« 時効警察 | トップページ | 介護というほどでもないけど »

2勝1敗

野球=WBC、日本が韓国に敗れる(ロイター)
http://sports.nifty.com/cs/headline/details/reutersJAPAN-205406/1.htm

 [東京 5日 ロイター] 野球の国際大会、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は5日、東京ドームで1次リーグ2試合を行い、王貞治監督率いる日本は台湾に14―3で7回コールド勝ちを収めた。日本は韓国に2―3で逆転負けした。
 韓国は3戦全勝で1次リーグトップでの通過。日本は2勝1敗で同2位通過となった。
 日本は1回に松中(福岡ソフトバンク)の適時安打、2回に川崎(福岡ソフトバンク)のソロ本塁打で2点を先制したが、以降、韓国投手陣に封じ込まれ、逆に8回、イ・スンヨプ(読売ジャイアンツ)に逆転の2ラン本塁打を許してしまった。
 日本、米国、韓国、キューバなど16の国と地域が参加するWBCは、4チームずつの4組(A─D組)に分かれて1次リーグを行い、各組の上位2チームが米国で行われる2次リーグに進出。決勝は20日、サンディエゴのペトコ・パークで行われる。
[ロイター:2006/03/06 12:40]


とりあえずメモ的に載せておこう。
感想などはあとで追加できたら追加しますm(__)m。

----------

…あれっ?
最初の文章おかしいね(^^;;;。

|

« 時効警察 | トップページ | 介護というほどでもないけど »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。m(__)m
っていうか、もはや定期的に出現するのは無理な感じなので、
今後もこうしてたまに顔出すくらいになると思いますが・・・(^^;;

WBC、3戦とも見てきました。
とにかくイチロー人気が凄かったです。TVではよく伝わってなかったかもしれませんが
イチローが打席に立って例の決めポーズをするたびに内野の客席から凄い数のフラッシュがたかれて、
そのあまりの数の多さに外野席からおぉ~というどよめきが起こるんです。
守備位置に向かうたび、打席に立つたび、ボールにさわるたび(それがイージーフライのキャッチでも)、
ホント文字通り一挙手一投足に歓声と拍手が送られていました。
私は別にイチローを見に行ったわけではないですが、生で彼のプレイを見られたことは
よく考えてみるとすごくラッキーなんだなーと改めて感じました。
チケットかなり高くて、どうしようかなと最初は思ってたんですが、
生イチローも含めその場で見てないと感じられない事ってたくさんあるし、行ってやっぱり良かったです。

TVでしか見てなかった頃に比べると、生で見る野球って数十倍面白い。
例え応援してる側が負けても、TVで見てたら悔しさばかりが残るけど、
生観戦ならそれも和らいでしまうんですよね。
昔は応援してるチームにしか興味なくて敵の選手は憎らしい対象でしかなかったけど、
今はどの選手にも愛着が湧いて頑張れよと思うし凄い選手には素直に敬意を感じます。
野球全体への愛情が湧いてしまっている感じかな(笑)。特にプロ野球ですけどね。
熱心に見始めた年に合併騒動があって、チームが存在していることが決して当たり前じゃないんだ
ということを肌で感じたことも影響してるかもしれませんが。

なんだかWBCと関係ない話になっちゃいました。(^^;
これから他ブロックの試合も始まるし日本の2次リーグもありますが、
CSで全試合見られるので、オープン戦日程との調整が大変になりそうです(笑)。

