« ビンゴボンゴ | トップページ | 【PC】パソコンやらインターネットやら »

イラストや絵画に対する思い

D1002437s
小4の姪っ子の絵を見て、ふと自分の小学生時代の気持ちを振り返ってみた。

幼少の頃はこの私も「市民レクリエーション大会」だったかで賞をもらったことがあるらしい。
しかし、その時に描いた絵がどんなものであったかとか、描いた時に何を考えながら描いていたかとか、そういうことはほとんど覚えていない。

何も考えずに描いていた時期の方が、いい絵が描けていたかもしれない。
あるいは。
何も考えずに描いた方が、いい絵になるような気がする。
いずれも、幻想かもしれないけれども。

何かを考え始めたり、意識し始めたりすると、純粋にいい絵は描けなくなってしまうのだ。少なくとも自分にとっては。
先述の賞をもらったのは、もう小学生になって間もない頃であったと思うから、小学生時代の大半は、絵を描く際には既にある思いに苛まれていた。
それは「あまりに現実通りに描けない」、その上で「現実をどのレベルまで落として描いたらいいのかわからない」、ということだった。

例えば、覚えているのは、市民プールの風景を描きに行った時。たぶん図工の授業、あるいは写生会で。
たぶん、子供心に、どの線までを間引いて描くべきなのかを頭の中で計算しようとして、その整理ができずにいたのだ。
さらには、手法にまで考えは及ぶ。デッサンの段階で細かなところまで描いておくべきなのか、あるいはその時点でもう色付け(当時は水彩)のことも考えた間引いた線を描いておくべきなのか…などなど。
手法はともかくとして、「どこまで描いたらいいのか」については、少なくとも先生には教わらなかった気がする。というよりは、当時はそうした思いを口にすることもできなかったし、それ以前にそうした考えに苛まれていたことすら自分自身で気付いていなかったのかもしれない。いや、気付いていたけれどもそれを表現というか質問の形にできなくてもどかしかったのかもしれない。

最近でも時々、絵を描きたいと思うことがあるのだけど、ただ純粋に描きたいという気持ちで描きたいのにそうできないのではないかという不安に襲われる。誰かに何かしらの評価をされたいとか、それでいて酷評されるのもいやだとか。
そんな周りのこと以前に、書きたいものがそもそも何なのかということが見えているのかという不安。
まぁ考えててイマイチ踏み切れない程度の思いなら、まだ描くなということなのだろう。
逆に、何も考えずにまずは筆を執ってみろ、ということなのか。

せっかく義理のお父さんが元美術の先生なのだから、今度そのへんを話してみようかな。
でも、言えるかどうかはわからないなー(^^;;;。
イラストのことは長くなりそうなのでまたの機会にm(__)m。

|

« ビンゴボンゴ | トップページ | 【PC】パソコンやらインターネットやら »

函館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/44233014

この記事へのトラックバック一覧です: イラストや絵画に対する思い:

« ビンゴボンゴ | トップページ | 【PC】パソコンやらインターネットやら »