« 民放の扱う「命」 | トップページ | 大相撲初場所十二日目 »

いつの魔に

ライブドア粉飾指示、1億円付け替えで子会社黒字に(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20060117i206.htm

 インターネット関連企業「ライブドア」の関連会社「バリュークリックジャパン」(現ライブドアマーケティング)が2004年1~9月の決算で、ライブドアの別の子会社の預金1億円を自社の売り上げに付け替え、実際は赤字だったのに黒字に粉飾していたことが、関係者の話で分かった。
 このウソの決算発表は、16日に始まった証券取引法違反(風説の流布)の捜索容疑となっている。粉飾工作は、ライブドア本社がメールで指示していた。
 東京地検特捜部と証券取引等監視委員会もメールのデータなどを入手しており、誰が関与したかなど具体的な指示の経緯を調べている。
 関係者によると、旧バリュー社(04年3月に子会社、現在は関連会社)の粉飾決算に利用されたのは、ライブドアが完全子会社化すると04年9月3日に発表した結婚仲介サイト運営会社「キューズ・ネット」。同社の全株式を保有する「JMAMサルベージ1号投資事業組合」とライブドアの間で、同年10月12日に株式の交換が行われ、ライブドアの傘下に入った。
 バリュー社は同年9月、株式交換が実行されていないために正式にはライブドアの子会社になっていなかったキューズ社の預金約1億円を、バリュー社の売り上げとして付け替え、売上高や経常利益などを水増しして計上。実際は赤字だったバリュー社の決算を黒字に粉飾した。
 その上で、バリュー社は同年11月12日、1~9月の売上高を7億5900万円、経常利益を7200万円などとするウソの発表をしていた。一連の粉飾工作について、関係者は「バリュー社の株価を上げるためだった」と指摘している。
[読売新聞社:2006年01月17日 15時01分]


「いつの間に」って書くつもりが、タイトルのように変換されたので、そのまま採用(^^ゞ。
バリュークリックって、ホームページが広まりだした頃からありましたよね。
なんかここ1年くらいって、気がついたら何でもライブドアなり楽天なりの傘下になっている企業が多くて、なんというか空恐ろしくなります。
にしても、やはりマネーゲームの渦中にいる会社なり人なりって…この先は言わないでおこうm(__)m。

|

« 民放の扱う「命」 | トップページ | 大相撲初場所十二日目 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/8204928

この記事へのトラックバック一覧です: いつの魔に:

« 民放の扱う「命」 | トップページ | 大相撲初場所十二日目 »