« ダジャレ | トップページ | ダジャレ・その2 »

あらまぁ…

駒苫、部長が部員に暴行=高野連に報告せず-高校野球(時事通信) 
http://sports.nifty.com/headline/baseball/baseball_jiji_22F307KIJ.htm

 20日に終わった全国高校野球選手権大会で、57年ぶり、6校目の連覇を果たした駒大苫小牧高校(南北海道)の野球部長が、部員に対して2度殴るなどの暴行を働いていたことが22日、分かった。同校は同日、部長を謹慎処分とした。
 暴行があったのは今年6月上旬と、同校が甲子園入りした後の8月上旬。同校はその後、事件を把握したにもかかわらず日本高校野球連盟には報告していなかった。
 日本高野連の田名部和裕参事は「きょう初めて聞いた。各校には速やかな対応を求めていただけに残念だ。今後の取り扱いについては、同校から改めて詳しく事情を聴き、報告書が提出されるのを待って対応を協議したい」としている。
 同校は23日に優勝報告会を予定しているが、部長は除外して行う意向で、高野連も了承した。 
[時事通信:2005/08/22 23:53]


上の記事が、ネットでは初出かな。
テレビでも23時過ぎのニュースではやってましたな。

駒大苫小牧の野球部長が部員殴る、高野連に報告せず(読売新聞)      
http://sports.nifty.com/headline/baseball/baseball_yomiuri_20050822i417.htm

 第87回全国高校野球選手権大会で57年ぶりに夏の大会連覇を果たした駒大苫小牧高校野球部の部長(27)が、6月と大会期間中の8月、3年生の同じ部員に殴るなどの暴力を振るっていたとして、同校は22日夜、部長を同日付で当分の間、謹慎処分にしたと発表した。
 北海道苫小牧市の同校で記者会見した篠原勝昌校長によると、部長は6月2日、この部員が朝の練習中にエラーしてもにやけていたとして、練習後に注意したが、反抗的な態度をとったため平手で数回殴った。開幕翌日の8月7日には、夏バテ防止にご飯を3杯食べるという約束があるのに、同じ部員がごまかそうとしたので、部長が注意したが、同様に反抗的な態度をとったため、スリッパで1回殴った。
 いずれの現場にも、香田誉士史(よしふみ)監督はいなかったという。
 この部員は、大会では登録外で、ベンチ入りしていなかった。同校によると、この部員の親は「40発ぐらい殴られ、あごのかみ合わせが悪くなった」と訴えているという。
 8月8日、同校に部員の保護者から電話があり、篠原校長らは事態を把握していたが、大会後に処分するとして、日本高等学校野球連盟(高野連)に報告していなかった。篠原校長は、報告が遅れたことについて「子どもの将来(への配慮)や、粛々と大会が進行していることなどから、関係者に多大な迷惑をかけたくないという思いがあった」と説明した。また、「本人は『教育的な指導を超えていた』と反省している」と話した。
 さらに、報道陣から、優勝旗返上などの可能性について問われると、篠原校長は「どのような裁可も甘んじて受ける」と答えた。
 部長は今年春の選抜まで副部長として4回の甲子園を経験。定年退職した前任者を引き継ぎ、部長に昇格した。今大会は香田監督の信任厚い右腕として補佐していた。
 大会主催の朝日新聞社によると、道庁で23日に予定されていた同校の優勝報告会は中止になった。同社は「道と協議した結果」と説明している。同日の苫小牧市での優勝報告会についても、同校は「中止する」としている。
 今大会では、高知代表に決まっていた明徳義塾高校が、野球部員の喫煙と暴力行為が明らかになったため、開幕2日前に出場を辞退した。同校でも、監督らが事実を確認していながら高野連などへの報告を怠っていたため、高野連は報告の徹底を各都道府県の高野連などを通じて改めて指導したばかりだった。
 高野連の田名部和裕参事の話「今日、初めて聞いた。各校には速やかな対応を求めてきただけに残念だ。今後の取り扱いについては、同校から改めて詳しく事情を聞き、報告書が提出されるのを待って対応を協議したい」
 朝日新聞社広報部の話「駒大苫小牧高の発表を聞いて事件の概要を知りました。現在、学校側から報告は受けていませんが、日本高野連に報告があれば、同連盟と今後の対応を早急に協議します」
[読売新聞社:2005/08/23 02:43]


何しろ、今回は高知県代表の明徳義塾高校が出場辞退になったので、余計に注目されてしまいますね。
細かく見れば、部員「が」暴力をふるったか、部員「に」暴力をふるったか、とはなるけども、部内で起こった暴力事件という意味では一緒なんでしょう。
まぁその基準は結局高野連の方々の判断にゆだねられているのでしょうが。

優勝旗剥奪の可能性もあるが、その場合でも学校側は「甘んじて受ける」とのこと。処分は9月に出るそうだ。
こんな形で水を差されるのは、寂しい限りですが(T_T)、事実だとすればやはり学校側が勇気を出してすぐに報告をするべきだったんでしょうね。

|

« ダジャレ | トップページ | ダジャレ・その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
あのこれってぼうこうをはたらいたってありますが
ちょっと親が過敏すぎるんじゃないかな
こんなことで暴力って言えるのかな
ちょっと甘すぎると思う
こんなことでは今の社会は
オカシクナルンジャナイカナ
何もそんな平手打ちぐらい当たり前ではないですか
そんなことで本稿の栄誉並び
北海道の名誉にもかかわると思います
でも今は時代が変わったんですね
でも早く立ち直ってくださいね
それではまた

投稿: ロイヤルブレンド | 2005.08.23 18:04

まぁねぇ…まだ「真実」が何か、という点でははっきりしていないし、もしかしたら今後もずっとはっきりしないかもしれないですね。
その場の状況はかなり詳細ですが、殴るに至るまで生徒の言動あるいは生徒と先生の間のやりとりにどのようなものがあったのかまでは、ちょっとわかっていないようです。

本当に30~40発叩いたのならやり過ぎかもしれないけど、果たして「あごのかみ合わせが悪くなった」とはどの程度のことを言っているのか。骨や歯が折れたのかズレたのか、整体術の範囲での話なのか、あるいは元々その子にそういうクセがなかったのか…まぁそのへんはあまり問題ではないんでしょうけど。
また、反抗的な態度がどの程度のものだったのか。その生徒の親はそれをどれくらい考慮した上で言っているのか。
そして、大会後に発表すればいいと言ったのは、一体どちらの方なのか。これで親の側が言ったのであれば、本当にその生徒の家族は何を考えているのかがわからなくなりますね。
ロイブレさんの「過敏になり過ぎ」という意見にも十分うなずけます。言ってもわからないコに必要最小限手を上げるのはしょうがないと思います。

はっきりしてほしいのが本音だけど、最終的にははっきりしないんでしょうかねぇ…。
まぁ真実がわかったところで、処分が変わるとも思えませんが。

投稿: あきおS@管理人 | 2005.08.23 18:58

しかし、なんなんでしょう?
当該部員の親が、インタビュー受けて熱く語っていますけど。
最初はNHKのローカルにだけ出ていたんですが、
今日は報道ステーションに出てますよ。

ウチの家族の間では「この親のせいだべ」って意見が大半です。

投稿: あきおS@管理人 | 2005.08.24 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/5600856

この記事へのトラックバック一覧です: あらまぁ…:

« ダジャレ | トップページ | ダジャレ・その2 »