« 東宝閉館とデート | トップページ | たまごっちなお話 »

あけおめ&ごぶさた

どうも、長い間放置してしまってすみませんでした(^^ゞ。

12月はずっと体調が悪く(T_T)、職場にもかなり迷惑をかけてしまいました。
# その割には12日に書いてるな…不思議だ(笑)。

状況としてはまず、11月末あたりから風邪の症状として咳が出てきました。
その後は、

・定期通院時に内科の主治医に風邪薬を処方してもらうがほとんど変わらず。
(特に咳止めを飲むと余計に悪化→マスク着用すれば良かったのだが)
・12月に入って風邪薬が切れてからは、市販の風邪薬で対処したがやはり変わらず。
(乾燥対策として、電気ストーブ使用から、灯油ストーブ+蒸発皿使用に変えれば良かったのだが、ちょっとその対処が遅れる)
・そのうちに急性胃腸炎となり、徐々に食欲が無くなる。
その兆候があった時には、朝ご飯を流動食系にするなど対処したが、時すでに遅かったらしい。
・あまりに下腹部が痛むので、耐えきれずに主治医の診察日の1週間前に病院へ。
そこで抗生物質の錠剤を処方される。しかし、その薬が強いせいなのか単に病状が悪化したことに対処できなかったのか、結局ほとんど食事ができなくなる。一番体重が減った時で64kg(普段は69kg~72kg)。
・食事を取れずに3~4日してようやく主治医の診察日。
「点滴が必要では」と言うと「全くその通りです」ということで、その日からブドウ糖+抗生物質の2本組で点滴を毎日することに。そこから2~3日してようやく食事ができるようになってくる。
結局持病の潰瘍性大腸炎の方も悪化していたらしい。
・点滴は抗生物質ということで1週間で終了。完治ではないが食べられるということでとりあえず1週間様子見でその後主治医の診察予定。
しばらくまともに食事していなかったので、1回の食事量が少なくなってしまった。そのため、1日の食事回数が一時的に4回になる。
念のため処方された痛み止めの頓服薬を初日に早速使ってしまうが、それで胃を痛める(T_T)。その後は頓服に頼らず、1日4回の食事全ての食後に胃腸の薬を飲むようにする。
なんとかクリスマスまでには食事もできるようになり、念願のクリスマスケーキも食べることができた。しかし飲み屋へのお出かけは、夜寒いこともあってこの時点では年内は自粛することにする。
・大晦日数日前になって飲み仲間に誘われる。何とかOK。これにより、家族による年末の年取りも元旦恒例の飲み会も何とか無事終了。
・今日はなぜか胃が痛い(爆)。

…という感じでした。

今回の風邪は胃腸に来ます…って、ここ数年そのような気もしますが。
インフルエンザも流行しそうだということで、皆さんくれぐれもご注意下さいませ。うがい手洗いは必須です。

|

« 東宝閉館とデート | トップページ | たまごっちなお話 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/7963775

この記事へのトラックバック一覧です: あけおめ&ごぶさた:

« 東宝閉館とデート | トップページ | たまごっちなお話 »