« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

帯状疱疹

D1060390s

D1060389as

1月12日頃から、ピリピリとした頭痛。
何しろ普段頭痛ってのを経験したことのない人なので、何が原因かもどうしたらいいかもわからず。
そして、この痛みの状態を言葉で表現する難しさも痛感(苦笑)。
それでも17日あたりでは、まだラウワンでドラム叩いてたりもしたのだが。
14日には、ひとまず頭痛薬(ケロリン)を飲んでみる。

17日~18日頃、嫁がオレの頭皮の一部が赤くなっていることを発見。
嫁はヘルペス持ちなのだが、どうもそれに似てる発疹に見えるとの所見。これは元病院勤務(not看護師)のなせる業。こちらはそんなに痛みも痒みも感じなかったのだが、念のため数日、軟膏のリンデロンを塗ってみる。
頭痛の頻度が上がり、それよりも眼の奥の痛みが酷くなってきた。ずーっと痛いわけじゃないのだが、時折来る痛みがかなりの激痛。

その後、一番痛みが強いのが眼の奥になったので、気になって19日組合の新年会の後に夕方にいつも行く眼科に直行。その時点ではあまりはっきりとはわからず。自分の説明も「眼の中がゴロゴロする」「頭を車に乗る時にぶつけたせいなのか赤くなっている」といった程度だったので、以前眼の中の炎症があった時に処方された目薬と同じものの処方。
しかし、更に痛みは増す一方。さらにおでこのあたりの発疹も増えてきた。翌日20日になり、嫁もこれはヘルペスの中でも帯状疱疹ではないかと言い出す。そうなると皮膚科なのだが、その話をした時には既に昼。知っている数件の皮膚科が軒並み木曜日の午後休診だったので、ひとまず様子を見る。帯状疱疹だとすると、発疹が見えないと逆に診断がつかない可能性もあるので、リンデロンの塗布もやめておいた。
夜になり、眼の方がまず気になり、昨日行った眼科が夜間診療していることをチェックしていたので、夕食後行くことに。昨日とは別の医師と話をし、諸々診察を受けた後、最後に看護師とその医師が頭やおでこの発疹を見て、帯状疱疹の可能性が高いと診断。その薬が今この病院にはないと言われたので(院外処方の病院だったこともある)、翌朝早めに皮膚科に行ってくださいと言われる。痛み止めとしてロキソニンを処方される。
明日明後日あたりが痛みのピークだと言われて恐くなり(苦笑)、帰ってすぐにロキソニンを服用。ジワジワと頭から眼にかけて違和感がにじみ出ていたが、ピリピリとした痛みは感じなくなったので少し安心。

21日朝、出店もあったのだがそれは母親に任せて、早々に近所の総合病院の皮膚科へ。すぐに帯状疱疹と確定。1日3回の薬バルトレックスを処方されたので、自宅に帰って早速飲む。その日と翌日はロキソニンを1日1~2錠飲んだが、23日になってだいぶ痛みは治まった。25日に再度皮膚科受診予定。

----------

というのが、今回の状況でした。

嫁さんは、帯状疱疹が頭にできたのを見たことがないと言ってましたが、ググると結構画像も出てきたりで。
瞼にできると、視野も狭くなって大変そうですが、自分も瞼に3ヶ所ほどできまして(写真参照)。この所為で、ゴロゴロ感があったんですな。
早めの対処だったお陰か、今のところお発疹が大きくなったり破裂したりすることもありません。あまり跡も残らずに済みそうですが、表面上よりも神経痛が残らなければいいなぁと思ってます。嫁さんは脚の単純ヘルペスの方にちょっと痛みが残っていて、たまに再発もするので。

最初の方にも書きましたが、痛みを的確に表現するのは難しいものです。慢性化しているのならともかく。いや慢性化するのは恐いんですが。
とにかく、いつもと違う気になる症状がある場合は、皆さんもお気を付け下さいねm(__)m。

----------

(写真1)
かっこいい顔にできた、おでこや瞼の発疹。他に頭皮にもあった。
(写真2)
かっこいい顔にできた、瞼ウラの水疱(3箇所)。

*注:一部誇張表現を使っている箇所があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »