁ(;´Д`)

第1・第3日曜はゲーム禁止 - NHK 北海道 NEWS WEB
http://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20150126/4884601.html
(↑リンク切れしてます)

----------

(3)
https://twitter.com/akio_s21/status/562075199554588672

"ゲームにしてもソーシャルメディアにしても、「使うな」ではなく「正しく使え、その方法を教えるから」とするのが、正しい大人の姿勢ではないだろうか。問題視されている、学力低下に結び付くのではと懸念視されているのは「使い過ぎ」であり、「使う・使わない」の話ではない。体重が増え気味の人に対して求められるアドバイスは「食べすぎるな、適量を食せ」であり「一切食べるな、絶食の日を作れ」では無いのと同じ。 "

ウチの店にも、3DSなどを手にしながら店に入ってくる子供、いますよ。
でもそうしたゲーム機に限らず、つい「夢中になっているモノ」を、肌身離さず持って来てしまう子は、ゲーム機がない時代から居たように思います。
それを考えると、何もゲーム機だけが、あるいは最近であればスマホのアプリやゲームだけが、悪いわけじゃない。
「『今は』『ここでは』持ってくるべきじゃない」ってことを、店の立場としても言いますし、単純に大人の立場としても言います。たとえ、知らないお客さん相手でも。

しかしこの記事を読んでも、やっぱり納得できないな、「ノーゲームデー」って表記には。
「野外活動、創作活動」を促進するのに、ゲーム機をはじめとした「ノーデジタルメディアデー」を打ち出す必要は、全くないと思う。

「ノーゲームデー」の誤解と実態、そして子供が本当に必要だったもの(不破雷蔵) - Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20150128-00042606/

----------

ひとまず、続きは後日。

|

« リハビリ | トップページ | 「R-1ぐらんぷり2015」 »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/61073348

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ的に)「ノーゲームデー」への違和感:

« リハビリ | トップページ | 「R-1ぐらんぷり2015」 »