« 元木引退 | トップページ | 【病気】最近の調子 »

献血

献血後、転倒し死亡=めまいや失神、周知徹底へ-日赤(時事通信)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__jiji_07X311KIJ.htm

 日本赤十字社は7日、東京都内で献血した30代男性が採血後にトイレで転倒し、頭部外傷で死亡したと発表した。不安や緊張が引き金になる「血管迷走神経反応(VVR)」でめまいや失神を起こしたとみられる。
 同社は、採血後は十分休憩することや、転落の危険のある所に立たないなどの注意事項を改めて献血者に徹底するとともに、VVRの発生原因や対応策に関する検討会を設置する。 
[時事通信社:2005年10月07日 22時11分]

そういうこともあるんですねぇ。

献血初体験は高校生の時、だったはず。
それからしばらくステロイド剤を服用していたので、献血してませんでした。
その後一度アキバでやったんですが、さらにしばらくやめてました。
実家に戻ってからは、店の方の町内会か何かの勧めでやったのかな。
それ以降も、クスリの数が増えたので、遠慮してます。

献血がとっても好きって人も、いますよね。高校の同級生にもいたなぁ。
ここ見てたら…まだやってるんですかね?何回になった?聞きたい(^^)。

健康体のうちに、もっと血を献げておくべきだったかなぁ。

----------

昔は「売血」ってのがあったって知ったのは、いつだったか。

▼日本赤十字HP「よくあるQ&A」より:
http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html

Q:献血を赤十字が行っているのはなぜですか?
A:我が国の血液事業は、買(売)血方式から始まりました。その後、献血も始まりましたが、商業血液銀行の発展は目覚ましく、買血による輸血用血液は質が低く、輸血後の肝炎の続発、頻回献血者の健康悪化が問題となりました。また、肉体の一部である血液を売買して営利の対象としていたために、血液事業の在り方が社会の批判を浴びるところとなりました。
 このことから、政府は倫理面と安全性の確保の面から買血依存の弊害を避け、血液事業の正常化を図るため、1964年(昭和39年)8月の閣議で輸血用血液は献血によってのみ確保することを決定しました。その結果、国や地方公共団体は、献血思想の普及と献血者の組識化を図り、日本赤十字社は献血の受入れを行うこととなり、現在に至っています。
 日本赤十字社および各国赤十字は、人間の尊厳を守るため、無償の原則に基づき血液事業を推進することが大切だと考えています。

Q:献血すると記念品がもらえるのですか?
A:日本赤十字社は、献血者の善意に報いるため、わが国の社会通念の中で感謝の気持ちを表す品を、献血の記念品として提供しています。
2002年(平成14年)8月31日に、「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」(新しい血液法)において有料での採血等の禁止する部分と、その罰則にかかる部分が施行されました。
 日本赤十字社としては、国内はもとより海外の血液製剤メーカー「血漿たん白製剤協会(PPTA)」等から、日本における献血者の無償の善意が傷つけられたり、無償ということをいささかなりとも疑われることがあってはならないので、有料採血禁止規定の施行に伴い、今後、売血ともとられかねない処遇や、物品の提供により、国内の献血者の貴い気持ちが傷つけられる様な行為は、一切行わないことと致しました。

元気な人なら、お金に困ったら血を売りに走りたくもなるよなぁ…などとボーッと考えたりしてました。
戦争直後って、どんな感じだったんだろうって、想像するにつけ。

|

« 元木引退 | トップページ | 【病気】最近の調子 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
なんか体調が悪くて辛そうですね。
原因がハッキリしない病気と言うのは本当に厄介なものです。
私など、見た目が丈夫そうだからいつも健康だと誤解されておりますが、正直なところ難病手帳に手が届く範囲にいるようです。
イイか悪いかはともかく、全部の症状が揃っていないので今は様子を見ていましょうと言う事で、半年に1回くらいは血液検査をしましょうということですんでいます。
そういえば、ここ2~3年すっぽかしているので、それほど切羽詰った症状が出ていないと言う事なんでしょうね。(^^ゞ
それでも、毎年この時期あたりから手足の硬直が始まるのですが、今年は暖かいとみえてまだ大丈夫のようです。
水道の水もそれほど冷たくないらしく、手から感覚が無くなる事も無いみたいだし。
棺おけに入るまで、このまま症状がおとなしくしていてくれると病院通いをしなくて済むんですよね。
中々時間も無いし。
本音を言えば、行けない・・・、行きたくないですね。
あれ?つられて病気話をカキコしちゃった。
ご免なチャイナ服

投稿: ヤママル | 2005.10.08 22:54

手足の硬直ですか。それもまた大変ですね(>_<)。
特に手が思うように動かないと、仕事もそうですが、それ以外のことも何もしたくなくなっちゃいますよね。
なんとか手が動くから、こうしてカタカタとキーボードも打っていられるわけですし。
手がダメになった時には他の方法を探すでしょうけど、今では手書きよりも早くなってしまっているので、かなり不便になりそうです。

病院がイヤなのはしょうがないですよ。雰囲気、匂い…あと、待たされるのとか諸々の面がありますから。
通わないに越したことはないですけど、危ないと思った時に行く勇気があるかどうか、そして周りにもそれがあるかどうかですね。
とにもかくにも、健康第一だと思う今日この頃ですm(__)m。

投稿: あきおS@管理人 | 2005.10.09 00:45

こんばんは!
献血の話ですよね
先日 本町の丸井のとなりのパーキングで献血者が来ていました
あいにく私は行ったのですが
薬を飲んでいたので断念しました
帰りにジュースをもらって帰ってきました
献血センターの場所を聞いたのですが
難しそうでした献血はその前に1月に札幌でやりました
このときは200ミリリットルでした
確かこのころは400ミリリットルを
という話をしていたと思いました
でもヘモグロビンの値がちょっと足りませんでした
最初は咬交のころ
友達がやっていたのでやってみました
でも具合は悪くなりますよ
取られた後にめまいがしていたんですよ
少し休んでからだったから良くなったけどね
それではまた

投稿: ロイヤルブレンド | 2005.10.15 00:06

確かに函館の献血センターは、場所がわかりにくいですね(>_<)。
日乃出町にあるので、本町から歩いて行くにはちょっと遠いです。
バスで行くにしても(6系統)駅前から海岸線を通って日吉方面に行くので、
本町あたりを通らないんですよね。
レクサのサッポロドラッグ前で降りて歩く手もありますけど、
やっぱりちょっと距離はあるし説明もしにくいです。

車で来て下さいっていう仕様なのかしら?
帰りに運転していくってのも、かなり危ない気がするんですけど(^^ゞ。
まぁだからこそ、献血車が出てるんだと思いますけどね。

投稿: あきおS@管理人 | 2005.10.17 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/6300354

この記事へのトラックバック一覧です: 献血:

» 献血直後転倒、頭打ち37歳男性死亡…約70回既献血 [renkon.jp]
 献血直後転倒、頭打ち37歳男性死亡…約70回既献血、献血ってこんなリスクもあるんですね。自分も一度献血後ふらついて、そのときはほんと直後だったのでそのままベッドで横になって休んだことがあります。そうゆう自分ももうすぐ献血70回。回数には関係ないですけど... [続きを読む]

受信: 2005.10.08 22:17

« 元木引退 | トップページ | 【病気】最近の調子 »