« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

イラストや絵画に対する思い

D1002437s
小4の姪っ子の絵を見て、ふと自分の小学生時代の気持ちを振り返ってみた。

幼少の頃はこの私も「市民レクリエーション大会」だったかで賞をもらったことがあるらしい。
しかし、その時に描いた絵がどんなものであったかとか、描いた時に何を考えながら描いていたかとか、そういうことはほとんど覚えていない。

何も考えずに描いていた時期の方が、いい絵が描けていたかもしれない。
あるいは。
何も考えずに描いた方が、いい絵になるような気がする。
いずれも、幻想かもしれないけれども。

何かを考え始めたり、意識し始めたりすると、純粋にいい絵は描けなくなってしまうのだ。少なくとも自分にとっては。
先述の賞をもらったのは、もう小学生になって間もない頃であったと思うから、小学生時代の大半は、絵を描く際には既にある思いに苛まれていた。
それは「あまりに現実通りに描けない」、その上で「現実をどのレベルまで落として描いたらいいのかわからない」、ということだった。

例えば、覚えているのは、市民プールの風景を描きに行った時。たぶん図工の授業、あるいは写生会で。
たぶん、子供心に、どの線までを間引いて描くべきなのかを頭の中で計算しようとして、その整理ができずにいたのだ。
さらには、手法にまで考えは及ぶ。デッサンの段階で細かなところまで描いておくべきなのか、あるいはその時点でもう色付け(当時は水彩)のことも考えた間引いた線を描いておくべきなのか…などなど。
手法はともかくとして、「どこまで描いたらいいのか」については、少なくとも先生には教わらなかった気がする。というよりは、当時はそうした思いを口にすることもできなかったし、それ以前にそうした考えに苛まれていたことすら自分自身で気付いていなかったのかもしれない。いや、気付いていたけれどもそれを表現というか質問の形にできなくてもどかしかったのかもしれない。

最近でも時々、絵を描きたいと思うことがあるのだけど、ただ純粋に描きたいという気持ちで描きたいのにそうできないのではないかという不安に襲われる。誰かに何かしらの評価をされたいとか、それでいて酷評されるのもいやだとか。
そんな周りのこと以前に、書きたいものがそもそも何なのかということが見えているのかという不安。
まぁ考えててイマイチ踏み切れない程度の思いなら、まだ描くなということなのだろう。
逆に、何も考えずにまずは筆を執ってみろ、ということなのか。

せっかく義理のお父さんが元美術の先生なのだから、今度そのへんを話してみようかな。
でも、言えるかどうかはわからないなー(^^;;;。
イラストのことは長くなりそうなのでまたの機会にm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビンゴボンゴ

やはり飲み物の名前…って思う人の方が多いだろうか。
でも自分はやはり、ユースケサンタマリアのかつて在籍したバンド…と言いたいですわ。

で、YouTube にあるかなーと思ったら、Access の映像の最後の方にちょっとだけ出てるのを発見(笑)。

ビンゴボンゴやユースケの詳細は Wikipedia あたりで調べてもらうとして。
とにかくMCの面白い人という感じで招かれたようで、今の活動の原点となっているようです。

にしても、お宝…ってほどじゃないけど、ビデオテープにならいろんな音楽番組たくさん眠ってるんだよなぁ。
岡村ちゃんのキレたダンスとかキレた表情とか…(爆)。
いずれはHDなりDVDなりに落としておきたいなぁって思ってます。
パソコンにボードか何か載せればできるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【PC】Firefox にしてみた& Netscape の終焉

Firefox01

ブラウザを Mozilla Firefox にしてみました。
結構軽いですね~。
特にダウンロード関係に軽さを感じます。

職場から含めて、Windows 3.1、95、NT 4.0、2000…などでは、がんばって? Netscape を使っていたんですが、Windows XP になってからは IE 中心でした。
で、Netscape はホームページ(HP)作成用として Composer だけ使ってたんですが、どうやら3月で Netscape のサポートが終了とのことで、後継ソフトとしての Firefox を入れてみようと。
# Netscape の終焉に、一抹の淋しさを覚えつつ。

もっとも、Firefox にはHP作成ツールは付いていないようなので、別途何かを探さなければいけないんですが。
IE からのブックマークその他諸々を引き継いでくれるということもあって、結局HP作成ツールを探すのもそこそこに、新しいブラウザを使ってみることに没頭。

その後、HP作成ツールも探しましたが、HTML Project2 と Homepage Manager っていうのをひとまずダウンロード。
ベクターでは前者が一番人気でしたが(つかベクターのサイト重すぎ)、作成者のHPがどっかに行ってしまっているようで、そのへんが今後のことを考えると不安かなと。まぁそんなこと言ってれば、Netscape だって無くなるだろって話なんですが。
後者も立ち上げてみましたが、直近でまだ用がないために試してはおりませぬ。
何かオススメのツールがありましたら、教えてくださいましm(__)m。
ちなみに、テキストエディタでもそれなりに HTML は書けるので(とはいえまるまる最初っから書き上げたことはほとんど無い)、余計なタグが入らずに、骨格はある程度作ってくれて、あとは確認しながらちょこっと修正できればいいなぁと思ってます…って、かなり贅沢な要求か(^^;;;。

----------

さっき、移行ツールで一部インポートされないブックマークのフォルダがあったな。なんでだ?
とりあえずそれを補完するために再度インポート→該当するフォルダを移動→いらないフォルダを削除→フリーズ(爆)。
再起動したら上手くいきましたので、問題なかったです、ハイm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の温泉

D1002389

D1002384

D1002386

湯の浜ホテル」に日帰り入浴してきました~。これまた入浴券を使って。

21時までしか入れないのに出発が19時過ぎになってしまい。
とはいえワタシは1時間もあれば十分なのだけど、嫁さんは長風呂派(2時間は平気なはず)なので目一杯時間を使っていましたよ。

HPの情報も織り込んで、大浴場のお風呂をご紹介。

・野性味たっぷりの岩風呂(42~43℃)
・悠々ゆったり、気分爽快の大浴場(41~42℃)(要するに普通の大きな浴槽のお風呂)
・木の香りもゆかしい桧風呂(43℃以上)
・体の芯まで揉みほぐすうたせ湯(38~39℃)
・マッサージ効果で気分スッキリバイブラバス(40~41℃)
・ぬるいお湯でのんびりリラックス寝湯
・ダイエット効果で美人をつくる蒸気風呂

(注:湯温はワタシのうろ覚えですので念のため。)

ちなみに、女風呂は海側の欲情もとい浴場。すりガラス越しですが海が見えるそうです。
男風呂(「銀河」と表記あり)は窓がない上に「寝湯」がなかったのですが、それでも6種類のお風呂。しかも湯温がそれぞれに違っていて変化が楽しめます。
個人的には桧風呂が良かったです。香りが何とも言えない。そのお風呂の周辺だけではなく、大浴場全体に桧の香りが漂っているのです。それだけでも何だかリラックスデラックス。

さて、露天風呂もあるのですが。
なんと、大浴場から着替えて行かなければいけないのです(爆)。

続けてあるいは取っ替え引っ替え入りたい人にとっては、不便この上ないのですが、ネットでは「大浴場に団体さんが多かったので、逆に静かに入れて良かった」という意見もありました。
ともかくせっかくなので両方味わわなければと、まずは大浴場を堪能してからこの露天風呂へ。
浴槽は2つ。手前の浴槽がある部屋からしてもう天井が空いていて、さらに奥の浴槽の部屋に行くと窓も開放。夜でしたが波がはっきりと見えました。
カモメなどを除けるためか網が張り巡らされてはいましたが、磯の香りも楽しめて良かったですね~。

お湯の感じは、無色透明でサラッとしているんですが、金属製の手すりのちょうど湯面に触れているあたりがかなり白くなっていて、やはり温泉成分が濃いんだろうなぁとは思いました。
露天風呂の方の成分表だけ見ましたが、「ナトリウム-塩化物泉」とありました。
自分にとっては、ちょっと肌にピリピリくるかなぁという感じでしたが、かといってそんなに刺激が強かったという印象はありませんでした。
保温効果は抜群で、翌日まで身体が火照ってる感じすらしました。

ここも、また行きたいと思う温泉の一つになりました。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »