« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

パソコンの使い方

すこ~し考えた。
時間というものは、生活する上で区切った方が便利だから設定しているもので。
本来は、太陽の浮き沈みで生活できれば、一番健康的なんだろうけど、社会という中ではなかなかそうも行かず。
そんなわけで、開店時間やら勤務時間やらを決めているわけで。

そんな中、自分の気分で、仕事とプライベートな作業とを、比較的自由にできる環境にある自分は、幸せな環境にあると言ってもいいだろう。
どちらの作業をするにあたっても、ツールとしてはパソコンなので、それぞれに飽きたら反対のものにすぐに移ることができる。
今の自分にとっては、かなり便利だな。うん。

ノートPCを手に入れて、自室にもパソコンが置かれている環境に。これもいずれ、本格的に使い始めればかなり便利に感じる気がする。もしかしたら、「置いているだけで安心♪」というだけで終わってしまうかもしれないけど、まぁそれはそれでいいか(笑)。

なわけで。
「この時間は仕事!この時間はプライベート!」
…って、あまりくっきり分けないようにしようと思った。
たぶん、自分にとっては、この方が合っているから。
また、そうすることができる環境にあるのであれば、そうさせてもらおうと思った。
いい意味で、ダラダラしようかなと。所詮、気分屋さんですから(苦笑)。

にしても。
いつまで経っても、札幌の写真集ができませんな(爆)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

またまた(起)さんの話題(&退院報告)

以前、ここで散々ニコリ(起)さんのことは書いたのですが。
今回、「IJ(アイジェイ)」(英知出版)創刊4号に、インタビューが掲載されました。
ゆるゆる感、出てるかなぁ。(起)さんがゆるゆるなだけに、インタビュアーはゆるゆるじゃない人がよかったような(笑)。写真もインタビューも、もっと欲しかった。アレ並に2万字インタビューとか。無理か。
昨年は200本近くのインタビューを受けたとか。しばらくは忙しいのかな。会いたいなぁ。放談会とかには出てほしいな。またしても「会いたい妄想」が膨らむばかり。
このまま会わないでいたら、きっと宝物になってしまいそうなもの。それは、自分が唯一ニコリにパズルを投稿した時に頂いたお返事。ちなみに投稿したパズルは「ドラえもんひみつ道具スケルトン」(笑)。それが唯一の(起)さんとのつながり。
しばらくはこの憧れを胸に抱きつつ生活していこうっと。

----------

あっ、申し遅れましたm(__)m。
入院生活から、半年ぶりに復帰です。今回は完全復帰。飯も食えるし酒も飲める。もちろん在宅点滴も終了です。むふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »