« プラス思考? | トップページ | バンドみたいで »

あまり使いたくない言葉(1)

「忙しい」という文字はよく「心を亡くすと書く」って、
よく言われますよね。
なんか最近は、「忙しい」って言葉は、使いたくないんです。

お仕事上、社交辞令的に、
「忙しい」って言うのは、気にしてないのです。
自営業の手伝いなので、商店街の人たちと、
「今日は忙しいかい?」「ぼちぼちですね~」
なんて会話は、
「今日は天気がいいねぇ」「そうですね」
ってのと、同じレベルの会話だと思っています。

----------

ふつう、そうした社交辞令というのは、
案外「実際とは逆の姿」を示すことが、多いような気がしています。
例えば、どう見ても忙しい時に、
「ごめんねー、忙しい時に」って言われても、
「なんもなんも(←北海道弁)、たまたまだから、気にすることないって」
ってな感じになる。
ヒマな時には、
「ずいぶん忙しそうだね(笑)」って感じで入ってきた人に、
「ほんと、仕事がはかどってはかどって(笑)」ってな感じで返す。
これがまぁ、普通だと思うんですよ。

でも、それに対して、
「本気で」答えようとしている人が、まぁいるんです、近所に。
自分から言わせれば、そう見えます。
まぁその人が、普通を望んでいないと言われれば、それまでですけどね。
その人が、「すみません、忙しい時に…」って来ると、
本当に忙しかったりするんですが(笑)。

ん?…と、ここまで書いて、ちょっと思いました。

実は、それぞれの事実に対して、自分が書き方を逆にしているだけで、
実際の内容は同じなんですよね。
つまりは、前者の人と、後者の人は、
いずれも、自分たちが忙しい時に顔を出している。
でも、
前者の人に対しては、
「たまたま忙しくてゴメン、もうちょっと待っててね」という気持ちになり、
後者の人に対しては、
「なんでこんな時に来るんだ?」なんて感情を抱いてしまう。

何か、そういう思いを抱かせる事件とかが、あったわけではないんです。
でも、何か、気持ちって伝わる気がするんです。

異端児って、基本的に好きです。
異端なことをしても、かっこよく思えるんですよね。
でも、後者の人がやると、イマイチかっこよく見えない。
なんかすごく「見せつけられてる」気がするんですよね。
まるで、道を踏み外す勇気のない自分たちを、軽蔑するかのように。
自分が思う異端児って、我々のことはほっといてくれるんですよね。
そこに、異端のかっこよさがにじみ出てくると思うんですけど。

|

« プラス思考? | トップページ | バンドみたいで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/2248110

この記事へのトラックバック一覧です: あまり使いたくない言葉(1):

« プラス思考? | トップページ | バンドみたいで »