投稿: 山猫 | 2006.03.07 02:26

山猫さん:
どうも、お久しぶりでした(^^)。

イチローの打席の時の盛り上がりは、TVでもなんとなく感じておりましたよ。イチローは以前函館にも来ていて、やはりライト側の外野席は一杯になっていた覚えがあります(^^ゞ。つか、その頃だともしかして函館にいらっしゃいましたか?!
生観戦は、TVと違って時間の経つのがすごく短い気がします。TVだとどうしても特定の選手なりにクローズアップしてしまうので、その選手に興味がないと(苦笑)その分退屈してしまうという。一瞬の話なんですけどね。その点、生観戦だと、自分の好きなところを見ていられる。好きな選手しかり、観客しかり、ビールサーバーを持ったお姉ちゃんしかり<ぉぃ。
悔しさが和らぐという点も共感できます。外野席で観ると悔しさ倍増なのかなとも思うんですが、悔しさを周りの人たちと共有できるからなのか、そんなに悔しく思わない。TVの場合、周り(特に父親)が悔しがる分、自分はなるべく悔しく思わないように気持ちを抑え込んでしまっている部分もあるんですが、その分ストレスがたまっているのかも(^^;;;。生観戦はそれをうまく発散できているのかもしれませんね。

WBC予選の結果については、まぁもちろん全勝するに越したことはないけど、負けられる試合には負けておく、という考え方もできるのかなと。TV解説の受け売りですけど(^^ゞ。
受け売りついでに、投げる方よりも打つ方のことをとある解説者は心配してましたが、自分もそう思います。投手陣は予選の失点を見ても何とか最低限こらえているので、あとはどれだけ打てるかによるのかなと。もちろん接戦であることを考えると、点を取られないようにする必要はあるけれども、それよりも打線は水物とも言うし、どっちかというとそちらの方が心配ですね(>_<)。今回のように調子の良い投手が相手に出てくると、手も足も出ないという事態になるでしょうから。

あとTVでは川﨑選手をかなり評価してましたね。攻・走・守もそうですが、全力でベンチに戻る姿にも注目してほしいと解説が言ったら、後日その姿もしっかり映してましたね(笑)。

投稿: あきおS@管理人 | 2006.03.07 12:46

函館にいた頃って野球への関心は低かったので試合見に行くってこともなかったんですよ。
イチローが日本にいた頃のプレイなんてTVでさえ全く見たこと無かったです。
生で見て思ったのは、常に体を動かしてるなーという事。
1球毎の投球の合間にも前屈やら屈伸やら必ずしていて片時もじっとしてない。
あそこまで常に動いている人は見たことがありません。あれもこだわりなんでしょうねえ。

WBC、B~Dプールの戦いも始まりましたね。
今日は朝?の3時から各プールの試合を延々見続け合間に阪神日ハムオープン戦、
その後WBC再放送、とあり得ないほど野球漬けの1日でした。
家事は夕方買い物に行っただけか(苦笑)?
明日も3時から同じようなペースで放送がありますが、出かける用事があるので
何を録画し何を再放送で見るか、頭を悩ませているところです。(^^;

見ることのできた試合で印象に残った事。
・ドミニカのオルティスおそるべし。
・メキシコも相当強そう。しかしアメリカはいったい何なんだ!
アメリカは投手力・打力はもちろん、守備も隙がなく、すごかったっす。
さすがは数多のメジャーリーガーの中から選ばれた30人。あり得ないっつ~の!って感じです(笑)。
あんなアメリカ相手に日本はどんな戦いになるのか、楽しみでもあり怖くもあり・・・。

投稿: 山猫 | 2006.03.08 21:39

イチローは、試合に出ている間はプロとしての姿を見せる、というこだわりはあるようですね。確かにWBCの中継中ベンチでの表情を見ても、スキがなかった気がします。
佐々木主浩との対談番組でイチロー本人が語ったところでは、「外野ってヒマだからいろいろ考えちゃうんですよね~」って言ってましたけど(笑)。

で、レスをサボっている間にWBCは決着が付いてしまい、しかも日本が優勝してしまったわけですが(^^;;;、このお陰で野球人気がすっかり復活した感じですね(^-^)。いいことだと思いますよ。あとは、裏方さんたちが正しい方向に動いてくれることを望むのみです。

投稿: あきおS@管理人 | 2006.03.27 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/8970281

この記事へのトラックバック一覧です: 2勝1敗:

» 日本、韓国に敗れる~WBC~ [大阪、おおさか、OSAKA]
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグ第3戦、既に2次リーグ進 [続きを読む]

受信: 2006.03.06 15:59

« 時効警察 | トップページ | 介護というほどでもないけど »