« しょこたんとドレミファドン | トップページ | 民放の扱う「命」 »

不可避

谷垣財務相「消費税の引き上げ不可避」…NYで講演(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20060110i103.htm

 【ニューヨーク=湯本浩司】谷垣財務相は9日午後(日本時間10日未明)ニューヨーク市内で講演し、日本経済の最大の課題は財政再建だとして、「今年半ばを目途に示す歳出歳入一体改革で、消費税を含む税制全体の改革について国民的な議論を深めていくことが必要だ」と述べ、消費税率の引き上げが不可避との考えを強調した。
 消費税率引き上げを巡って、谷垣財務相は、自民党の中川政調会長や竹中総務相から「増税論議より歳出削減が先」との批判を浴びている。
 谷垣財務相は講演後、記者団に「消費税(率の引き上げ)は必要ないと言っている人は、(財政再建を)まじめに考えているのかという反応もある。多くの国民は消費税を避けて通れないと思っており、あいまいにしていては政治家として信用されない」と述べ、暗に中川政調会長らを批判した。
 一方、谷垣財務相は講演後の聴衆との質疑応答で、日本のデフレ脱却について「おそらく今年中にデフレを克服できるのではないか」と述べ、財務相として初めて具体的な脱却時期に言及した。
 谷垣財務相は講演で、「日本経済はよみがえった。日本の景気回復の特色は、民間需要主導であることだ。小泉内閣が取り組んできた金融、規制、税制、歳出の構造改革の成果だ」と、日本経済の復活もアピールした。
[読売新聞社:2006年01月10日 10時56分]


個人的には、消費税は上がっても構わない派なんですが。支払う立場よりもむしろ小売の立場としては、レジやら値札やらを直さなければいけないのが大変だなぁって思うくらいで。

むしろ気になるのは、「消費税の引き上げ不可避」というニュースの見出し…というよりは「不可避」という言葉。
要は「避けられない」ってこと→(いずれは)必要、ってことを言いたいわけだ。
それを「不」という否定の文字で、ちょっと判断を難しくしている。
もちろん、不可避という言葉を常用している人なら、即座に判断はできると思う。ただそういう人であっても、「一見した時点では」コンマ数秒でも肯定的な言葉を見るよりは速い判断がしにくいのではないかと思う。
単にその発言した人の口癖である可能性が大きいけれども、政治家っぽい発言だなぁという印象も非常に強く垣間見える言葉だなぁと、ちょっと思ったのでした。

…以上、なるべく「否定の連続」の形を使わずに書いてみました(^^ゞ。
目や耳から継続的に入ってくる言葉って、つい使ってしまうから恐いです。

|

« しょこたんとドレミファドン | トップページ | 民放の扱う「命」 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/8093425

この記事へのトラックバック一覧です: 不可避:

« しょこたんとドレミファドン | トップページ | 民放の扱う「命」 »