« 『世界に一冊だけの本展』 | トップページ | 『師走の夜市』 »

心の時代

いわゆる「超常現象」を信じますか?…と、頭ごなしに言われると、
「見たら信じるけどね」と答えるけど、本心ではあまり本気では答えていない。

でも、もし何かが起きたり見えたりした場合に、それに何か理由があるのであれば、自分はきっとすんなりと受け入れることはできると思う。
例えば、幽霊だ何だというと、ただ「恐いもの」などという感じになってしまうけど、もし「正しく供養していないから」などと言われてそれが事実であれば、それが理由で出ていたのだろうし、供養すれば消えるのだろうな、という認識ではいる。

今世紀は「心の時代」とも言うようだし、あとはインチキ祈祷師みたいなのに気をつけて(笑)、心を見つめることをまさに言葉通り「心がける」ようにすれば、案外自然体で生きていけるのかもしれない。

そいや江原啓之の番組って見たことがなかったんだけど、今回初めて見てみたら、なかなか面白いかも。興味深いことをいろいろ話していました。何よりも、彼を見ているだけでも癒されますね(^^)。
細木数子のもそうだけど、やはり最終的には心について語っているということ、そして心を大事にしなさいということを、言ってるんだなって思います。

|

« 『世界に一冊だけの本展』 | トップページ | 『師走の夜市』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/7327687

この記事へのトラックバック一覧です: 心の時代:

« 『世界に一冊だけの本展』 | トップページ | 『師走の夜市』 »