トップページ | 2004年10月 »

携帯から

テストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九月場所、魁皇優勝!

時事通信の記事:
魁皇13勝、来場所は綱とり=千代大海は勝ち越し-大相撲秋場所千秋楽

朝青龍が不調と言うことで、俄然興味が湧いた大相撲。
# 朝青龍ファンの皆さん、ごめんなさい(^^;;;。

千秋楽は、中入り後から久々にじっくり観戦しました。
# 職場で(爆)。

魁皇の今場所の相撲は、たくましかったですねぇ(*^_^*)。
もっとも、最初の数日間は、首をかしげるシーンも多く見られましたが。
でも、14日目の豪快な上手投げ、千秋楽の力強い寄り切り、
これは本当に強い力士だなと感じました。

「体調さえ良ければ最強の力士」とよく言われる魁皇。
しかし、優勝の翌場所は不調であることがほとんどで、今までも、いわゆる「綱獲り」の場所でのチャンスをことごとくつぶしてきました。
「無事これ名馬」という言葉もあるように、ケガや病気がないことも名馬・名力士の条件と言えます。とはいえ、そのへんは運も味方に付ける必要があるかもしれません。
しかし、そうならないような努力ならできるでしょう。プロともなると体調管理も考えなければなりません。今まで、魁皇がどれくらい体調について気づかっていたのかは、資料がないのでわからないのですが、今場所は親方もかなり体調管理には気をつけたと聞きます。次の場所に向けてもぜひ万全の体調が維持できるように努力してほしいなと思います。
今日の国技館の大歓声は、久々の日本人横綱を渇望する声に他なりません。いや、どちらかというと、魁皇という力士にぜひ横綱になってほしい、という純粋な気持ちではないかと思います。
読売新聞によれば、北の湖理事長は「勝負をかけろ」と言っていたようですが、テレビ中継で解説の舞の海氏は「人生をかけろ」と言っていましたよ。

魁皇関、来場所に期待しています!o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校則について

北朝鮮のマスゲーム」にまつわるコメントの中で話が出たので、ちょっとだけですが調べてみました。

今や、制服については、中学校でも議論されているのですね。

▼「北九州市立湯川中学校」の場合:

・服装の自由化
平成7年度より試行を重ね、平成9年度より生徒が学校へ着てくる服装を自由化している。
<目的>
服装を自分で考え選ぶことによって、生徒一人ひとりが個性を発揮し、自ら判断して行動する力や、他との違いを認める心を養う。また、選択には責任が伴うことや、TPOの大切さを学ぶ場とする。

自分たちの頃は、「制服は当たり前」という風潮だった気がします。とはいえ、稀に、どうしてもイヤだからということで、ずっとジャージを着ていたり、私服で登校したり、という人は、かつていましたし、今でもいますよね。
まぁ、何も考えなしに制服を着ていたのかと言われればそれまでですが、それよりも昔は「それが当然の時代だった」としか言えないですね。

以下、いくつか、服装自由化について書かれたページを探ってみたのですが、最近の考え方には「制服を廃止し服装を自由化する」だけじゃなくて「制服を標準服として制服か私服かを自由に選べるようにする」というのもあるようですね。

▼「投稿!公立中学校元3年生が問う?!」:

僕が考えている『服装の自由化』というものは、一人一人が好き勝手な服装を着てくることではない。自分の服装は自分で決める代わりに責任を持たなければいけないということが重要だ。そして、他の友達の服装も考えも尊重していこうではないか、そういうものが僕の考えている『服装の自由化』である。

自分が行っていた高校が服装を自由化したのは、昭和47(1972)年のことだそうです。で、ひとつたどり着いた高校が服装を自由化したのがこの1年前。
この年代の付近では、そういう波があったのかもしれませんね。

▼「大阪府立布施高校」:

1971年:
現体育館竣工。卒業式が現行の形式(総括継承集会を含み職員代表の挨拶が加わるなど)となる。服装の自由化を決定し、実施にふみきる。

いずれにしても、例えば入学時あるいはその前に、服装を自由にしていることについての意義・目的は明確に示してほしいなと思います。学校が持つ理念などと共に。
その辺の話は、つい目をそらしがちですけどね(^^ゞ。でも、入学前の説明会や、入学直後のHRなどでは、口を酸っぱくして言うべきことである気はします。その学校の一員となるからには、それを強く意識した上で、ここをこうしたいという意見を言っていくべきであるとは思います。

自分は、学校の理念みたいなものについて、はっきりと聞いたかどうかあまり覚えていないんですけど(爆)、ただなんとなく染みついているということは、集会なりHRなりでは、ある程度言われていたんでしょうね。私服である意味についても。

今の学校で、そうした学校の理念や、校則の意義や目的等について、先生たちの口からしっかりと説明されていることを、祈っています。
教育とか人権とかの話になってくると、また抜け出せなくなりそうなので、このへんでm(._.)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素朴な疑問

プロ野球の、合併問題の部分については、一応落ち着いたわけですが。
そうかと思えば、「楽天」が「ライブドア」と同じ仙台市を本拠地として加盟申請したと。

で、素朴な疑問。

・普通に見たら、「なんでせっかく合併方面の話がうまくまとまったのに、また波風立ててんねん」って、大半の人が思う気がするんですけど。
・仮に「ライブドア」「楽天」両方が加盟することになったら、パ7球団になるじゃん。そのへんどう考えてるのか?

ビジネス的な視点からみれば、もうちょっと大人な考え方もできるんでしょうけど、まだまだ子供な(^^;私には、「楽天は何しでかしてんねん」って思いますね。

注:わたしは関西人ではありません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「北朝鮮のマスゲーム」

BSでやっておりました。とはいえ、ちょっとしか見てませんが。記録映画か?
その昔、「マスコミ」の「マス」の意味を辞書で調べたら、「大衆の」という意味があった。その他に「集まり、集団」の意味もあり、その例として「マスゲーム」があった。そしてその意味は「集団体操」。
20年以上前の百科事典にも、マスゲームの写真が載っていたように思います。その写真が日本のものなのかそうでないのかはわかりません。ただ、国体か何かで日本でもマスゲームが行われていた気もするんですが、どうでしょう?
今や、それを行う機会もないですよね。
たぶん「統率」の象徴みたいな意味合いがあるのではないかと想像します。そうすると、日本でも戦後の復興か何かに使われたという可能性は十分にありますね。

でもって、北朝鮮のマスゲームについてですが、これを見に行った方のレポートがあります。
それによると、マスゲーム自体は毎年行われているのだが、アリランという盛大なマスゲームは10年に1度だそうで、最近では2002年に行われたそう。そしてそれは、かなり統率の取れたものであったらしい。

何を感じたのかというと。
その前に総合テレビで見ていたのが、シンクロの番組でして(^^;。なんかそのシンクロの「チーム」で8人がやっているのが小さく見えるほど、あるいは「ウォーターボーイズ」すら小さく見えるほど、とんでもなく盛大なのが「北朝鮮のマスゲーム」だな、ということです。

まぁ、見た目にすごいな、と思っただけですので(^^ゞ。
いろいろ心配なのでこのへんにしておきますm(._.)m。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プロ野球選手会、ストライキ決行!

最初のニュース:
http://sports.nifty.com/headline/baseball/baseball_jiji_17F408KIJ.htm

参考にしたコラム:
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/04season/column/200409/at00002463.html

1週間遅れてのストライキ突入で、個人的にはちょっとだけ拍子抜けなのだけれども、ようやく千趣会…もとい(^^;選手会側も「これはどうしようもないな」ということがわかったみたい。

今日の会見を見る限り。
球団側のコメントについては、あまりに歯切れが悪くて頭に入らなかったので省略m(._.)m。
選手会側は、新規参入あるいは合併凍結、どちらでもいいから「12球団にこだわる」というコメントでしたね。

もちろん、最初に引用したコラムにあるように、根本的な改革が必要だとは思うんだけど、とりあえずは「12球団にこだわる」という形で、簡単な表現にすると「球団側に折れてほしい」という要求だったように思います。
そして、それには応じられない…今後選手側の要求を一つでも呑んだら、今後選手側の好き勝手にされてしまう…という思いが、球団側にあるのではないかと思います。
球団側の経営にやましいところがなければ、そんな小さなことで片意地を張らないと思うんですけどね。

まぁ突入したからには、徹底的に抗戦してほしいと思います。
ただ、そうなったら、ほんとに「競技全体のこと」を考えるくらいの気持ちでやらなければいけないでしょう。かなり壮大なことではありますが、日本にだって「Jリーグ」という先行事例がありますから、まったく手探り状態のことではないと思われます。
選手会側のサポートには、弁護士だけでは足りないと思うな。野球のことが好きで、ちゃんと野球のことを考えてくれる経営者、提案者、企業家が、一緒になって考えてほしいなと思います。

…最後に下世話な話になりますが、会長が古田の時でよかったなと。これがもし会長が中畑だったらと思うと。<ぉぃ
あ、中畑のことが嫌いなわけではありませんので、念のため(^^;;;。「好きであること」と「能力がないのかもしれないと思うこと」とは、別物です(爆)。

----------

今回のトラックバック:

診療日誌」:
球団経営権を没収」…いいですね、それくらいやってくれる人が出てほしいですよね。

愚智提衡而立治之至也」:私の大学の先輩のブログですm(._.)m。
記事「ストライキ決行!」においては、五大紙の記事へのリンクがあります。
そして、記事「読売新聞にストライキを報道する資格は無い」にこうあります。

「こと野球に限っても,最初の王道は大学野球であり,次に中等学校(高校)野球であり都市対抗野球であり,野球の頂点にプロ野球が立つのは「長嶋茂雄」がジャイアンツに入団した(ホークスをあっさりソデにして)昭和33年以降のことでしかない」
…このような歴史は、野球を語る上で頭に入れておくべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はにゃ

とある新聞記事というかニュースについて、
ブログに書こうと思ったんだけど、
参考にしようと10個ほどの記事を読み、疲れ切る(ダメじゃん)。

社会的な記事を書くというのは、パワーのいることですなぁ。
そのまんま、自分の素直な気持ちを書けばいいんでしょうけど。

ってことで、ひとまず記してみました。
慣れてくれば、そのへんも早くこなせるようになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅間守死刑囚に死刑執行

最初の記事:
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__jiji_14X004KIJ.htm

先日、友達に、
「宅間守に死刑執行されたんだって」
と、とある会合の席で、つぶやかれました。

そのとき、瞬間に思ったのは、
「案外早かったな…というか、ちょっと早過ぎじゃないのかな?」
…ということでした。

----------

あらためて、自分の気持ちは。

当初は、実現されるかどうかは別として、
「死刑にしてくれというのなら、その通りにしてあげればいいじゃん」
とも思いました。

でも、やはり、
獄中結婚していた支援者の女性に、もしかしたら心を開いたかもしれない、
という記事を読んだ時に、かなり心が揺らぎました。(ここ参照

様々な悪行の数々を行ってきた彼です。(ここ参照
もし、こんな人が身近にいたら、
いなくなってほしいって思うのは、ごく普通の感情でしょう。

とはいえ、ここにもある通り、
その人が、同じ(あるいは違ってもよいが)犯罪を犯すかどうか、
についての「明確な答え」は、出るわけがない。

もしその、再犯しなくなる「可能性」がわずかにでもあるのであれば、
もう少し生かせてあげたかったように思います。
たとえ、たった1人であっても、理解してくれそうな人がいるのであれば。
そういう意味では、ここの意見と似てるかな。

いろいろ、法律やら、様々な団体やらに関して考え始めると、
かなり収拾がつかないのですが、
今の自分の気持ちは、こんな感じです。

----------

父親の話もありましたね。
これはまた、別の機会にと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Akio-S sPARK の意味

そういえば忘れてた(^^;;;。

ココログ…いわゆる NIFTY でのブログ(blog)の名前になりますが。
"Akio-S sPARK" にしました。
決めたのはだいぶ前で、7月後半だったと思いますが。

はじめて作ったホームページ(homepage = HP)は、
"Akio-S PARK" という名前でした。
公園みたいにいろんなコンテンツ(contents)で、
よかったらみんなで遊びましょ、という意味もありまして。
最近はあまり遊べていないのですが…(^^ゞ。

でもって、今回は "sPARK"。
辞書では、こんな感じ。
━━ n. 火花; 【電気】スパーク; 火の粉; (a ~) ほんのわずか ((of)); ひらめき ((of)); 閃光(せんこう); 活気; 〔俗〕 (pl.) ((単数扱い)) 無電技師.
・as the sparks fly upward 必然的に.
━━ v. 火花を出す; 【電気】スパークする; きらめく; 活気[刺激]を与える, …の導火線となる ((off)).

まぁ、ちょっとだけハジけてみようかという意味もありますな。
辞書には書いてませんが(笑)。

あとは、"Akio-S PARK" と、名称的に関連性を持たせたかったのと、
「公園的・遊び的要素は小さくなるかも」という意味で、
「s サイズの PARK」という意味も、なくはないです(弱)。

というわけで、以後よろしくお願いしますm(._.)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BGMマニアその1

どうも、お初の書き込みしてみます。
ようやく、ブログに手を出し始めました(^^)。

FMいるかの『やんぷり』の中のコーナー、
「おじいちゃんおばあちゃんへ」のBGMが、
リコーダーか何かの演奏で、「アジアの純真」なんですよね。
案外気付きにくいかと思いますが。
でも、そのBGMが、妙にほのぼのしてて好きです。

やんぷり』は、基本的にどのコーナーも好きですね~。
ファインフライデー』は、FMいるかの屋台骨ゆえ、あのカタさはしょうがないとはいえ、やはり単純に『やんぷり』は楽しいなと思います。

いや、伍楼さん、今の状態が悪いわけではないんだよ。
いろいろ試行錯誤あるかと思いますが、自分を見失わない様に気をつけて、
今まで通り続けていってくださいm(._.)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年10月 »