« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

TVなんて

フジ「めざましテレビ」やらせ発覚(スポニチ)
http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=tt__sponichi_kfuln20050909050&csvname=946780825

 「めざまし調査隊」は、視聴者の不思議な体験や出来事などをリポートするコーナー。今年4月、都内の公園で1人で花見をしていた女性を紹介。去年の花見の時期にふられた恋人に1年ぶりに電話した様子などを放送した。しかし、この女性には男性ディレクターが事前に出演を依頼。女性に失恋の事実もなかった。
 このエピソードを一緒に取材した番組スタッフらが「ディレクターの取材方法に問題があるのではないか」と先週になって指摘。局側が調査して発覚した。スタッフらは「女性の様子がおかしい」「出来過ぎ」などと感じていたという。
 男性ディレクターは30代前半。同局の調査に対し、他にも04年5月と7月に計2件の過剰演出があったことを認めた。02年3月から番組にかかわっており、担当した同コーナーは約100本。同局では他にもやらせがなかったか調査する。
 「めざまし調査隊」は94年の番組スタート当初から続いてきた人気コーナー。男性を含め7人のディレクターが企画を持ち込み、プロデューサーが採用するかどうかを決めていた。同局は男性ディレクターとの契約を解除したほか「めざまし調査隊」を7日放送分で打ち切りに。8日付で太田英昭・取締役情報制作局長を減俸、西渕憲司・情報制作センター室長ら2人を減給処分にした。
 同局の遠藤龍之介広報部長は「やらせとは本質的な部分にうそがあること。今回は本質的な部分でうそがあった。視聴者の信頼を損ねており、今後は番組制作者の放送倫理を高めていく」と話した。9日の番組内で、司会の大塚範一キャスターと高島彩アナウンサーが視聴者に謝罪するという。 
[スポニチ:2005年09月09日06時16分]

「プロジェクトX」終了へ、さらなる改革挑戦(スポニチ)       
http://sports.nifty.com/headline/entertainment/entertainment_sponichi_kfuln20050923027.htm

 NHKがドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち」を来春にも終了する方向で検討していることが、22日分かった。NHKが改革姿勢を打ち出すため、取り組んでいる大幅な番組見直しの一環。NHK幹部は「“プロジェクトX”は5年以上続いた。番組は替えていかなければいけない」と話している。NHKによると、同番組は00年3月に放送開始。無名の人々が困難を乗り越え、大きな目標を達成していく姿をドキュメンタリーとして描き、人気を得た。最近は、大阪府立淀川工業高校を取り上げた回で事実確認が不十分だったとして、NHKが同校に謝罪。制作現場からは「取り上げる対象がなくなってきた」などを理由に放送終了を訴える声も上がっていた。
[スポニチ:2005/09/23 17:36]

最近の自分の、テレビというマスコミへの見方というのは、
・所詮「やらせ」が「いくらかは」絡んでいる世界なんだな
…っていうこと。

そういう意味では、プロジェクトXでの問題は、まぁNHKでさえも…という印象だった。
フジの方は、まぁこれもフジだから…なんて思ったり(^^;;;。

特に、芸能人が「出没」する番組は、ほとんど「本気では」作っていないと思っていいでしょうね。
最近体験したとあるイベントにおいてもそうだったらしいんですが、やはり危険を伴ったり体力が必要だったりするものについては、それなりの地位の芸能人は結局本気では取り組まないようです。もっとも、落ちぶれた人やこれから這い上がろうとする人は、自ら首を突っ込むんでしょうけど(^^ゞ。
いや、それが悪いというのではありません。結局テレビの番組。芸能の世界ってのは、そういうもんだということです。
何かのきっかけで、些細な作為でも見つけた時点から、そういう見方をしていくものですし、それでいいのだと思います。

まぁでも、作為はまだしも、ウソはいけませんな。舌抜かれますわよ。

----------

プロジェクトXについては、美談過ぎるなどの批判も最近はあったようですね。
でも自分の感想としては、やはり番組としては面白かったなぁと思います。
時間が経つにつれて、ゲストの涙を何とかして撮ろうとする姿勢には、ちょっと嫌気が差しましたが(^^ゞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダジャレ・その8

いや、ネタが無くてサボっていたわけではないのですよ(^^ゞ。
いくつか別の話題を挟みながら…と思っていたので。

ってことで。
最近我が家でよく見ている番組が「田舎に泊まろう」。
やらせなしってのが、楽しい反面ハラハラしますね(^^;。

ってことで、それ関連?で。

【No.00008】民家に入ってみんか?

んだばm(__)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

選挙一考

いろいろ語ればきりがないんですが、比較的素朴な意見を中心に。

・選挙の方法って、受かった人たちが決めていいの?
受かった人たちが決めるんだったら、自分や自分たちの党が議席を守れるような制度を作ってしまう気がするんだけど。
とはいえ、じゃあ第三者が作って、ほんとに客観的に公平な制度が作れるのかと言えば、疑問ですが。
要するに、民意がなるべく正確に反映される制度であればいいんですが、そのへんの定義もまた。

・比例制度ってどうなのよ?
一見、合理的に見えなくもない制度ですけど、上位の人はほぼ間違いなく受かる、下位の人はまず間違いなく受からない、
この予定調和的な制度も、どうかと思いますね。
さらには、小選挙区比例併用なんてことになって、小選挙区でこの人がイヤだからあの人に入れたのに、
あの人は結局比例で拾われてる…なんてことが多数。
これは、民意の反映といえるのかしら?
小選挙区なんて、せいぜい3~4人の争いなんだから(その中で共■党はまず受からないんだから(^^;;;)、せめて別にしてほしいよねぇ。
まぁ共■党のように「確かな野党」あたりは、この制度がないと大変だろうけど(^^;;;、大きめの政党は明らかにこれを利用しているようにしか見えません。「この人は入れておきたい」って人を上位にしておけばいいんですから。
その一方で、比例には登録されずに小選挙区で落ちた方を見ていると、党から見捨てられたのかしら?…なんてかえって気の毒な感情を抱いてしまいます(^^;;;。結局は、党のその時の方針で、こういう面子で固めたいんだという意思表示なんだろうから、それはそれで一つの形なんでしょうけどね。

・棄権なのか、単なる無投票なのか
よく聞く意見として、「誰にも入れる人がいない」という、「投票しない」という票とは別の「棄権票」といった制度は導入できないものか、というものがあります。
実際、自分の周りにも棄権された方がいました。
自分の住んでいるところは、該当する県内(ぶっちゃけ「道内」ですけど(笑))で、もっとも投票率の低い市でして。そもそも北海道(カミングアウトしてるよ(笑))自体、かつては社会党、現在は民主党と、比較的革新系が強い地域です。さらに自分の地元は、今までに逮捕者を数人出している由緒ある(違)地区でして、そのへんもあって革新系が強いんでしょうか。あるいは、組織力で押す自民党に乗っかる組織自体の地盤も緩いのかもしれません。
とはいえ、ムネムネに対する愛着も未だ残っており、現に今回比例にて当選しています。いずれにしても、ちょっとばかり意識がフラフラしている地域であるということは言えそうです。
ウチの地元の投票率の低さは、単に選挙自体に興味がないのかとも思っていました。ただ、こうして身近な人に「棄権した」という事実を見ると、案外「選びようがない」という見方をしているのかも、とも思うようになってきました。あるいは以前逮捕者が出たことで「裏切られた」「信用ならない」という思いがあるのかもしれません。
なお、棄権された方が、単に投票自体しなかったのか、白紙を投票したのか、それは不明です。

なんか、長々書いていたら他の項目忘れてしまった…すみません。
他に思い浮かんだら、また別の日に書きますm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に芸能系のお話

まぁこの歳になって(爆)、アイドルカレンダーなるものを毎年2~3本ずつ買っているわけです。
# 今年は4本でしたが(爆)。

宮沢りえ広末涼子といったメジャーな方々は、メジャーになった時点で冷めるわけで。
要するに、追いかけ甲斐がないというか。まぁいつでも見られるからいいやという。
いや、出た当初は、そりゃもう熱狂しましたけどね(^^;;;。
さらにはレアものの価値なんかはグーンと上がって、すっかり高嶺の花に。
だから追いかけなかった…なんてわけではないんです。

ウチの家族に言われるのは、「非常に面食い」だということ(爆)。
そう言われればそうかもしれないですけどね…。
だから、宮沢りえや広末涼子でさえ、自分的には「完璧な人」ではなかったのです。

最初に出会った、自分にとって「完璧な人」は、三田寛子
ことあるたびに名前を出していますが、なかなかこう思い切って言える名前ではなかったりもして(^^;;;。
その次は、中江有里でしょうかねぇ。かなりハマりましたが。…今は、脚本家でもあるのね(^^;;;。
あとは、藤崎奈々子も好きでした。この方はキャラクターも含めて。ウリナリなんかも見てましたね。
ここ最近は、小西真奈美にハマりかけましたが、じゃあドラマを追いかけてるかというと、そうでもない。
追いかけて見たのは…(初期の)プッチモニ?(笑)…それは見かけではないからな(^^;;;。義務義務(爆)。
麻生久美子大谷みつほ(今は允保か)も、常に追いかけている人ではあります。

そんな中、最近ふと思い出したのが、元uhb高田英子アナ。
めざましテレビにも1週間代役で出たことがあるくらいの、かわいらしさの持ち主でした。
しゃべりの方はというと…そーんなに上手くはないんですが(爆)、それがまたいいんですわ(^^ゞ。
今はもうアナウンサーの職を退いていますが、
数年間のアナウンサー活動は、いつまでも我々ファンの胸の中に残るのでありますm(__)m。

最後にラジオっ子的なコメントをば。
初めて声で惚れた人はFMいるかの元アナである相庭(旧姓:尾山)美華さま。
現役さんで声が好きなのは、STV室田智美アナかな。
あと、FMいるかの女子アナはみんな個性的で好きですね~。
いるかのことはまた別の機会に書きますね(^^)。

そんなトコでごわすm(__)m。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【病気】病気やケガを抱えた皆さんへ

テレビなんかを見ていると、いろんな病気があるもんだなぁ、と思います。
それでひどく悩んでしまう人もいれば、それでも明るく立ち向かおうという人もいます。

例えば「骨折した」とか「糖尿になっちゃった」とか「痛風といわれた」とか、
いろいろ一般的に言う病名や症状で、世間話的な話をすることはあるけれども、
案外深い話…というか、現実的な話って、あまりしない気がするんです。

身近な人が見るとちょっと心配になっちゃうかもしれませんが、
まったく知らない人であれば、病気やケガに対して実際どのような生活をしているのかを書けば、
もしかしたら興味深く読んでくれるのかもしれないと思い、このカテゴリーを作成してみました。
場合によっては別ブログにするかもしれません。

あくまでも「病気やケガと、日常生活の中でこういう付き合い方をしている」ということを目的とします。
「その病気には○○がいいよ」「あの病院はやめた方がいい」「このクスリは効く」
という方向には持って行かないようにします。
たぶん、そうしたサイトはいくらでもあると思いますので(^^;;;。

どんな感じか、まずは自分のことを書いてみますね。

----------

自分は今、特定疾患(いわゆる難病)として、「潰瘍性大腸炎」を抱えています。
特定疾患と言うだけあって、現在完治するための治療法が確立していません。
そのため、研究材料になるのと引き替えに、治療費が国から補助されます。
申請には、医師の診断書や誓約書などの書類が必要ですけどね。

特定疾患によっては、日常生活が困難なものもありますが、
幸い自分の病気そして症状の程度は、何とか日常生活には支障のないものです。

それでも、その病気がひどい時には、トイレに行く回数が半端ではありませんでした。
要するに便がいつも非常にゆるいのです。
一時的なものであればいいんですが、普段から毎回ゆるいんです。
また、通常は1~2回の食事につき1回、大の方をすれば済むかと思いますが、
この病気がひどい場合、1回の食事につき2~3回はトイレに走ります。
そして、あまりにゆるい(要するに水っぽい)ので、場合によっては我慢ができず、
汚い話ですが、トイレに間に合わなくて下着を汚してしまうこともしばしばでした。

さらに目に見える症状としては、体重が減ったこと。
知っている方であれば、一時やせ気味の自分を見たことがあるかもしれません。
食欲はあるんだけど、何しろすぐ出てくるので(笑)、
ほんとに栄養になってるのかしら、という心配までありました。
通常70~72kgあった体重が、何もせずに66~68kgまでになりましたから。

今は、ペンタサ錠という薬を中心に、投薬による治療を行っています。
良化したら、さすがに太ってきましたが(笑)。
特に「どうしたら良くなる」という指導がないのも、特定疾患たるゆえんでしょうか。
それでも、お友達から「根菜を多く食べると良い」と聞いたので、一時期はそれを多めに食べてました。
また、野菜不足なのかも、ということで、野菜をおいしく食べられる料理法の本を買ったり。
ただ、実家なので、食べ物をなかなか自分に合わせられないのも難しいところ。
食事療法がいいということがわかれば、もうちょっと協力も得られるんでしょうけど。

今でも、どの時に体調がいいのか悪いのか、なかなかつかめずにいます。
身体にはいいようなので、なるべく午後7時前に夕食を済ませるようにはしてますが。
朝まで酒を飲むことだってありますが(^^;;;、翌日つらいのは花粉のアレルギーくらいで、
胃腸が悪いということはあまりありません。
むしろ、ストレスの方が関与しているかもしれません(苦笑)。
以前、十二指腸潰瘍になったのは、明らかにストレスでしたし。
最近は軽くストレスもたまってるしなー(笑)。

そんな中、新聞記事で、とあるプロゴルファーも同じ病気にかかっており、
なかなか成績が伸びずに大変だった、という話を読んだことがあります。
また、友達にも、同じような症状の方がいます。同じ薬を飲んでいます。
なかなか、そういう人って周りにいないので、非常に安心した覚えがあります。

最近はだいぶおなかは落ち着いています。
ところが、それ以外に大変なことがあったりしています。
それはまた別の日に書きますね。

----------

とりあえず、病気やケガの数を自慢するところでもないつもりです(笑)。
まぁそのへんがどのようにうまく持って行けるかはわかりませんが、
もし記事に共感していただける方がいれば、コメントやトラックバックをお待ちしております。
長い記事であれば、トラバの方がよろしいかと思います。
自分にだけ伝えたいことがある場合は、メールをいただいても構いませんので。

よろしくお願いします(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダジャレ・その6&7

別の日記でも書いたわけですが。

国道をひた走った前日。海岸線の国道。
台風目前。荒々しい波。
…そうです、車を運転中にしっかり波をかぶりました(^^;;;。
話には聞いていたが、自分がそんな体験をするとは。
なかなか恐かったですよ(^^ゞ。

さて。
国道といえばこのダジャレですよ。

【No.00006】国道で、屁ぇコクどー。

…文字にすると空しいですなorz。

オナラついでに言っちゃえ(まさに爆)。
札幌は大通をネタにしたもの。

【No.00007】大通で思いっきり屁をこいた女優さんは?
「大通、屁っプバーン!(オードリー・ヘップバーン)」

いじょm(__)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のゲセン

注:多少短縮語等がありますが、お許しを。

----------

今日は久々…約5年ぶりの定休日。
なわけで、家族の迷惑も顧みず(爆)1日中遊んできましたよ。
結局、ゲセンオンリーでしたが…。

ゲセンでも、DMVばっかりやりました。
普段はKm3なりDDRなりもやるのに。
たぶん、DMが空いていたからかな。

にしても最近、身体の調子がすこぶる悪い。
お尻の筋肉は間違いなく落ちてる。あぐらかくと痛いって何(T_T)。
でもって、一日中DMなんぞやったりしてると、
帰ってきてから腕なり肩なりがもう痛いわけですよ。
エアーサロンパス噴射したくらいにして。手首も痛いし。
腰は相変わらずだし。でもあまり湿布に頼りたくないなぁ…。強いから。

でもってふと巡回してみると、連コがツラいという話が。
確かに自分もそうかも…。
時間が迫っている時は、ちょっと席を離れたくらいにして様子見て、
誰もいないようなら即座に連コしたりもするんですが。
まぁ、続けている分には、あまり疲れは感じないのかもしれません。

それよりも。
2~3時間経つと、明らかにパワーが落ちます(T_T)。あと、夜もね。
朝方や昼時って、今までは身体が起きてない感じがしたんだけど、
今はそういう時間帯の方が明らかに元気。
高速の曲でもがんばれます。
逆に今は、夜になるとまったり系になってしまいます。
ひどいときには、ゲセンに行くのもメンドくなったり(/_;)。

困ったもんだ…。
多少は身体鍛えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吃驚

「きっきょう」って読むのね(^^ゞ。
意味は「驚くこと」…うーむ。
「びっくり♪」ってのを、ちょっと小難しく言ったものなのか?<ボキャブラリー少なぁ
# いかに読書してないかがわかる(^^;;;。

あ、この言葉を見つけて調べた…ってだけで、
特に驚いたことがあったわけではありません(紛らわしい)。

さて。
ダジャレばっかり書いててもどうかと思って筆を執っているんですが。
ん?…書いているんじゃなくて、キーボードを叩いているのだろう、とでも?
…いいんです。今やほぼプッシュホンオンリーの時代でも「ダイヤルする」って言うんですから。
リモコンがみんなボタン式でも「チャンネルはそのまま♪」って言うんだから…ってこれはいいのか(爆)。
ちなみに、1階の祖父の部屋の電話は黒電話です~。懐かしい(^^)。
ダイヤルで携帯にかけるのって、なんだか不思議な気分ですよ(笑)。

なわけで、さっきちょっとだけ寝てしまったので、眠れずにお仕事(爆)。
でもさっぱり進みません(T_T)。
じゃがじゃが」に行く前には片づけたいけどなぁ…。

以上、近況でした。(えーっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »