« どーもくんワールド | トップページ | 大相撲夏場所(平成十八年五月場所)十一日目 »

大相撲夏場所(平成十八年五月場所)五日目~七日目

お客さんが来るたびに見られなくなりますが(^^ゞ、それでもこれだけ見られる職場ってのは、いちファンとしては非常にありがたいことですm(__)m。

さてさて、まずは5日目から。ハイライト含め、見ることができた取組のみ書き出しておきます。

千代大海-時天空。千代大海が一気の押し…どころじゃない、突き。
突き出しというのは、本当に豪快な決まり手です(^-^)。
実は千代大海の今場所は、初日からの決まり手が、はたき込み・突き落とし・はたき込みと、ある意味での千代大海らしさをいかんなく発揮(爆)。それでも4・5日目は突き出しと、これは表側の千代大海らしさ。1~3日目は、裏側の千代大海らしさとでもいいましょうか(^^;;;。

結びの一番は、雅山-白鵬。一瞬雅山による結びの一番かと思ったけど、大関なのは今場所新大関の白鵬だったり(^^ゞ。立ち合い直後から雅山は組まれてしまいました。というか、立ち合いからなんとなくフワッとした感じで、危ないなぁと思っているうちにアッという間に土俵際。ところが、その前に出し投げがかなりいい感じで決まって白鵬は「安心してしまった(本人談)」らしく、最後は大逆転の突き落とし。雅山は「残ってるかどうか不安だったけど勝ててよかった」と満面の笑み。

6日目。

この前の取組までは見られなかったんだけど、雅山負けたのね(T_T)。

魁皇-安美錦。魁皇が安美錦の左腕を極めて、それでも寄り切ろうとする安美錦を土俵際で振り切って突き落とし。アナは「荒々しさ」なんて表現だったけど、突き落としと言うよりは「ちょこざいな」と投げ捨てたという感じで、ある意味恐かったです(^^;;;。

7日目。

安美錦-白鵬。安美錦もかなりがんばってるんですが、白鵬の「力を吸収する」というのは見ててわかりますね。ほんとに身体がやわらかいというか、不思議な感じです。それでも最後ははたき込みになってしまって本人としても納得はしてないみたいですが、なんとか1敗のままで留まりました。

旭天鵬-魁皇。それにしても今場所は魁皇の「ふてぶてしさ」がいいですな(笑)。たぶん最初に2敗してるからでしょうけど、それがかえって開き直りの材料になっているのかも。でも、なんとなくいつもこういう形じゃないと開き直れないんだよねぇこの人(^^;;;。まぁそんなわけであっさり寄り切り。意に介してませんでした。

千代大海-稀勢の里。今場所調子のいい稀勢の里。確かに前頭筆頭で4勝2敗はなかなかです。日本人力士では最も注目の若手力士、何しろまだ19歳!…良きライバルと言われる琴欧州にはすっかり水をあけられてますが、がんばってほしいところ。
ってことでこの取組。元ヤン(爆)の千代大海を、稀勢の里が睨む睨む(笑)。久々に千代大海の「おっかない」顔を見ました(^^;;;。立ち合い後。千代大海が一生懸命突っ張るんだけど、稀勢の里さすがに下がらない。その後、千代大海の悪い癖「引き」が1~2回出る。思わず「引くな~!」とTVに叫んでました(苦笑)。しかし土俵際、千代大海が俵の上でクルッと回ってよけ、稀勢の里は引き落としに遭う。俵から千代大海の足の指が出たのでは?…とも思われたが(実況も言ったほど)、物言いもなく千代大海に白星。
調べてみると、稀勢の里は土俵際の詰めが甘いらしいです。まさに猪突猛進という感じなのですな。

垣添-琴欧州。これまた前頭筆頭の垣添。長身の琴欧州にかなり低い体勢で強く当たります。小手投げで崩すと琴欧州はクルッと後ろ向き。そのまま押し出しで垣添の勝ち。6日目の結び栃東戦の勝利に続いて、連日の殊勲の勝利です。

ではまた後日m(__)m。

|

« どーもくんワールド | トップページ | 大相撲夏場所(平成十八年五月場所)十一日目 »

スポーツ」カテゴリの記事

スポーツ(大相撲)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/10048629

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲夏場所(平成十八年五月場所)五日目~七日目:

« どーもくんワールド | トップページ | 大相撲夏場所(平成十八年五月場所)十一日目 »