« 素朴な疑問 | トップページ | 九月場所、魁皇優勝! »

校則について

北朝鮮のマスゲーム」にまつわるコメントの中で話が出たので、ちょっとだけですが調べてみました。

今や、制服については、中学校でも議論されているのですね。

▼「北九州市立湯川中学校」の場合:

・服装の自由化
平成7年度より試行を重ね、平成9年度より生徒が学校へ着てくる服装を自由化している。
<目的>
服装を自分で考え選ぶことによって、生徒一人ひとりが個性を発揮し、自ら判断して行動する力や、他との違いを認める心を養う。また、選択には責任が伴うことや、TPOの大切さを学ぶ場とする。

自分たちの頃は、「制服は当たり前」という風潮だった気がします。とはいえ、稀に、どうしてもイヤだからということで、ずっとジャージを着ていたり、私服で登校したり、という人は、かつていましたし、今でもいますよね。
まぁ、何も考えなしに制服を着ていたのかと言われればそれまでですが、それよりも昔は「それが当然の時代だった」としか言えないですね。

以下、いくつか、服装自由化について書かれたページを探ってみたのですが、最近の考え方には「制服を廃止し服装を自由化する」だけじゃなくて「制服を標準服として制服か私服かを自由に選べるようにする」というのもあるようですね。

▼「投稿!公立中学校元3年生が問う?!」:

僕が考えている『服装の自由化』というものは、一人一人が好き勝手な服装を着てくることではない。自分の服装は自分で決める代わりに責任を持たなければいけないということが重要だ。そして、他の友達の服装も考えも尊重していこうではないか、そういうものが僕の考えている『服装の自由化』である。

自分が行っていた高校が服装を自由化したのは、昭和47(1972)年のことだそうです。で、ひとつたどり着いた高校が服装を自由化したのがこの1年前。
この年代の付近では、そういう波があったのかもしれませんね。

▼「大阪府立布施高校」:

1971年:
現体育館竣工。卒業式が現行の形式(総括継承集会を含み職員代表の挨拶が加わるなど)となる。服装の自由化を決定し、実施にふみきる。

いずれにしても、例えば入学時あるいはその前に、服装を自由にしていることについての意義・目的は明確に示してほしいなと思います。学校が持つ理念などと共に。
その辺の話は、つい目をそらしがちですけどね(^^ゞ。でも、入学前の説明会や、入学直後のHRなどでは、口を酸っぱくして言うべきことである気はします。その学校の一員となるからには、それを強く意識した上で、ここをこうしたいという意見を言っていくべきであるとは思います。

自分は、学校の理念みたいなものについて、はっきりと聞いたかどうかあまり覚えていないんですけど(爆)、ただなんとなく染みついているということは、集会なりHRなりでは、ある程度言われていたんでしょうね。私服である意味についても。

今の学校で、そうした学校の理念や、校則の意義や目的等について、先生たちの口からしっかりと説明されていることを、祈っています。
教育とか人権とかの話になってくると、また抜け出せなくなりそうなので、このへんでm(._.)m。

|

« 素朴な疑問 | トップページ | 九月場所、魁皇優勝! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中学から高校にかけての約1年半ほどお付き合いのあった(!)彼女が通っていた某女子高は,戦後すぐから制服が無く生徒さんみんな私服で通ってましたよ.戦後の耐乏生活の頃,制服を仕立てるお金も無い家庭のために,という理由だったみたい.
何度かOGから「制服導入」の働きかけがあったらしいのですが,その都度反対があって見送られてきたようです.そんなわけで,私服で学生カバン持っている女の子はすぐに「あの高校だ」とわかってしまう(^^;).

そんな思い出より何より,今住んでいる街で一番デキがいいと目されている高校は,男女共学化に併せて私服での登校可になってましたっけ<<忘れていましたよ(>_<).

投稿: G.C.W. | 2004.09.26 00:47

なるほど、逆のパターンもあったのですね。
しっかりと歴史を調べてはいないのですが、北海道は本州に比べたら普通に制服があったのかもしれませんね。
微妙な違いはもう少しあって、本州でよく見られる公立の「○○第一高校」という名称が、北海道の高校にはなかったようです。よく「第一:共学、第二:男子校、第三:女子校」という構図があったと、茨城にいる頃に聞いた気がしたんですけど、そのへんの歴史も時間があれば調べてみたいなと思っています。

なお、北海道では既に冬服が登場し始めています。移行期間に入ったようですね。もう冬かぁ…(>_

投稿: あきおS | 2004.09.27 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44814/1513772

この記事へのトラックバック一覧です: 校則について:

« 素朴な疑問 | トップページ | 九月場所、魁皇優勝! »