« 女子フィギュアSP | トップページ | 裁判員1日目後半~4日目 »

女子フィギュア結果

既にご存じかとは思いますが、まず順位。

1. キムヨナ(韓国)228.56
2. 浅田真央(日本)205.50
3. ロシェット(カナダ)202.64
4. 長洲未来(アメリカ)190.15
5. 安藤美姫(日本)188.86
6. レピスト(フィンランド)187.97
7. フラット(アメリカ)182.49
8. 鈴木明子(日本)181.44
9. アリョーナ・レオノワ(ロシア)172.46
10. マカロワ(ロシア)171.91

----------

で、自分的な整理。

・浅田真央が、女子フィギュアのショートプログラム(SP)でトリプルアクセル(3A)を跳んだのは、五輪史上初のできごと。
また、SP・フリーを通して、合計3回の3Aを跳んだのも、やはり女子フィギュアでは五輪史上初。
これらの事実は、むしろ「最高得点」よりも重要な事実として、五輪史に永久に残ることであるし、もっともっと賞賛されてもいいことであると思う。

・一方で、浅田真央はフリーにおいてパーフェクトな演技ができなかった。
本人がインタビューで涙を流したのは、それに対する悔しさのせい。
浅田真央には、これを糧にぜひ今後もがんばってほしいと思う。
できることなら、ソチ五輪で雪辱を願います。

・キムヨナは、SP・フリー通して、ほぼ「ノーミス」の演技。
素人目にも、その点だけで比べれば「1位はしょうがない、くれてやる」の心境も、ないではない。

・ただしこの順位と、キムヨナの得点が高すぎるのでは?…という疑問とは、また別の問題。
「じゃあパーフェクトだったらキムヨナに追いつけたかどうか」という話は、得点の付け方に関する疑惑が晴れない限りは、同じ土俵に上げる以前の問題だと思われる。
なお、個人的に、キムヨナの得点は、素人目に見ても「あり得ない高さ」だと感じている。

…んー、まだイマイチ整理できていないような(>_<)。
ひとまず締めます。

おまけ↓
ttp://nereidedesign.jugem.jp/?eid=203#sequel

|

« 女子フィギュアSP | トップページ | 裁判員1日目後半~4日目 »

スポーツ」カテゴリの記事

スポーツ(五輪)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/47668690

この記事へのトラックバック一覧です: 女子フィギュア結果:

« 女子フィギュアSP | トップページ | 裁判員1日目後半~4日目 »