« たまごっちなお話 | トップページ | どうしても一言書きたい »

メダル予想も含めて、女子フィギュアの話

あと1ヵ月ちょっとで行われる「鳥のオリンピック」。
…もとい、「トリノ五輪」ですな(^^ゞ。
# ラジオやテレビの音だけ聞いてると、たまにそう聞こえます。え、ネタくさい?(^^;;;
さて、各競技だんだんと盛り上がってきていますが、トリノ五輪に限って言えば、やはり女子フィギュアスケートが最も注目されていると言ってもいいでしょう。
代表選出までの各試合から、かなり注目を浴びていましたからね。まぁ選考の裏事情等はいろいろあるようですけど、そのへんの内容は他のサイトに任せることにしてと。

そうそう、浅田真央の問題もありましたね。
結局は彼女を出したいか出したくないかで、意見が分かれるんだと思います。そして、その思いを自分なりに強調できる意見を付与して、反対の側への主張とするのだろうと思います。例えば、規則改正などの働きかけをしたのか?という人は、「今までの試合を見る限り現在の採点方法ならどう考えても浅田が一番金メダルに近い」という現状をもってして「是非日本に金メダルを!」という希望を満たそうとするわけです。逆に、規則だからしょうがないという人は、その規則があるという現状をもってして「別に他のメンバーで十分ぢゃん」という自分の思いの根幹を表現していると思うのです。
自分の思いは、上記の両方(カギカッコの中)なんですが、それでも「出なくてもいい」という意見です。あとで予想として書きますけど、実際今回の3人のメンバーで金メダルは難しいと思います。浅田ならきっと獲れるでしょう。金メダルを獲る確率は間違いなく増えます。もちろん、金メダルをはじめ、他のメダルを獲ることが、目的の一つでもあると言えます。参加することに意義があるってのも一つの側面ですが、参加するからにはメダルを狙いに行ってナンボです。もちろん自分の実力がどの辺かと把握することも必要ですが、試合では何があるかわからない。だから一つでも上を目指して参加するのは、選手としては必要な心構えであると自分は思っています。
そう、浅田なら確実にメダルを獲れるでしょうけど、他の3人にだって可能性はあるということです。そしてその3人だって、金メダルが無理だなんて思って出場するわけではないということです。だから自分はこれでいいと思っています。
あとこれはあくまでも個人的な意見ですが、そして浅田ファンにはかなり怒られる意見かもしれませんが(^^;;;、やはり浅田は全体的に「幼く」見えてしまうのです。高度な技を繰り出して得点を上げていくのは勝つためには必要なこと。でも、もう少しフィギュアの演技って、それなりの年齢相応の色っぽさみたいなものが必要ではないかと感じています。もちろん14~15歳くらいでも色っぽさは表現できる選手がいるかもしれませんが、浅田には自分はそうした面はあまり感じないという意見です。

ということで、最後にメダル予想です。別に当たったところで誰に褒められるわけでもないし、実際にはこれよりも上の結果であってほしいというのは言うまでもありません…それなら予想する意味があるのかという意見もありますが(笑)。
だから言うんですよ、「予想をするのはよそう」って。<ぉぃ
えーと、さっさと予想ですね。
まず、6位以内に日本人選手3人は全員入ると思います。
しかし、金メダルは難しいかな?…2位に1人、あるいは良くて1・3位か2・3位かな?…つまりメダルは1~2個と予想します。やはりスルツカヤをはじめ、外国人選手の強い選手はやはり強いと思うんです。五輪に向けては、かなり完璧に仕上げてくるでしょう。浅田が出ないという心理的余裕もあると思いますし。
かといって、日本人選手にその牙城が崩せないかというと、そうでもないと思うんです。やはり12月に向けての連戦は、特に安藤にとってはかなり辛かったと思います。そのへん時間が少し空きますので、あとは練習中のケガさえなければ、ほぼみんなが同じスタートラインに立てるのではないかと考えます。

もちろん希望は表彰台独占!…ですが(^^;;;、とりあえず現実的な予想はこんな感じでm(__)m。

|

« たまごっちなお話 | トップページ | どうしても一言書きたい »

スポーツ」カテゴリの記事

スポーツ(五輪)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/7995276

この記事へのトラックバック一覧です: メダル予想も含めて、女子フィギュアの話:

« たまごっちなお話 | トップページ | どうしても一言書きたい »