« なんなんだ…? | トップページ | 占い好きですみません »

また人騒がせ

放火のNHK記者、今春に言動一変…大声、酒量増える(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20051107i105.htm

 放火未遂容疑で逮捕され、大津市での連続11件の放火事件を認める供述をしたNHK大津放送局記者、笠松裕史容疑者(24)(休職中)が滋賀、大阪両県府警の合同捜査本部の調べに対し、「仕事にやる気がなくなり、自暴自棄になった」などと供述していることが7日、わかった。
 今年春ごろから大声を上げたり、上司を批判する姿が目撃され、8件の連続放火が確認された5月15日の犯行直前には同市内の飲食店数軒で、酒を飲んでいたことも判明した。捜査本部は、事件の背景に仕事の悩みなどがあったとみて詳しい動機の解明を急ぐ。
 調べなどによると、笠松容疑者は昨年5月、新人記者として同放送局に配属され、警察を担当した。上司から厳しく指導されたが、当初は、周囲の励ましに「頑張るしかない」と答え、前向きだったという。
 しかし、今年3月ごろから言動が一変。県警記者室で大声を上げたり、机やいすをけるなどの行動が目立つようになった。「納得できん」などと仕事への不満をつぶやく回数も増え、陰で上司の名前を呼び捨てにするなど、反抗的になった。
 また、このころから飲酒量が増え、当時、住んでいた同市内のマンション周辺のスナックなどを飲み歩く姿がしばしば目撃されていた。
[読売新聞社:2005年11月07日 14時46分]

最近、こういう人、多いなぁ…。自分勝手というか。
仕事に真剣に向き合ってない…というか、向き合うことができないんでしょうね。

また夕刊フジも引用しちゃう(笑)。長いけど削らずに載せちゃうか。

NHK放火記者の呆れたハレンチHP(夕刊フジ)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__fuji_320051107021.htm

 滋賀、大阪両府県の連続放火事件を認めたNHK大津放送局記者、笠松裕史容疑者(24)。実は学生時代、ネット上のHPに「●●●はトマホーク級」「すぐにやりたがります」などと、下半身が燃え上がるさまを堂々と公開していたことが7日、分かった。先輩からの猛烈な“教育”も犯行のきっかけとして浮上する一方、酒を飲むと「故障します」と自ら宣言していた。NHKの“炎上”記者、アホ丸出しHPの中身とは-。
 笠松容疑者は、実家周辺でトップレベルという大阪府立岸和田高校を卒業。その後、立命館アジア太平洋大(大分県別府市)に進学した。
 平成14年ごろ「笠松ワールド」なるHPを開設。笠松容疑者は身長172センチ、体重64キロと事細かに記述し、「特性」として「たまに発狂?して旅に出ます」「一人にすると三秒で故障する場合があります」と自らキレやすい性格だったことをほのめかしている。失恋するごとに旅に出る傾向があるらしく、韓国、フィリピン、カンボジア、タイ、東ティモールで撮影した写真を掲載している。
 このほか、笠松容疑者が友人のHPに寄稿した自身の紹介文によると「決して二人きりで飲むのはやめて下さい。(口が上手いです)」「一度に焼酎1本を飲まさないで下さい。暴れだします。夜の笠松は危険度5です」と自ら酒癖が悪いことを暴露する。
 HPでは「経験豊富。恋愛偏差値62.5」「自転車でどこへでも行きます(愛が燃料)」とおバカな表現。さらに「標準装備」は「トマホーク」で「●●●はトマホーク級」(原文のまま)。極め付きは「あまりフェロモン出さないで下さい。すぐにやりたがります」と、下半身も“可燃性”だったようだ。
 そんな笠松容疑者は昨年4月にNHKへ入局。5月に大津放送局に配属され、県警・司法担当記者となる。
 「県警本部の記者クラブは大部屋なので、他社の記者10人ぐらいが集まる中で怒鳴られることもあった。笠松記者が『警察が教えてくれない』と報告したら、先輩記者は『それを調べてくるのがお前の仕事だろ』と罵声(ばせい)を浴びせることも。その間、彼は直立不動で目に涙を浮かべながら、再取材に走り出すこともありました」(地元記者)
 仕事ができない笠松容疑者だが、HPには「仕事中の笠松は別人ですのでいつものノリで話すのはやめて下さい。殺されます」と自意識過剰な記述も存在する。
 記者仲間と飲みに行った際には「(先輩記者が)怒るために怒っている」と不満を漏らしていた。酒が好きで、一人でもよく飲みに出かけていた。スナックでは歌謡曲や「六甲おろし」などを歌っていたが、今春ごろからは「仕事で悩み、酒量が増えた」などと漏らしていたという。
 一方、岸和田市の笠松容疑者が育った実家の近くに住む住民によると、笠松容疑者は祖父母と両親、妹の6人家族。父親は地元・だんじり祭の世話人を務め、その影響を受け、笠松容疑者も中学時代まで参加するなど活発な少年だったという。
 大津市の連続放火があった5月中旬、体調不良を理由に傷病休暇と休職に入ってからは、実家に戻っていたが、父親のすすめもあり、心療関係の病院での入退院を繰り返していた。しかし、一時退院中に、岸和田市内で放火事件を起こし、逮捕された。
[産経新聞社:2005年11月07日 17時25分]

わがままを放っておいた親の責任かな、これも。
でもまだ親が病院に行かせてるからなぁ。まぁそのへんまでは読み取れませんけど。

にしても、こうして見るとHPなんぞはオ■ニーみたいなもんです。
身内にも見せられる健全なHPを作りましょう…なんて、自分にはムリです(笑)。
これがネットの世界だもん、しょうがないよね(^^ゞ。

はい、ちゃんと情報発信の場として利用致しま~す(^_^)/。

|

« なんなんだ…? | トップページ | 占い好きですみません »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/6948018

この記事へのトラックバック一覧です: また人騒がせ:

» 記者クラブの弊害 [鉄人ママの社長ブログ]
日刊ゲンダイにNHK大津局の記者が起こした連続放火の捜査についての疑惑を報道 [続きを読む]

受信: 2005.11.08 18:57

» NHK記者 放火で逮捕 [LARGO DRIVE(ラルゴドライブ)]
NHKがまたやらかしました。今度は現役の記者が放火容疑で逮捕です( ̄Д ̄;;何でも自分で放火しておいて、いち早く現場で取材をしていたそうです。アホか!!と言いたくなりますね。これで、死者が出てたりしたらどうするつもりだったんでしょうか?いい加減にして欲しいで...... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 22:25

» 「風のハルカ」とNHK記者放火事件 [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
森山良子の息子さん、そんなイメージしかない森山直太朗「風花」で始まるNHK朝の連続テレビ小説「風のハルカ」。 [続きを読む]

受信: 2005.11.26 19:44

« なんなんだ…? | トップページ | 占い好きですみません »