« あー、やっと言える。 | トップページ | プチ鉄ちゃんというか数字マニアというか »

裁判員1日目

ひとまず、どういう順序でコトが進んでいったかを、時系列で淡々と書いてみます。

自分は平成21年度の候補者でしたが、まずそこから100人が抽選により選出されました。
自分はその100人のうちの1人でした。
その後、不足したために、平成22年度の候補者からも15人呼ばれたようです。

函館管内で初めてということで、どれくらい来るかがわからないので、
少し多めに呼んでいるとのこと。

当日は指定された時間(朝)に、裁判所の指定された場所に行きます。
# ちなみに今回は9:15。
受付をすると、それぞれの名前がわからないように(プライバシー保護)、
到着順に番号が割り当てられます。

待合室で、決められた席に、番号順に座ります。
今回呼び出しを受けた中で、当日来ることができると言った、
40数名分の席が用意されていましたが、最終的に座ったのは30数名。
その中から裁判員6名+補充裁判員3名が選ばれるので、意外に高い確率です。

その後、「裁判員に不公平な裁判をするおそれの有無、辞退希望の有無・理由などについて質問がされます」(裁判所HPより)。
この質問は、全体質問と個別質問に分かれ、個別に話をする事情がある人(辞退したい理由がある、あるいは心配なことがある…など)は、別室に呼ばれて非公開でいろいろ訊かれます。その必要がない人たちには、一緒に全体質問をされます。
さらに、検察側・弁護側双方から、選びたくない人を「理由無しに」3名まで選ぶことができます(非公開)。
こうして絞られた人たちの中から、とある抽選システムを使って、最終的に6名+3名を、これも非公開で選びます。
# 裁判所側は「厳正なる抽選」と言っていましたが、裁判員の方はほとんど何か作為的だったんじゃないかと最後まで疑っていました(笑)。
## 自分は「厳正なる抽選」だったと、信じてますけどね。

ここで、最終的に裁判員にならなかった人は、午前中で家に帰されます。
この時点でも、日当と交通費は出ます(金額不明)。

そして自分は、見事に選ばれたわけです(^^;;;。

----------

選ばれてすぐ、昼食に行かずにオリエンテーション。
法廷を見学し、入廷・退廷の順序を確認(一応決められていた)。

広めの部屋で、裁判官3名・検察側2名・弁護側2名と面会。
その後、裁判官と裁判員だけになり、宣誓書を読み上げてサイン&押印。
それらが終わった後、ようやく昼食。

たぶん昼食の後だとは思いますが、裁判員用ファイルを渡されます。もちろん裁判所外には持ち出し不可。
起訴状の写し、今後の日程、裁判所の中の地図など、必要事項が書かれています。またメモ用紙もあります。これらは、判決が出るまで裁判所内で持ち歩きます。

食べ終わり、多少の説明があった後、すぐに法廷の方へ。
法廷の裏側にある待合室のようなところで裁判員は待たされて、まず裁判官3人だけの2分間のテレビ用撮影があります。
裁判官たちが裏側に戻ってきて、その後いよいよ初入廷。
被告人が警備に引き連れられて入廷。裁判長が(手錠の)「解錠」を指示して、その後我々の入廷。
裁判長→裁判員1→裁判員6→裁判員2→裁判員5→裁判員3→裁判員4→補充裁判員7→補充裁判員8→補充裁判員9→裁判官1→裁判官2の順に入ります。
これは、正面から(=傍聴側から)見た時、左から裁判員1、2、3、裁判官1、裁判長、裁判官2、裁判員4、5、6となっているところに、裁判長に続いて裁判員が両外側から順に入っていき、最後に裁判官2人が入る…というイメージです。
ちなみに自分の番号は「3」でした。裁判官のすぐ隣です(^^;;;。
# 傍聴していればわかる事項については、なるべく明らかにしていきます。

まず、人定質問、起訴状朗読、罪状認否、冒頭陳述…などが行われますが、
これ以降の流れは、また後日。

----------

ここまでの感想。

やはり、最初に法廷に出る時は、緊張しました。
実は、呼出状を送付されてから、事前に別の裁判を傍聴していたので、
法廷の雰囲気には慣れてたつもりでしたが、
被告人を真正面から見たり、傍聴する人たちをたくさん見たりすると、
あらためて、事の重大さに気付かされた感じです。

また自分は、呼び出し当日から裁判に参加することは知っていたので、
多少心の準備はしていたんですが、
今回裁判員になった人の中でも、当日からいきなり裁判に参加すると、
理解していなかった人もいました。

「朝に呼ばれて、昼前に裁判員決定、午後からすぐに審議に入る」
…という流れは、覚えておいて損はないと思われます。

閉廷後、評議室に戻る際のエレベーター前廊下が、5時を過ぎたために暗くなっていた。
こういうところをキッチリして経費削減しているようですが、うーむ…公務員はどこも大変なようで。

あと、ちょっと思ったこととしては。
「当日持ってくる物」の一覧が欲しいかなと。
一応、呼出状には、チラッと印鑑を持ってこいと書いてあるが、かなり小さい。
宣誓書にも必要だし、何かと必要ならもっとわかりやすく書くべきかと思いました。
他にも、弁当は支給制じゃないから、500円払いたくない人は持ってこいとかもね(笑)。
# そんな状況も想定して弁当を持参した自分(^^;;;。

|

« あー、やっと言える。 | トップページ | プチ鉄ちゃんというか数字マニアというか »

函館」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/47612118

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員1日目:

« あー、やっと言える。 | トップページ | プチ鉄ちゃんというか数字マニアというか »